CDex

CDex の概要や使い方を紹介しています

CDex を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

音楽 CD から、データを簡単に抽出!「CDex」。

CDex
制作者 Albert L Faber
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download (公式)
Download (ミラー)
Download (ポータブル)

● CDex

シンプルで使いやすいCD リッパー。
音楽CD 内の各トラックを、WAVE / MP3 / WMA / AAC / OGG / FLAC / VQF 等々のフォーマットで
抽出してくれるCD コピーツールです。
freedb からCD データを取得する機能や、複数のトラックを一つに結合して出力する機能、プレイリストを
同時生成する機能、左右チャンネルを入れ替えて出力する機能、録音... 等々の機能も付いています。

「CDex」は、シンプルで使いやすいCD リッパーです。
音楽CD に収録されている各トラックを、任意のフォルダ内に抽出することができるCD コピーツールで、
インターフェースが比較的シンプルで使いやすいところが最大の特徴。
トラックは、WAVE / MP3 / WMA / FLAC 等々のフォーマットで出力することができ、必要であれば複数の
トラックを一つに連結して出力することも可能となっています。
(逆に、トラック内の特定場面を切り出して出力することもできる)
音声ファイル変換機能もあるので、普通にオーディオエンコーダーとしても使えるかと思います。

基本的な使い方は以下の通り。
インストール完了の際、寄付を促すようなページ が表示されますが、寄付は強制ではありません。
「CDex」の開発に協力する場合は、寄付してあげましょう。

  1. 音楽CD を、CD / DVD / Blu-ray ドライブに挿入します。
  2. 「CDex.exe」を実行します。
  3. メニューバー上の「Options」→「Select Language」から「japanese」を選択し、インターフェースを
    日本語にします。

  4. 出力ファイルの設定
  5. メニューバー上の「オプション」→「設定」から設定画面を呼び出し、左メニューの「ファイル名」
    開きます。
  6. 右側の
    • 「WAV → MP3」 ( MP3 に変換してコピーする際の出力先フォルダ)
    • 「トラック保存先」 ( WAVE 形式でコピーする際の出力先フォルダ)
    欄で、抽出したファイルの保存先フォルダを指定しておきます。
    (フォルダは、右側の ... ボタンをクリックして指定する)
  7. 一番上の「ファイル名形式」欄で、出力するファイルの名前を設定します。
    デフォルトの %1¥%2¥%7-%4 は、「アーティスト名¥アルバム名¥トラックNo-トラック名」を
    意味しています。
    これは、先程指定したフォルダ直下に、「アーティスト名¥アルバム名」という名前のサブフォルダを
    生成し、その中にトラックを「トラックNo-トラック名」という名前で出力する... ということを意味して
    います。
    ( ¥ は、フォルダの区切りを意味している)
    ファイル名として使える変数
    このままでも別に問題はありませんが、もし「アーティスト名¥アルバム名」のようなサブフォルダを
    自動生成したくない場合は、単純に %7-%4 のようにしておくとよいでしょう※1
    ※1 %1 - %2 - %7 - %4 のような感じでもいいし、%4 だけでもよい。
    ちなみに、画面下部の「M3U プレイリストに追加」や「PLS プレイリストに追加」にチェックを
    入れておくと、リッピング時にプレイリストを同時生成できるようにもなっています※2
    ※2 トラックの出力先フォルダ内に「アーティスト名¥アルバム名」という名前のサブフォルダが
    自動生成され、プレイリストはそのフォルダ内に出力される。
    サブフォルダを作りたくない場合は、「ファイル名形式」欄の %1¥%2¥playlist を編集するとよい。
    ( %1 - %2 - playlist のようにすると、サブフォルダの自動生成を回避することができる)

  8. ドライブの設定
  9. 続いて、左メニューの「CD Drive」 を選択します。
  10. 画面右側にある「自動設定」ボタンをクリック。
  11. 「準備はよろしいですか?」というダイアログ が表示されるので、「はい」を選択。
  12. 「自動検出の結果」というダイアログ が表示されます。
    ここで、右端の「Result」欄が「Pass」になっているものを選択し、下部の「OK」ボタンを押します。

  13. freedb の設定
  14. 左メニューの「リモートCDDB」 を開きます※3
    ※3 この「リモートCDDB」の設定は、freedb からCD データを取得する場合のみ行う。
    freedb とは、オンライン上のCD データベースのこと。
    これを利用すると、「AudioTrack 1」などになっているファイルの名前を、正規の曲名に一発で
    リネームできるようになる。
    例) 「1-AudioTrack 1.wav」→「Welcome to my region.wav」
  15. 右側の中段にある「E-mail アドレス」欄に、任意の E メールアドレスを入力しておきます。
  16. 画面下部の「OK」ボタンをクリックし、設定画面を閉じます。

  17. トラックを WAVE 形式でコピー
  18. freedb からCD データを取得する場合は、とりあえずメニューバー上の「CDDB」をクリック →
    「リモートCDDB から読み込み」を選択します。
    ( CD データを取得しない場合、以下の 11 ~ 12 は飛ばしてOK)
  19. CD データの検索処理が実行されるので、少し待ちます。
  20. 検索が終了すると、候補となるアルバムが リスト表示されます※4
    ※4 候補が一つしかなかった場合、トラック情報が即上書きされる。
    候補となる CD が見つからなかった場合、「一致しませんでした」と表示される...

