TeamViewer

TeamViewer の概要や使い方を紹介しています

TeamViewer を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

シンプルだけど高機能なリモートデスクトップツール!「TeamViewer」。

TeamViewer
制作者 TeamViewer GmbH
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download

● TeamViewer

    デスクトップ公開(Web 会議) 画面を公開する側の設定
  1. メイン画面上部にあるタブを、「リモートコントロール」から「会議」に切り替えます。
    「会議」タブ
  2. 画面左にある プレゼンテーション ボタンをクリック。
  3. すると、自分のデスクトップが公開モードに切り替わります。
    と同時に、「TeamViewer」のツールボックスが画面右側に表示されます。
    ツールボックス
    このパネルの上部にある「会議ID」を、視聴者に教えておきます。
    公開するウインドウを限定したい場合は、ツールボックス内にある「画面の共有」にマウスカーソルを合わせ、「画面を公開中」ボタンの右にある ▼ をクリック →「詳細オプション」を選択し、公開対象とするウインドウ以外のチェックを外しておきます。
    公開するウインドウの設定
    (チェックを入れたウインドウが、視聴者に公開されるということ)
  4. デフォルトでは、会議に参加中のメンバー名、および、誰かが誰かに送信したテキストメッセージの内容が、全ての参加者に行き渡るようになっています。
    これを回避したい場合は、「参加者」パネルを開き、右上にある オプション アイコンをクリック → 「参加者は互いを見ることができます」のチェックを外しておきます。

  5. デスクトップ公開(Web 会議) 見る側の設定
  6. 上部にあるタブを、「リモートコントロール」から「会議」に切り替えます。
  7. 画面右側にある「会議ID」欄に、教えてもらった会議ID を入力 → 下の「名前」欄に、自分のユーザー名を入力 → 右下にある「会議に参加」ボタンをクリックします。
  8. 画面公開者のデスクトップが表示されます。

  9. デスクトップ公開(Web 会議) 見る側の操作
  10. 視聴者が「TeamViewer」のビューア内をクリックすると、そのアクションが青色のマウスで表現されます。
    (ユーザー名も一緒に表示される)

  11. デスクトップ公開(Web 会議) 公開している側の操作
  12. 「Web 会議」モード時は、各種チャット機能のほかに「ホワイトボード」という機能を使えるようになっています※6
    ホワイトボード
    (デスクトップ上に、文字や図形を直接描画する機能)
    ※6 テキストチャットを行う時は、ツールボックス上の「参加者」パネルを開き、メッセージの送信先とするユーザー名をクリック →「チャットメッセージを送信」を選択する。
    この「ホワイトボード」パネルからは、以下のような描画ツールを使い、描画を行うことができます。
    (描画を行った後に右クリックすると、描画内容が確定される)
    • ペン - フリーハンドで描画
    • マーカー - マーカー
    • 消しゴム - 消しゴム
    • 長方形 - 矩形
    • 楕円 - 楕円
    • テキスト - テキスト
    • スピーチバルーン - 吹き出し
    ツールの色 / 大きさ 等は、ボタン上で右クリックすることで変更できるようになっています。
    ホワイトボード機能を終了する時は、「ホワイトボード」パネルの上部にある「off」をクリックします。

  13. デスクトップ公開(Web 会議) 全ての人が行える操作
  14. 会議に参加している人達の間で、ファイルを共有することもできたりします。
    会議参加者と共有したいファイルがある場合は、ツールボックス上の「ファイルボックス」パネルを開きます。
  15. 「共有するにはここにファイルをドロップ」というテキストが表示されます。
    共有するにはここにファイルをドロップ
    ここに、共有したいファイルをドラッグ&ドロップします。
    (複数可)
  16. すると、他の人の「ファイルボックス」が開き、アップロードされたファイルが表示されます。
    (ファイルサイズ&アップロードしたユーザーの名前 も表示される)
    このファイルを右クリックすると、ファイルのダウンロードを行うことができます。

  17. デスクトップ公開(Web 会議) 公開している側の操作
  18. 公開を終了する時は、ツールボックスの上部にある × ボタンをクリックします。
    ちなみに、ツールボックス上の「参加者」パネルを開き、自分以外のユーザーをクリック → 「プレゼンタに指名」を選択することで、プレゼンユーザーの交代を行うことができます※7
    プレゼンタに指名
    ※7 指名されたユーザーが、プレゼンの引継ぎ承認を行う必要がある。
    VPN 接続 - 共有フォルダの設定
  1. VPN 接続が有効になると、相手の共有フォルダにアクセスできるようになります。
    共有フォルダの設定はOS 側で行うので、詳しいことは各OS のヘルプなどを参照して下さい。
    (一応、VPN ツール 「Hamachi」 のページでも簡単に紹介しています)

