クッキー(Cookie)とは?

クッキー(Cookie) について説明しています。

無料ソフト・フリーソフトの紹介サイトです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

クッキー(Cookie)とは

ウェブサイトの利用履歴を保存しておくプログラムのことです。
「ユーザーがウェブサイトで入力した内容」や、「ユーザーの訪問回数」などの情報を自動的に保存します。

クッキーは、ウェブサイトを利用した時にサイトのサーバーからユーザのパソコンに送られます。
次回そのサイトを訪問した時に、前回受け取ったクッキーをユーザのパソコンからサイトのサーバーに送信する仕組みになっています。


クッキー(Cookie)発行の主な目的は、「同じ情報を再度入力する時間を節約するため」です。

例えば、掲示板などに「名前」「メールアドレス」「題名」などを入力した時、次回からはそれらの入力の手間を省けるように、クッキーが使用されるということです。

クッキーに保存できる情報は、このような「ウェブサイトで、自分が入力した内容」「訪問回数」などです。


とても便利な機能を持ったクッキーですが、クッキーの中には、追跡クッキー(トラッキングクッキー)というものもあります。
これは主に、消費者動向をさぐる目的(つまり、広告効果を高める目的)のもので、ショッピングサイトなどがマーケティングのために発行しています。

トラッキングクッキーは、ユーザーの移動したページを追跡し、ユーザーの動向を探ります。
いわば、ブラウザが持っている情報(閲覧したページ、クリックした広告など)を探られる訳です。
そして、この追跡クッキーの情報を元に、ショッピングサイトなどではユーザーが好むであろう、ユーザーに適しているであろうと思われるページ・広告を表示させます。

特に大きな害はないと思われますが、
「わざわざ自分の好みを他人に教えたくない!」
という場合は、残しておく必要もないと思います。


クッキーは「受け取り拒否」とすることもできますが、Web メールなどのWeb サービスサイトでは、クッキーをユーザー認証システムとして使うこともあります。
(「○○さん、ようこそ!」などのようなサイトがそうですね)

そのため、必要なクッキーまで拒否してしまうと、Web メールなどのサービスにログインできなくなることもあるので注意が必要です。

クッキーは、IEの「ツール」→「インターネットオプション」→「プライバシー」タブ →「サイト」から、どのURL からのクッキーを受け入れたり拒否するか、といったことを設定することができます。

クッキーには有効期限があり、放っておけば自動的に削除されますが、すぐにでも削除したい場合は、「ツール」→「インターネットオプション」→ 「インターネット一時ファイル」欄の「Cookie の削除」をクリックすればOKです。


ちなみに、クッキー自体はテキストファイルで、

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Temporary Internet Files

に保存されています。
上記のフォルダは、IEの「ツール」→「インターネットオプション」→ 「インターネット一時ファイル」欄の「設定」→「ファイルの表示」から開くことができます。


スポンサード リンク


▲このページのTOPへ
 おすすめフリーソフト
 エクセルde2ch画像収集

2 ちゃんねる等の特定スレッド内に貼られている画像を、全自動でダウンロード

 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

 Fy Memo ~お手軽付箋メモ~

超シンプルで使いやすい付箋ツール

スポンサードリンク
無料ソフトフリーソフトの紹介サイトです