ffdshow インストール

インストーラーを実行すると、まず最初に使用言語を問うダイアログが表示されます。

デフォルトで「日本語」になっていると思いますので、そのまま「OK」ボタンをクリックします。


ウェルカム画面が表示されます。

ここもそのまま「次へ」ボタンをクリック※1
※1 バージョンによっては文字化けしている場合もあるので、下記スクリーンショットを参考にしてください。


ライセンス同意書が表示されます。

「同意する」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。


インストールフォルダの設定画面が表示されます。

ここはそのまま「次へ」ボタンをクリック。


組み込むコンポーネントの選択画面が表示されます。

動画再生支援機能を使いそうな場合は、「DXVA video decoder」※1 にチェックを入れておきます。
※1 「DXVA」とは、GPU による動画再生支援機能のことで、CPU の負荷を軽減させる効能を持つ。
( H.264、VC-1 再生時の負荷を、低減させることができる)
この「DXVA」を利用するには、ビデオカードがDXVA に対応している必要がある。
(最近のビデオカードであれば、大抵対応しているはずだが...)


「VFW インターフェース」は、圧縮用コーデックのようなものです。
ffdshow を圧縮用コーデックとしても使うことがありそうな場合は、チェックを入れておきます。
その他のものは、各ソフトと連携させたい場合のみ。


続いて、スタートメニュー内にショートカットを作成するかどうかを問う画面が表示されます。

ffdshow の設定は、スタートメニュー内から行うことができます。
そのため、スタートメニュー内にショートカットを作成するようにしておきます。
(要するに、そのまま「次へ」ボタンを押せばよい)


ffdshow に関連付けるフォーマットの選択画面が表示されます。

ffdshow を使って再生させたいフォーマットと、「以下のすべてのビデオフォーマットをffdshow でデコードする」にチェックを入れておきます。
(後から変更することもできます)


次に、スピーカーの設定画面が表示されます。

ここは、自分の環境に合ったものを選択すればOK です。
(後から変更することもできます)


最後に、「インストール」ボタンをクリック。


ffdshow のインストールが完了すると、このような画面が表示されます。
もし、続けてデコーダーの設定等を行うのであれば、それぞれの項目にチェックを入れてから「完了」ボタンを押します。


ffdshow 紹介ページに戻る

スポンサード リンク

前のページに戻る
 おすすめフリーソフト
 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画