MovieSlider

MovieSlider の概要や使い方を紹介しています

MovieSlider を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

“ 動画紹介ムービー ” のようなスライドショーを作成!「MovieSlider」。

MovieSlider
制作者 ElasticLogic
対応 2000/XP/Vista

Download (movieslider.exe)

● MovieSlider

任意の動画ファイルを元にした “ スライドショー ” を作成することができるソフト。
動画ファイルから指定した間隔でフレーム抜き出し、それらを結合することによって、その動画の紹介ムービーのようなスライドショーを作成することができます。
作成されたスライドショーは、単体で再生可能な実行ファイル(EXE)として出力されます。

「MovieSlider」は、動画からスライドショーを作ることができるソフトです。
動画内のフレームを、指定した間隔で抽出 → それらをフェードイン / アウト効果付きで連結することにより、動画の紹介ムービーのようなスライドショーを作成することができます※1
※1 BGM は付けることができない。
作成されたスライドショーは「.exe」形式の実効ファイルとして出力されるので、利用者の環境を問わずに閲覧することができます。
読み込める動画フォーマットは、システムにインストールされている コーデック に依存する?ようなので、現在Windows Media Player 等のDirectShow プレイヤーで再生できる状態にあるファイルであれば、大抵の場合は読み込むことができると思います。

使い方は以下の通り。

  1. 「mslider.exe」を実行すると、「Welcome!」という画面が表示されます。
    この画面の下の方にある「Specify a video file」ボタンをクリック。
  2. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、スライドショーの元となるファイルを選択します。
  3. 次に表示された画面で、スライドショーに関する簡単な情報を設定しておきます。
    ここでは、
    • Video name - 動画のタイトル
    • Your nickname - 作成者の名前
    • Description of this video file - この動画の説明
    を、それぞれ入力することができます(日本語も入力可)。
    →「Next」ボタンをクリック。
  4. 「Duration of video is equal」という画面が表示されます。
    ここで、 “ スライドショーに使用する画像(フレーム)の枚数 ” と、 “ 動画から、どのようにしてフレームを抜き出すか ” ということを設定することができます。
    フレームの抽出方法は、以下の二つのうちどちらかを選択することができます。
    • Evenly choose frames from video
      動画全体から、フレームを均一に “ n 枚 ” だけ抽出
    • Taking a frame every some minutes of viewing
      指定した “ 分 ” ごとに、フレーム1 枚ずつ抜き出す。
      こちらで抜き出す間隔を指定した場合でも、上記「Evenly choose frames ~」欄で実際に抜き出す枚数を確認することができる。
      (「1 minutes ごと」にする場合でも、デフォルトでは「20」になっているので注意)
    抜き出すフレーム数に関しては、入力ボックスに付いている上下ボタンで調整すればOK。
    ちなみに、画面下の方にある「Save preview near a video file」にチェックを入れておくと、出来上がったスライドショーファイルを元のファイルと同じフォルダに自動保存することができます。
    →「Next」ボタンをクリック。
  5. 「Size of video image equal」という画面が表示されます。
    ここでは、スライドショーの “ 縦 × 横サイズ ”、“ 品質 ” を設定することができます。
    まず、「Width」欄で画像幅を、「Height」欄で、画像の高さを指定します。
    この時、隣にある「100%」「50%」「25%」という文字列をクリックすると、簡単に “ 元のファイルに対する大きさ(の数値)” を入力することができます。
  6. 同じ画面の「Specify images quality for preview」欄で、スライドショーの画質を設定することができます。
    品質は、以下の5 つの中から選ぶことができます。
    • Minimum
    • Low
    • Medium
    • High
    • Maximum
    下にいくほど品質は高くなりますが、その分ファイルサイズが大きくなります。
    →「Next」ボタンをクリック。
  7. 最後に、「Create preview」ボタンをクリックします。
    スライドショーの作成が始まります。
  8. スライドショーが完成すると、「saving of preview file to the disk」という画面が表示されます※2
    ※2 「Duration of video is equal」画面で「Save preview near ~」にチェックを入れた場合は表示されない。
    下の方にある「Save as...」ボタンをクリックし、出来上がったスライドショーファイルを任意のフォルダに保存します。

作成したスライドショーファイルは、ダブルクリックすることで再生することができます。
スライドショーは、メディアプレイヤー風のウインドウ内で再生され、再生 / 一時停止、コマ送り / コマ戻し といった操作をすることができます。
また、指定したフレームの保存※3、ファイルプロパティの表示 といった機能も備えています。
※3 JPEG / BMP 形式の画像ファイルとして保存することができる。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の動画変換ソフト
 XMedia Recode

非常に多くのフォーマットに対応した動画&音声ファイル変換ソフト

このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 画像半蔵

任意の画像を、指定したサイズ&透明度 でデスクトップ上に表示しておけるようにするソフト

 foobar2000 で、VST プラグインを利用できるようにする

音楽プレイヤー「foobar2000」上で、VST プラグインを利用できるようにする方法

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 おすすめフリーソフト
 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

スポンサードリンク

MovieSlider を紹介しているページです