Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能 を紹介しています

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能 を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

バックアップスケジュールを組む

続きです。
Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能
システム修復ディスク / 回復ドライブ の作成
バックアップしたイメージを復元

イメージバックアップは、スケジュールを組んで自動化させておくと楽です。
(Windows 8.1 のみ、このスケジュール機能がありません)
このページでは、そのスケジュールバックアップの方法を紹介します。


  1. まず、スタートボタンをクリックし、「コントロール パネル」を選択します。
    Windows 10 を使用している場合は、スタートボタンをクリック → 「設定」を選択して下さい。

  2. 「システムとセキュリティ」メニュー内にある「バックアップの作成」を選択。
    「バックアップの作成」を選択

    Windows 8 を使用している場合は、右上の検索ボックスに「回復」と入力し、「Windows 7 のファイルの回復」を選択して下さい。
    「Windows 7 のファイルの回復」を選択

    Windows 10 を使用している場合は、右上の検索ボックスに「バックアップ」と入力し、「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。
    「バックアップと復元(Windows 7)」を選択

  3. 画面右側にある「バックアップの設定」というリンクをクリック※1
    ※1 「バックアップの設定」をクリックして何も起きなかったら、これ をダウンロードし、右クリック → 「管理者として実行」を選択して下さい。
    「バックアップの設定」をクリック

  4. 「バックアップを保存する場所の選択」という画面が表示されます。
    ここで、バックアップされたイメージの保存先を指定します。
    バックアップされたイメージの保存先を指定

  5. 続いて、「バックアップの対象」という画面が表示されます。
    ここで、バックアップ対象とするアイテムを選択します。
    バックアップの対象を選択
    「自動選択」というメニューもありますが、このページでは「自分で選択する」方法を紹介します。
    (「自分で選択する」にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリック)

  6. 次の画面で、実際にバックアップするフォルダ / ドライブ にチェックを入れておきます。
    このページでは、システムドライブのみをバックアップする方法を紹介しようと思いますので、「次のドライブのシステム イメージを含める(S): (C:)」のみにチェックを入れています。
    バックアップするフォルダ / ドライブ にチェック

  7. バックアップ内容の確認画面が表示されます。
    この画面の中段にある「スケジュールの変更」というリンクをクリック。
    「スケジュールの変更」というリンクをクリック

  8. 「バックアップの頻度」という画面が表示されます。
    ここで、バックアップを行う
    • 頻度 - 毎日 / 毎週 / 毎月
    • 日 - 曜日 or 日付
    • 時刻
    をそれぞれ設定しておきます。
    バックアップ頻度の設定
    後に補足で述べる「タスク スケジューラ」の設定により、バックアップ頻度を詳細に設定することもできたりします。

  9. 最後に、バックアップの内容を確認し、右下の「設定を保存してバックアップを実行」ボタンをクリックします。
    問題なければ、右下の「設定を保存してバックアップを実行」ボタンをクリック

  10. これでスケジュール登録完了です。
    スケジュール内容によっては、即座にバックアップが開始されます。

  11. もし、スケジュール内容を変更したくなったら、「バックアップと復元」画面の中ほどにある「設定の変更」というリンクをクリックします※2
    (スケジュールバックアップを停止したくなったら、左上の「スケジュールを無効にする」をクリック)

    「バックアップの設定」をクリック

    ※2 「設定の変更」をクリックして何も起きなかったら、やはり これ をダウンロードし、右クリック → 「管理者として実行」を選択する。
    以下の手順で、「タスク スケジューラ」を使ってもよい。
    1. “「Win」+「R」” を押して「ファイル名を実行」を呼び出し、
        taskschd.msc
      と入力します。
    2. 「タスク スケジューラ」が起動します。
      左メニューの「タスク スケジューラ ライブラリ」を展開し、「Microsoft」→「Windows」→「Windows Backup」を開きます。
    3. 中央のリストに、「Windows Backup」のタスクが表示されます。
      一番上の「Automatic Backup」を右クリックし、「プロパティ」を選択。
      (スケジュールを無効化したい場合は、「無効」or「削除」を選択)
    4. 「Automatic Backup」のプロパティが表示されます。
      「トリガー」タブを開き、画面下部の「編集」ボタンをクリック。
    5. 「トリガーの編集」という画面が表示されるので、バックアップを行うタイミングを設定します。
      こちらでは、頻度を「毎週」「毎月」にした場合、複数の曜日 / 日付 を選択できるようになっています。
  12. ちなみに、「バックアップと復元」画面の中ほどにある「領域の管理」というリンクをクリック※3 することで、バックアップされてきたデータの管理を行うこともできたりします。
    ※3 「領域の管理」をクリックして何も起きなかったら、これ をダウンロードし、右クリック → 「管理者として実行」を選択する。

    「領域の管理」をクリック

    「領域の管理」をクリックすると、↓ の画面が表示される
    Windows バックアップ ディスク領域の管理

    上記「Windows バックアップ ディスク領域の管理」画面の中段にある「バックアップの表示」ボタンをクリックすると、古いバックアップデータ (一般ファイル) の削除を行うことができ、右下にある「設定の変更」ボタンをクリックすると、最新でないシステムイメージの削除を行うことができます。
    古いバックアップデータの削除を行うことができる

    最新のシステムイメージのみを保持するように設定することができる
    最新でないシステムイメージの削除を行うことができる

  13. バックアップ設定を行っておくと、以後「今すぐバックアップ」ボタンをクリックするだけで、即バックアップを行えるようになります※4
    ※4 「今すぐバックアップ」を押しても反応がない場合は、これ をダウンロードし、右クリック → 「管理者として実行」を選択する。
    「領域の管理」をクリック

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能



スポンサード リンク


このページのTOPへ
 おすすめフリーソフト
 VirtualMIDISynth

MIDI ツール上で、サウンドフォントを音源として使えるようにする

 Screen To Gif

デスクトップ上の動作風景を、GIF アニメ / MP4 / AVI / WMV / WebM として録画

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

 WOW64Menu

64 bit 版のエクスプローラ上で、32 bit 用の右クリックメニューを使えるようにする

スポンサードリンク
Windows 7 のスケジュールバックアップ を紹介しています