    この中から目的のアルバムを選択し、右下の「Next」ボタンをクリック※5
    ※5 邦楽CD の場合、「The cddb text contains non-ascii characters, please verify ~ 」という
    メッセージが表示されるので、そのまま下部の「Next」ボタンをクリックする。
  21. 全ての楽曲情報が、自動的に上書きされます。
  22. ハードディスクにコピーしたいトラックを、選択状態にします。
  23. あとは、メニューバー上の「変換」から「CD トラックをWAV に」を選択すればOK。
    CD トラックのリッピング処理が実行されます。
    選択したトラックを一つに連結して出力したい場合は、「変換」→ 「トラックの部分取出・合成」
    選択し、一番上の「ファイル形式」欄で出力ファイル名を指定してから「OK」ボタンを押します。

また、内部エンコーダーを使って、音源を圧縮しながらリッピングすることもできるようになっています。
この場合の手順は以下の通り。

    トラックを MP3 等に圧縮してコピー
  1. まず、メニューバー上の「オプション」から「設定」を開き、左メニューの 「エンコーダ」 をクリック。
  2. 右の「エンコーダ」欄で、圧縮の際に使用するエンコーダーを選択します※6
    ※6 よく分からない場合は、とりあえず「Lame MP3 Encoder」でも良いと思います。
    個人的にオススメなのは、ファイルを無劣化で圧縮できる「FLAC Encoder DLL」。
  3. 下の「エンコーダーオプション」欄で、圧縮の設定を行います※7
    ※7 よく分からない場合、とりあえず以下のような感じでも良いと思います。
    「Lame MP3 Encoder」→ そのままでOK。
    「FLAC」→「level 5」(「level 8」が最も高圧縮)。
  4. トラックをエンコーダーで変換すると、通常は元のWAVE ファイルが削除されます。
    ( CD 内のデータが削られる訳ではない)
    元のWAVE ファイルも残しておきたい場合は、上部の「エンコード後、WAV ファイルを残す」に
    チェックを入れておきます。
  5. 「OK」をクリックし、設定画面を閉じます。
  6. 必要に応じて、freedb からCD データを取得しておきます。
  7. リップしたいトラックを選択状態にします。
  8. あとは、メニューバー上の「変換」から「CD をMPEG に」を選択すればOK。
    選択したトラックを一つに連結して出力したい場合は、「変換」→ 「トラックの部分取出・合成」
    選択し、一番上の「ファイル形式」欄で出力ファイル名を指定 → すぐ下の「出力ファイル形式」欄で
    「MP3 エンコード」にチェックを入れ、「OK」ボタンを押します。
    ( FLAC 等にエンコードする場合でも、「MP3 エンコード」を選択する)
    エラー訂正機能を使う
  1. 強力なエラー補正機能を備えた CD リッパー 「cdparanoia」 というツールのライブラリを使い、
    CD のリッピングを行うこともできたりします。
    もし、通常の方法では問題が生じてしまう CD がある場合、この「cdparanoia」のライブラリを
    使って再チャレンジしてみるとよいでしょう。
    (ただし、処理に時間がかかるようになります)
    特に問題なくリップできている場合は、標準のまま変更しないでOK です。
  2. まず、メニューバー上の「オプション」から「設定」を開きます。
  3. 左メニューの「CD Drive」 を選択。
  4. 中段にある「リッピングの方法」欄で、リッピングの方法を選択します。
    リッピング方法は、以下の 5 種類の中から選べるようになっています。
    尚、「Paranoia Full」を選べば確実にリップできるという訳ではなく、場合によっては
    「Paranoia No Scratch Repair」等を選択した方が良いこともあるそうです。
    • 標準
      CDex 標準
    • Paranoia Overlap Only※8
      cdparanoia のライブラリを使うが、エラーチェックはオーバーラップ部分の比較のみ
    • Paranoia No Verify
      cdparanoia のライブラリを使うが、CD 読み取り時のベリファイは行わない
    • Paranoia No Scratch Repair
      cdparanoia のライブラリを使うが、キズの探索は行わない
    • Paranoia Full
      cdparanoia の機能をフルに使う
    ※8 “ オーバーラップ部分 ” とは、データを読み取る際に、重複して読み込んだ領域のこと
    トラックのデータを読み取る際に、同じ部分をわざと複数回読み取ることで、エラーチェックを行う。
    やること自体は、CDex 標準で「ジッター補正」を ON にした時と同じ。

    リッピング方法を選択したら、下部の「OK」ボタンを押して設定画面を閉じます。

そのほか、特定場面の切り出しを行う機能や※9、読み込んでいるCD を再生する機能、音声ファイルの
相互変換機能※10、左右のチャンネルを入れ替えてリッピングする機能、録音機能 なども付いています。
※9 「変換」→「トラックの部分取出・合成」 から。
画面下部の「開始点」&「終了点」欄で、切り出す場面の再生時間を設定する。

※10 メニューの「変換」→「MPEG → MPEG」などの項目から、変換ダイアログ を呼び出すことができる.
変換先のフォーマットは、「オプション」→「設定」→「エンコーダ」で選択中のフォーマット。
(「MPEG → WAV」を選択した場合、変換先のフォーマットはWAVE になる)

 CDex 解説ページ
E.I.Zone
トップ音楽・動画関連ソフトCD コピー CDex TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 AviUtl
高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Orchis
シンプルで使いやすいランチャー

 foobar2000
カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 xrecode II
多形式に対応したオーディオコンバーター

 MDIE
スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 MasterSeeker
インデックス不要の超高速ファイル検索ソフト

 新着フリーソフト
 Rufus
様々なOS のディスクイメージを元にして、ブータブルなUSB を高速作成することができる
 avast! Free Antivirus 10
豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス
 Metascan Online
指定したファイルを、40 種類のアンチウイルスで一括スキャン
 UpSafe GMail Backup
シンプルで使いやすいGmail バックアップツール
 Trimless for Google MailTM
Gmail で「…」となって短縮される部分が、短縮されないようにするFirefox アドオン
 Air Explorer
様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面型のファイラー
スポンサード リンク

CDex を紹介しているページです