Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能 を紹介しています

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能 を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 には、システムドライブ + α を “ イメージバックアップ ” する機能が付いています※1
※1 Windows 7 Home Premium には、この機能が付いていません。
ご指摘いただきました。Windows 7 Home Premium にもこの機能はあります。
(ただし、出力先にネットワークドライブを指定できない)

この機能は、

  • ある時点でのシステムドライブの内容を、“ そっくりそのまま ” バックアップし、以降好きな時に “ その時の状態 ” を完璧に復元できるようにする
... というものです。
( Windows が起動しないという最悪の状態でも、バックアップした時の状態に戻すことができます)
  • ウイルス感染してしまった時
  • なんらかのエラーにより、Windows が起動しなくなってしまった時
  • その他の理由で、OS を以前の状態に戻したい時
... 等々のために、転ばぬ先の杖として非常に効果的です。

Windows 7 以前からある「システムの復元」とは違い、 “ 全てのファイルをバックアップしてくれる ” ところがこの機能の最大のポイント。
バックアップを自動で行うスケジュール機能も付いているので※2、面倒くさがりな人や忘れっぽい人でも安心です。
※2 Windows 8.1 のみ、スケジュール機能が付いていない。
バックアップ設定をタスクスケジューラに登録すれば、同じことができるようだが...

尚、イメージを復元する際には、通常 Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のインストールディスクが必要になります※3
(インストールUSB でもOK )
※3   Windows 8.1 用のインストールディスクを作成する
しかし、

  • システム修復ディスク(ブートCD / DVD)
  • 回復ドライブ(ブートUSB )
というブートディスクを作成することで、インストールディスクなしでも完全なレストアを行えるようになっています※4
※4 Windows 7 には「回復ドライブ」作成機能がなく、Windows 8.1 には「システム修復ディスク」作成機能がない。
(Windows 8 / 10 には、どちらの作成機能もある)

このページでは、その辺のことも交えて紹介していこうと思います。

ちなみに、2015/07/23 時点では、Windows 10 上で復元を行う際に、最新のバックアップイメージからしか復元を行えない?ような感じでした。
(バックアップを複数回行っている場合、通常は復元するバックアップイメージを選択できたりする)
ウインドウ内のテキストが、きちんと表示ない...
ウインドウ内のテキストが画面内に収まっておらず、また画面をスクロールすることもできないため、現時点では選択肢が他にあるのかどうかは不明です。
(「Tab」キーを使ってみたところ、他のOS では選択できる「システムイメージを選択する」オプションはない?ようでしたが...)

ただし、この操作ウインドウは更新プログラムを通じて改善されてきているので、近いうちに修正されるとは思います。
(他のウインドウもテキストの表示がおかしかったが、アップデートごとに直ってきている)


操作手順は以下の通りです。

    イメージバックアップ
  1. まず、スタートボタンをクリックし、「コントロール パネル」を選択します。
    Windows 10 を使用している場合は、スタートボタンをクリック → 「設定」を選択して下さい。

  2. 「システムとセキュリティ」メニュー内にある「バックアップの作成」を選択。
    「バックアップの作成」を選択

    Windows 8 を使用している場合は、右上の検索ボックスに「回復」と入力し、「Windows 7 のファイルの回復」を選択して下さい。
    「Windows 7 のファイルの回復」を選択

    Windows 8.1 を使用している場合は、「システムとセキュリティ」メニュー内にある「ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存」を選択します。
    「ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存」を選択

    Windows 10 を使用している場合は、右上の検索ボックスに「バックアップ」と入力し、「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。
    「バックアップと復元(Windows 7)」を選択

  3. 「バックアップと復元」という画面が表示されます。
    この画面の左メニュー内にある「システム イメージの作成」をクリックします。
    「システム イメージの作成」をクリック

    Windows 8.1 を使用している場合は、「ファイル履歴」という画面が表示されるので、左下にある「システム イメージ バックアップ」というリンクをクリックします。
    「システム イメージ バックアップ」をクリック

  4. 「システム イメージの作成」という画面が表示されます。
    最初に「バックアップ デバイスを検索中です...」というダイアログが表示されるので、しばらく待ちます。
    バックアップ デバイスを検索中です...

  5. デバイスの検索が終わると、イメージのバックアップ先を選択できるようになります。
    バックアップされたイメージは、
    • ハードディスク
    • 光学ディスク
    • ネットワークドライブ
    のいずれかに出力することができます。
    バックアップ先を選択
    ここで指定したドライブの直下に「WindowsImageBackup」という名前のフォルダが生成され、その中にシステムイメージが出力されます。
    出力先を決めたら、右下の「次へ」ボタンをクリック。

  6. 続いて、「どのドライブをバックアップに含めますか?」という画面が表示されます。
    ここで、バックアップするドライブにチェックを入れておきます※5
    (システムドライブは、自動でバックアップ対象になります)
    ※5 複数のドライブを指定すると、バックアップイメージはその数だけ作成される。
    しかし、復元の際には、 “ いずれか一つのドライブだけを復元する ” ということはできない?模様。
    たとえば、C ドライブと E ドライブをバックアップした場合、復元の際には C ドライブも E ドライブもバックアップイメージによって上書きされる。
    (ただし、 “ システムドライブのみ ” を復元させることはできる)

    バックアップするドライブにチェック

  7. 最後に、バックアップ内容の確認画面が表示されます。
    問題なければ、右下にある「バックアップの開始」ボタンをクリックします。
    バックアップ内容の確認

  8. バックアップが開始されます。
    私の環境(E8400 / 2GB × 2)では、22.12GB 使用している C ドライブをバックアップするのに、約 4 分かかりました。
    バックアップ中...

  9. バックアップイメージが作成されると、「システム修復ディスクを作成しますか?」というダイアログが表示されます。
    (Windows 8.1 では表示されません)

    イメージの復元を行う際に、Windows 7 / 8 / 10 のインストールディスクや「回復ドライブ」を使う場合は「いいえ」を、「システム修復ディスク」を使う場合は「はい」を選択します。
    (Windows 7 には、「回復ドライブ」を作成する機能がないので注意)
    システム修復ディスクを作成しますか?

  10. バックアップが完了しました。
    バックアップは正常に完了しました


次のページでは、「システム修復ディスク」や「回復ドライブ」の作成方法を解説します。
システム修復ディスク / 回復ドライブ の作成



スポンサード リンク


このページのTOPへ
 おすすめフリーソフト
 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 MyPaint

ユニークなブラシを多数揃えたお絵かきソフト

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

スポンサードリンク
Windows 7 のイメージバックアップ機能 を紹介しています