User-Agent Switcher for Chrome

User-Agent Switcher for Chrome の概要や使い方を紹介しています

User-Agent Switcher for Chrome を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

User-Agent を変更できるようにするChrome 拡張機能!「User-Agent Switcher for Chrome」。

User-Agent Switcher for Chrome

● User-Agent Switcher for Chrome

UserAgent 情報を、手軽に変更できるようにする Google Chrome 拡張機能。
ツールバー上に追加される専用のボタンから、アクセス中のページに送信するUserAgent(端末情報)を IE / Firefox / Opera / Safari / iPhone / iPad / Android のものに一発変更できるようにしてくれます。
任意のUserAgent 情報を登録する機能や、指定したサイトをいつも特定のUserAgent で開けるようにする機能... も付いています。

「User-Agent Switcher for Chrome」は、UserAgent を手軽に変更できるようにするChrome 拡張です。
ツールバー上に追加されるボタンから、アクセス中のページ (サーバー) に送るUserAgent 情報を

  • Firefox 3.5 / 4 / 15
  • Internet Explorer 6 ~ 9
  • Opera
  • Safari
  • iPhone 4
  • iPad
  • Android
  • Windows Phone
のものに即偽装できるようにしてくれます。
モバイル端末からでしか見れないサイトを見たい時や、各種デバイス上で、自分のサイトがどのように表示されるのかを確認したい時... などに役立ってくれると思います。
変更したUserAgent はいつでも元に戻すことができ、また上記リストにはない任意のUserAgent 情報を使用することも可能となっています。
その他、指定したサイト※1 を、いつも特定のUserAgent で表示させる機能も付いていたりします。
※1 サイトは、ドメインで指定する。

使い方は以下のとおり。

  1. User-Agent Switcher for Chrome」 をインストールします。
  2. User-Agent を変更したくなったら、ツールバー上の User-Agent Switcher for Chrome ボタンをクリックし、目的とするデバイスを選択すればOK です。
    (元に戻す時は、 User-Agent Switcher for Chrome ボタンをクリック →「Chrome」→「Default」を選択する)
    設定変更
  1. User-Agent Switcher for Chrome ボタンを右クリックし、「オプション」を選択します。
  2. 「User-Agent Switcher for Chrome」のオプション画面 が表示されます。
    不要なUser-Agent がある場合は、該当データの右端にある ゴミ箱 ボタンをクリックします。
    任意のUser-Agent を登録する時は、オプション画面の一番上にある欄で
    • New User-agent name - 追加するUser-Agent(デバイス)の名前
    • New User-Agent String※2 - サーバーに送るUser-Agent 情報
    • Group - 登録先のグループ
    • Append?※3 - User-Agent 情報を、 “ 置き換える ” のか “ 現在のものに付け足す ” のか
    • Indicator Flag - User-Agent Switcher for Chrome ボタンにオーバーレイさせるラベル(3 文字以下の文字列)
    を入力し、「Add」ボタンをクリックします。
    ※2 User-Agent は、こちらこちら のサイトを参考にするとよい。
    ※3 通常は「Replace」(置き換える)を選択する。
    「New User-Agent String」欄に入力した情報を、Google Chrome 標準のUser-Agent 情報に “ 付け足す ” 場合は、「Append」を選択する。
  3. 指定したWeb サイトだけ、いつも特定のUser-Agent を使って表示させることもできます。
    この機能を利用したい場合は、左メニュー内にある「Permanent Spoof List」を選択します。
  4. 「Permanent Spoof List」という画面 が表示されます。
    ここで、
    • Domain※4 - いつも特定のUser-Agent で表示させたいサイト(のドメイン)
    • User-Agent String - 変更先のUser-Agent
    を指定し、右側にある「Add」ボタンを押せば設定完了です。
    ※4 Yahoo! なら yahoo.co.jp、Google なら google.co.jp といった感じ。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
User-Agent Switcher for Chrome TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Malwarebytes 3.0

高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアンチスパイウェア

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

User-Agent Switcher for Chrome を紹介しているページです