Exact Audio Copy 初期設定

インストールが完了すると、
以下ようなウィザードが表示されます※1
※1 最初は英語のものが立ち上がります。
いったん閉じて日本語化してから、「EAC.exe」を実行 → メニューバー上の「EAC」から「設定ウィザード」を選択して下さい。


そのまま「次へ」をクリック。


現在パソコンに接続されている光学ドライブが、一覧表示されます。

リッピングの際に使用するドライブにチェックを入れ、「次へ」を選択。


続いて、下のような画面が表示されます。

EAC を “ 正確さ重視 ” で使うのか、 “ 速度重視 ” で使うのかを選択することができます。
どちらでもOK ですが、通常は正確さを重視した方がよいでしょう。


次に、下記のような画面が表示されます。

適当な音楽CD をドライブに挿入し※2、「次へ」ボタンをクリックします。
(リッピングが行われるわけではありません)
※2 ドライブにCD を挿入すると、「AccurateRip の設定」というダイアログ が表示されますが、そのまま閉じてOK です。
(このサイトでは、「AccurateRip」を使わない方法を紹介しています)


ドライブの性能チェックが開始されるので、しばらく待ちます。
この間、できるだけパソコンに負荷をかけないように放っておくとよいでしょう。


性能チェックが終了したら、「次へ」をクリック。


「次へ」をクリックします。


エンコーダーの解説画面が表示されます。

「次へ」をクリック。


リッピングの際に使用するエンコーダーを問う画面が表示されます。

後で設定した方が良いので、「後で手動で設定する」にチェックを入れて「次へ」をクリック。


freedb を利用する際に使用するメールアドレスの設定画面が表示されます。

適当なメールアドレスを入力し、「次へ」をクリック。


ファイルを、どのようなフォーマットで出力するのかを問う画面が表示されます。

プルダウンメニューをクリックし、自分の好きな形式を選択します。
(後から変更することもできます)


設定完了です。

EAC にはビギナーモードがありますが、特にメリットはないので「私は上級者です」を選択した方がよいでしょう。


オフセット等の設定(必要な場合のみ)
“ オフセットの設定 ” とは、

のことです。
大体どのドライブも、データの読み取り開始位置が微妙にズレているため、それをEAC 側で補正してやろうというものです。
(「Exact Audio Copy」は、これができるから「Exact」なのです)
設定しなくてもCD のコピーは行えますし、音質に変化がある訳でもありませんが、大して難しい設定でもないので一応下に書いておきます。
色々あって、現時点では「CD-R 実験室」というサイトのデータを参照する方法を紹介しています。
AccurateRip」 というサイトのデータを参照するのが世界標準?のようなので、そちらのデータを利用してもOK です。
「AccurateRip」のデータを利用する場合、このページ で自分が使っているドライブを探す → そのドライブの「Correction Offset」欄にある数値を、後述する「読み込みサンプルオフセット訂正を使用する」欄に入力すればOK。
(メニューバー上の「EAC」から「ドライブオプション」を開き、「オフセット / 速度」タブ を開く)
もしくは、このページ に表示されている CD(キーディスク)を挿入し、AccurateRip の画面 上で「設定する」ボタンをクリックするだけでもOK。
(少し待つと、「Congratulation」というダイアログ が表示され、設定が自動で行われる)
場合によっては、「別のキーディスクを挿入してください」というダイアログ が表示されることもあります。
もしそのようなダイアログが表示されたら、他のキーディスクを挿入 → 再度「AccurateRip」の画面上で「設定する」ボタンをクリックして下さい。
  1. メニューバー上の「EAC」から「ドライブオプション」を選択します。
  2. 「情報」というダイアログ が表示されるので、「OK」を押します。
  3. 「ドライブオプション」画面が表示されます。
    「ドライブ」タブを開き、上部の「読み出しコマンド自動検出」ボタンをクリック。
  4. 上の「読み出しコマンド」が自動で設定されます。
  5. 次に、(「ドライブオプション」画面を開いたまま) CD-R 実験室 へアクセスします。
  6. ここで、現在利用している光学ドライブの型番を探します。
    さすがに手動で探すのは大変なので、 “「Ctrl」+「F」” を押してページ内検索を呼び出し、型番を検索するとよいでしょう。
  7. 利用中のドライブが見つかったら、該当ドライブの個別ページを開きます。
  8. ドライブの詳細情報が表示されます。
    ここの
    • Exact Audio Copy での Read sample offset correction
    • Exact Audio Copy での Write samples offset
    隣に表示されている数値をメモします。
    私が使用している BD-RE GGW-H20N の例で言うと、「+637」「+30」 になります。
  9. 「EAC」の「ドライブオプション」画面に戻り、「オフセット / 速度」タブ を開きます。
  10. 上部の「読み込みサンプルオフセット訂正を使用する」欄に、「CD-R 実験室」の「Exact Audio Copy でのRead sample offset correction」欄でメモしておいた数値を入力します。
    「BD-RE GGW-H20N」の例で言うと、 +637 です。
  11. 「書き込み」タブを開き、「書き込みサンプルオフセットの値」欄に「CD-R 実験室」の「Exact Audio Copy でのWrite samples offset」欄でメモしておいた数値を入力します。
    「BD-RE GGW-H20N」の例で言うと、 +30 です。
    ついでに、下部の「UPC/ISRCを書き込む (ドライブが対応時のみ) 」「CD-TEXTを書き込む (ドライブが対応時のみ) 」にもチェックを入れておきます。
  12. 「ギャップ検出」タブを開き、「検出精度」を「精密」にしておきます。
  13. 画面下部の「OK」ボタンを押し、ドライブオプション画面を閉じます。


Exact Audio Copy 紹介ページに戻る

スポンサード リンク

前のページに戻る
 おすすめフリーソフト
 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト