Google VP8 VFW Codec

Google VP8 VFW Codec の概要や使い方を紹介しています

Google VP8 VFW Codec を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

動画を、Google 製のVP8 で圧縮できるVFW コーデック!「Google VP8 VFW Codec」。

Google VP8 VFW Codec
制作者 Optima SC Inc.
対応 -

Download (公式 : vp8vfw-setup )
Download (ミラー : direct link )

● Google VP8 VFW Codec

各種動画ファイルを、Google 製の " VP8 " で圧縮できるようにするVFW コーデック。
動画を、HTML5 での再生にも対応したビデオコーデック " VP8 " で、圧縮できるようにしてくれます。
1 パスのVBR / CBR エンコード、2 パスエンコード、エンコードプロファイルの指定、エンコード速度の指定... といった機能が付いています。

「Google VP8 VFW Codec」は、VP8 用のVFW コーデックです。
各種動画ファイルを、「VirtualDubMod」 等のツール上で圧縮できるようにしてくれるビデオコーデックで、比較的シンプルかつ簡単に使えるところが大きな特徴。
圧縮は 1 パス / 2 パス で行うことができ※1、1 パスでエンコードする際には “ 品質 ” や “ ビットレート ” を指定して処理できるようになっています。
※1 1 パスエンコードとは、 “ 動画情報の解析 ” と “ 圧縮 ” を同時に行うエンコード方式のことで、2 パスエンコードとは、1 パス目に動画情報の解析を行う → 2 パス目に、解析データを元にして(ビットレートを最適に割り振りながら)圧縮を行う... という 2 段式のエンコード方式。
2 パスエンコードは、1 パスエンコードよりも手間がかかる分、画質が綺麗になる。
(また、目標サイズにより近づけることができる)

GUI は「Xvid」のものがベースになっているようで、設定画面は「Xvid」とほぼ同じものになっています。

使い方は以下のとおり。

  1. あらかじめ、「VirtualDubMod」などの外部フロントエンドツールをインストールしておきます。
    今のところ、VFW コーデックに対応したソフトで、WebM 出力に対応したものはない?と思うので、「VirtualDubMod」を使って MKV 出力するのがよいように思います。
  2. 「VirtualDubMod」などのツール上で、ビデオコーデック選択画面を呼び出します。
  3. 「Google VP8 Video Codec」を選択し、「設定」ボタンをクリック。
  4. 「Google VP8 VFW Codec」の設定画面が表示されます。
  5. まず最初に、右上にある「info」ボタンをクリック。
  6. 「VP8 Configuration」という画面が表示されます。
    ここの「Profile @ Preset」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、エンコードプロファイルを選択します※2
    ※2 プロファイルを選択すると、下部の欄でその内容を確認することができる。
    (解像度、フレームレート、最大ビットレート等)

    パソコン向けの動画を作成する場合は、「 (unrestricted) 」で良いかと思います。
    (「unrestricted」= 制限なし)
  7. 続いて、下の「Encoding type」欄で、エンコード方法を設定します。
    エンコード方法は、
    • Single pass - VBR(1 パス)- 可変ビットレート
    • Single pass - CBR(1 パス)- 固定ビットレート
    • Twopass(2 パス)
    の 3 種類があります。
    2 パスエンコードを行う場合、最初は「Twopass - 1st pass」を選択し、それが終わったら「Twopass - 2nd pass」で再度圧縮を行います。
  8. 1 パスでエンコードを行う場合、映像品質を「品質レベル」または「ビットレート」で指定することができます。
    品質レベルを指定してエンコードする場合は「Target quantizer」ボタン※3 を、ビットレートを指定してエンコードしたい場合や、目標ファイルサイズを決めてエンコードしたい場合は「Target bitrate (kbps)」ボタンを表示させておきます。
    (「Target bitrate」ボタンをクリックすると、ボタンが「Target quantizer」に切り替わる)
    ※3 「0」が最高画質で、「63」が最低画質。
    画質を上げると、その分ファイルサイズが大きくなる。

    2 パスでエンコードを行う場合、動画の品質は「ビットレート」で指定することができます※4
    ※4 「Twopass - 1st pass」は解析のみなので、特に何かを指定する必要はない。
    ( 2nd pass の時に指定する)
  9. 下部の「Quality preset」欄で、エンコードプリセットを指定します。
    プリセットは
    • Real-Time
    • Good
    • Best
    の3 つがあり、下にいくほど画質重視になります。
    (上にいくほどエンコード速度を重視する)
  10. 設定が全て済んだら、画面右下の「OK」ボタンをクリックします。
  11. あとは、エンコーダー側で作業の続きを行えばOK。
    エンコードを2 パスで行う場合、1st pass が終わったら2nd pass を行います※5
    ※5
    1. 再度「Google VP8 VFW Codec」の設定画面を呼び出し、「Encoding type」を「Twopass - 2nd pass」にする。
    2. 動画のビットレート を指定し、画面右下の「OK」ボタンをクリック。
    3. あとは、1st pass 時に保存した動画と同じ名前で、ファイルを書き出せばOK。

色々触ってよく分からなくなった場合、画面左下にある「Load Defaults」ボタンをクリックすれば、設定を元に戻すことができます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のコーデック・DirectShow Filter
 Haali Media Splitter

MKV / MP4 / OGG / OGM / TS ファイルを再生できるようにするDirectShow Splitter

 LameACM

音声ストリームを、高音質&高圧縮 な MP3 で出力できるようにするオーディオコーデック

 Ut Video Codec Suite

高速&そこそこな圧縮率 を誇る可逆圧縮コーデック

Google VP8 VFW Codec TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 おすすめフリーソフト
 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

スポンサードリンク

Google VP8 Video For Windows Codec を紹介しているページです