ShareX

ShareX の概要や使い方を紹介しています

ShareX を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Dropbox / Google ドライブ / Imgur / Twitpic 等に対応したファイルアップローダー!「ShareX」。

ShareX

● ShareX

Dropbox / Google Drive / Imgur / Twitpic / Pastebin 等々に対応したファイルアップロード支援ツール。
ドラッグ&ドロップで登録したファイルを、指定しておいたアップローダーへ一発アップロードしてくれます。
クリップボード内のファイルをアップロードする機能や、アップロードをファイルの右クリックメニューから行えるようにする機能、アップロードされたファイルのURL を自動でコピーする機能... 等が付いています。
アップロード先は任意のFTP サーバーにすることもでき、またプロキシ通信も可能となっています。

「ShareX」は、シンプルなファイルアップロード支援ツールです。
ドラッグ&ドロップで登録したファイルを、あらかじめ指定しておいたホスティングサイトへ一発アップロードしてくれる... という簡易アップローダーです。
対応しているサイトは

  • Dropbox
  • Google ドライブ
  • Box
  • RapidShare
  • Minus
  • 任意のFTP サーバー
  • Imgur
  • Twitpic
  • TinyPic
  • ImageShack
  • Flickr
  • YFrog
  • Picasa
  • Pastebin
等々と豊富で、非常に多岐にわたります。
クリップボード内のファイル / テキスト を直接アップロードすることもできるほか、アップロードをファイルの右クリックメニューから行えるようにすることもできたりします。
また、指定した領域のスクリーンショットを撮り、そのキャプチャされた画像を直接アップロードすることもできるようになっています。

使い方は以下のとおり。

    基本
  1. 「ShareX」を実行します。
  2. まず、画面左にある「Destinations」をクリックし、
    • Image uploader
    • Text uploader
    • File uploader
    から、各種アイテムの アップロード先サイトを選択 します※1
    ※1 通常、画像は「Image uploader」で指定したサイトへ、テキストは「Text Uploader」で指定したサイトへアップロードされる。
    画像 / テキストを、Dropbox 等のファイルアップローダーへアップロードしたい場合は、「Image uploader」および「Text uploader」 →「File uploader」を選択する。

    アップロードの際にログインが必要なサイトを指定したい時は、あらかじめ「Destinations」→ 「Outputs configuration」を選択し、各タブで アカウント情報を入力する などしておきます。
  3. アップロードしたいファイルを、「ShareX」のウインドウにドラッグ&ドロップします。
    (複数のファイルをまとめてドロップすることもできる)
    デスクトップの様子をキャプチャし、そのキャプチャ画像をアップロードしたい時は、画面左の「Capture」から キャプチャしたい領域を選択 します。
    クリップボード内のテキストをアップロードしたい時は、「Clipboard upload」ボタンをクリック → クリップボードの内容が表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
  4. 確認ダイアログが表示されるので、「はい」を選択します。
  5. すると、ファイルのアップロードが行われます。
  6. アップロードされたファイルのURL は、クリップボードに自動でコピーされます。
    (複数のファイルをアップロードした場合、最後にアップしたファイルのURL がコピーされる)
    アップロード完了後、リスト上のファイルを右クリックすると
    • Open
      • URL - アップロード先のURL を (既定のブラウザで) 開く※2
      • Thumbnail URL - サムネイルのURL を開く※3
      • Deletion URL - アップロードしたアイテムの削除ページを開く
    • Copy
      • URL - アップロード先のURL を、クリップボードにコピー
      • Thumbnail URL - サムネイルのURL をコピー※3
      • Deletion URL - アップロードしたアイテムの削除ページをコピー
    といったコマンドを実行できるようになります。
    ※2 リスト上のファイルをダブルクリックしても同じ。
    ※3 画像系のアップローダーへアップロードした場合のみ有効。
    エクスプローラの右クリックメニューから使う
  1. 「ShareX」を実行します。
  2. あらかじめ、アップロード先のサイトを設定しておきます。
  3. 画面左にある「Settings」ボタンをクリック。
  4. 設定画面 が表示されます。
    ここで、「Show "Upload using ShareX" in Shell Context Menu」にチェックを入れます。
  5. 設定画面を閉じます。
  6. アップロードしたいファイルを右クリックし、「Upload using ShareX」を選択。
  7. すると、「ShareX」が起動し、アップロードが自動で行われます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
ShareX TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 GIMP

超高機能なペイントソフト

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 Malwarebytes 3.0

高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアンチスパイウェア

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

スポンサードリンク

ShareX を紹介しているページです。