  2. VPN 接続 - 「TeamViewer」での事前設定
    接続する側 / される側 の両者が行います
    (初回のみ実行すればOK)
  3. 「TeamViewer」を起動し、メニューバー上の「その他」→「オプション」を開きます。
    オプション
  4. 左メニューの「詳細」を選択し、右の「詳細オプションを表示」ボタンをクリック。
  5. 画面を下の方へスクロールし、「VPN ドライバーのインストール」欄にある「インストール」ボタンをクリック。
    VPN ドライバーのインストール
  6. 少し待ち、「TeamViewer VPN アダプターがインストールされました」というダイアログが表示されたら「OK」ボタンをクリックします。
    もし、この方法で「TeamViewer VPN アダプター」のインストールが行えなかった場合、下記の「パートナーに接続」までの手順を行います※8
    ※8 「VPN アダプター」のインストールを促すダイアログが、自動で表示される。

  7. VPN 接続 - 通信の開始
  8. メイン画面に戻り、右側にある「パートナーID」欄に、接続先とする人の ID を入力します。
  9. 下の欄で「VPN」にチェックを入れ、「パートナーに接続」ボタンをクリックします。
  10. 次に、パスワード認証ダイアログが表示されます。
    ここの「パスワード」欄に、接続先のパスワードを入力 →「ログオン」ボタンをクリックします。
  11. VPN 接続が有効になると、「VPN - TeamViewer」という画面が表示されます。
    VPN - TeamViewer
    ここで左下の「エクスプローラでファイルを共有」ボタンを押すと、相手の共有フォルダがエクスプローラで表示されます。
    無人アクセスのセットアップ - 自分のパソコンへ、外部から接続できるようにする
  1. インストールの際に「後からリモートアクセスする」ようにしていた場合、インストール完了後に「無人アクセスのセットアップ」という画面が表示されます※11
    無人アクセスのセットアップ
    ※11 このウィザードは、いつでも実行できる。
    (メニューバー上の「接続」→「無人アクセスのセットアップ」から)

    そのまま、右下の「次へ」ボタンをクリック。
  2. 最初に「個人的なパスワードの定義」という画面が表示されます。
    個人的なパスワードの定義
    ここで、このパソコンに関連付けるパスワード※12 を設定しておきます。
    (「パスワードの確認」欄にも、同じパスワードを入力する)
    ※12 通常生成されるランダムパスワードとは別の、不変なパスワード。
    設定した固定パスワードは、オプション画面の「セキュリティ」メニューから変更することができる。
  3. 続いて、「このコンピュータを [コンピュータ&パートナー] に追加」という画面が表示されます。
    このコンピュータを [コンピュータ&パートナー] に追加
    「TeamViewer」のアカウントを作成しておくと、外部からよりスムーズにリモートコントロールを行えるようになるようです。
    アカウントの作成は必須ではないので、「今はTeamViewer アカウントを作成しない」を選択してもOK です。
  4. 最後に、自分のパソコンに割り当てられたID が表示されます。
    自分のパソコンに割り当てられたID
    これをどこかにメモし、右下の「完了」ボタンをクリックします。
    冒頭でも書きましたが、ユーザーID は固定されているので、むやみに公開しないようにしましょう。
  5. 外部からこのパソコンにアクセスする際は、次のような操作を行います。
    1. パソコンと「TeamViewer」を起動させておき、そのまま出かけます。
    2. 出先のパソコンで「TeamViewer」をダウンロード&起動 させ、メモしておいた ID と固定パスワードを入力 → リモートアクセスを行えばOK です。
      (もちろん、ランダムパスワードの方を入力してもOK )

その他、パスワードの強度を変更する機能や※9、接続を許可するパートナー(ID)を指定する機能 等が付いています。
※9 メニューバー上の「その他」から「オプション」を開き、左メニューの「セキュリティ」を選択 → 右側にある「パスワードのセキュリティレベル」欄で、パスワードの強度を設定する。
上部にある「個人的なパスワード(無人アクセス用)」欄で、固定パスワードを設定することも可能。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の遠隔操作・リモートデスクトップツール
 Mouse without Borders

複数台のパソコン間で、マウス&キーボード を共有できるようにするソフト

TeamViewer TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2015

2015 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

TeamViewer を紹介しているページです。