CCCP ( Combined Community Codec Pack ) インストール ~ 初期設定

CCCP」と競合するDirectShow Filter / Splitter などがパソコンにインストールされていると、以下のようなダイアログが表示されます。


もし、この問題になっているフィルタ / スプリッタ を無効化する場合は「はい」を、無効化したくない場合( =「CCCP」側の競合フィルタ / スプリッタ を無効化する場合 )は「いいえ」を選択。


「CCCP」のインストーラーが立ち上がります。
ここはそのまま右下の「Next」ボタンをクリック。


インストールディレクトリの選択画面が表示されます。
ここもそのまま「Next」ボタンをクリック。


インストールするコンポーネントの選択画面が表示されます。
ここは、必要なものだけにチェックを入れればOK。

尚、「Media Player Classic Homecinema」 はメディアプレイヤーです。
「CCCP」内の「Media Player Classic Homecinema」をインストールするメリットは特にないので、チェックは外しておいた方がよいでしょう。


スタートメニュー内に、ショートカットを作成するかどうかの画面が表示されます。
通常、「CCCP」の設定はスタートメニューから行うので、このまま「Next」ボタンをクリックします。


関連付け等の設定画面が表示されます。
各種メディアファイルと「Media Player Classic Homecinema」の関連付けを行いたくない場合は、「Associate any unassociated extensions with MPC-HC」のチェックを外しておきます。
(「Media Player Classic Homecinema」をインストールしないようにしていた場合、この項目は表示されません)

「Register extensions in 32-bit Windows Media Player」は、通常チェックを入れたままでOK です。


最終確認画面です。
右下の「Install」ボタンを押すと、インストールが開始されます。


インストールが完了すると、以下のような画面が表示されます。
ここもそのまま「Next」ボタンをクリック。


最後に、右下の「Finish」ボタンを押せばインストール完了。


続いて、CCCP の設定画面が表示されます。

ここはそのままでもOK ですが、デコード設定や動画再生支援機能の設定を行いたい場合は、画面右側にある「LAV Video Settings」「LAV Audio Settings」ボタンをクリックし、適宜設定を行っておきます。
(各種ボタンを押すと、「LAV Filters」の設定画面が表示されます)
「LAV Filters」の概要や設定方法は、LAV Filters のページを参照して下さい。

CCCP (Combined Community Codec Pack) 紹介ページに戻る

スポンサード リンク

前のページに戻る
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Windows 10 フリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト