Google VP8 VFW Codec

Google VP8 VFW Codec の概要や使い方を紹介しています

Google VP8 VFW Codec を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

動画を、Google 製のVP8 で圧縮できるVFW コーデック!「Google VP8 VFW Codec」。

Google VP8 VFW Codec
制作者 Optima SC Inc.
対応 -

Download (公式 : vp8vfw-setup )
Download (ミラー : direct link )

● Google VP8 VFW Codec

各種動画ファイルを、Google 製の " VP8 " で圧縮できるようにするVFW コーデック。
動画を、HTML5 での再生にも対応したビデオコーデック " VP8 " で、圧縮できるようにしてくれます。
1 パスのVBR / CBR エンコード、2 パスエンコード、エンコードプロファイルの指定、エンコード速度の指定... といった機能が付いています。

「Google VP8 VFW Codec」は、VP8 用のVFW コーデックです。
各種動画ファイルを、「VirtualDubMod」 等のツール上で圧縮できるようにしてくれるビデオコーデックで、比較的シンプルかつ簡単に使えるところが大きな特徴。
圧縮は 1 パス / 2 パス で行うことができ※1、1 パスでエンコードする際には “ 品質 ” や “ ビットレート ” を指定して処理できるようになっています。
※1 1 パスエンコードとは、 “ 動画情報の解析 ” と “ 圧縮 ” を同時に行うエンコード方式のことで、2 パスエンコードとは、1 パス目に動画情報の解析を行う → 2 パス目に、解析データを元にして(ビットレートを最適に割り振りながら)圧縮を行う... という 2 段式のエンコード方式。
2 パスエンコードは、1 パスエンコードよりも手間がかかる分、画質が綺麗になる。
(また、目標サイズにより近づけることができる)

GUI は「Xvid」のものがベースになっているようで、設定画面は「Xvid」とほぼ同じものになっています。

使い方は以下のとおり。

  1. あらかじめ、「VirtualDubMod」などの外部フロントエンドツールをインストールしておきます。
    今のところ、VFW コーデックに対応したソフトで、WebM 出力に対応したものはない?と思うので、「VirtualDubMod」を使って MKV 出力するのがよいように思います。
  2. 「VirtualDubMod」などのツール上で、ビデオコーデック選択画面を呼び出します。
  3. 「Google VP8 Video Codec」を選択し、「設定」ボタンをクリック。
  4. 「Google VP8 VFW Codec」の設定画面が表示されます。
  5. まず最初に、右上にある「info」ボタンをクリック。
  6. 「VP8 Configuration」という画面が表示されます。
    ここの「Profile @ Preset」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、エンコードプロファイルを選択します※2
    ※2 プロファイルを選択すると、下部の欄でその内容を確認することができる。
    (解像度、フレームレート、最大ビットレート等)

    パソコン向けの動画を作成する場合は、「 (unrestricted) 」で良いかと思います。
    (「unrestricted」= 制限なし)
  7. 続いて、下の「Encoding type」欄で、エンコード方法を設定します。
    エンコード方法は、
    • Single pass - VBR(1 パス)- 可変ビットレート
    • Single pass - CBR(1 パス)- 固定ビットレート
    • Twopass(2 パス)
    の 3 種類があります。
    2 パスエンコードを行う場合、最初は「Twopass - 1st pass」を選択し、それが終わったら「Twopass - 2nd pass」で再度圧縮を行います。
  8. 1 パスでエンコードを行う場合、映像品質を「品質レベル」または「ビットレート」で指定することができます。
    品質レベルを指定してエンコードする場合は「Target quantizer」ボタン※3 を、ビットレートを指定してエンコードしたい場合や、目標ファイルサイズを決めてエンコードしたい場合は「Target bitrate (kbps)」ボタンを表示させておきます。
    (「Target bitrate」ボタンをクリックすると、ボタンが「Target quantizer」に切り替わる)
    ※3 「0」が最高画質で、「63」が最低画質。
    画質を上げると、その分ファイルサイズが大きくなる。

    2 パスでエンコードを行う場合、動画の品質は「ビットレート」で指定することができます※4
    ※4 「Twopass - 1st pass」は解析のみなので、特に何かを指定する必要はない。
    ( 2nd pass の時に指定する)
  9. 下部の「Quality preset」欄で、エンコードプリセットを指定します。
    プリセットは
    • Real-Time
    • Good
    • Best
    の3 つがあり、下にいくほど画質重視になります。
    (上にいくほどエンコード速度を重視する)
  10. 設定が全て済んだら、画面右下の「OK」ボタンをクリックします。
  11. あとは、エンコーダー側で作業の続きを行えばOK。
    エンコードを2 パスで行う場合、1st pass が終わったら2nd pass を行います※5
    ※5
    1. 再度「Google VP8 VFW Codec」の設定画面を呼び出し、「Encoding type」を「Twopass - 2nd pass」にする。
    2. 動画のビットレート を指定し、画面右下の「OK」ボタンをクリック。
    3. あとは、1st pass 時に保存した動画と同じ名前で、ファイルを書き出せばOK。

色々触ってよく分からなくなった場合、画面左下にある「Load Defaults」ボタンをクリックすれば、設定を元に戻すことができます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のコーデック・DirectShow Filter
 Haali Media Splitter

MKV / MP4 / OGG / OGM / TS ファイルを再生できるようにするDirectShow Splitter

 LameACM

音声ストリームを、高音質&高圧縮 な MP3 で出力できるようにするオーディオコーデック

 Ut Video Codec Suite

高速&そこそこな圧縮率 を誇る可逆圧縮コーデック

Google VP8 VFW Codec TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 LosslessCut

動画や音声ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Malwarebytes 3.0

高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアンチスパイウェア

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

スポンサードリンク

Google VP8 Video For Windows Codec を紹介しているページです