KOX ORGAN

KOX ORGAN の概要や使い方を紹介しています

KOX ORGAN を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

譜面入力タイプの作曲ソフト!「KOX ORGAN」。

KOX ORGAN

● KOX ORGAN

パソコンのマウスとキーボードを使って、楽器演奏を楽しむことができるバーチャルオルガン。
画面上に表示された鍵盤の画像をクリックしたり、各音階に関連付けられたキーを押したりすることにより、実際に音を鳴らして演奏を楽しむことができます。
波形をいじることができるオシレーターや、エンベロープ / ビブラート / イコライザー / コーラス / リバーブ / 各種バンドパスフィルタ といったエフェクト、約10 種類の音色プリセット が用意されています。

「KOX ORGAN」は、マウスとキーボードを使って楽器演奏を楽しめるバーチャルオルガンです。
画面上に表示された鍵盤の絵をクリックすることで、実際に音を鳴らして演奏を行うことができる... というソフトウェアシンセサイザーで、専用の内蔵音源を使って単独で楽しめるところが最大の特徴。
ベースとなるのはオルガン風の音色ですが、音の波形をいじれるオシレーターや、

  • エンベロープ
  • ローパスフィルター / ハイパスフィルター / バンドパスフィルター
  • コーラス
  • リバーブ
  • ビブラート
といったエフェクトが用意されているため、パイプオルガンやゲーム音源風の音も出せたりします※1
※1 エフェクトのプリセットがあらかじめ10 種類ほど用意されているため、楽器を変更する感覚で音色を変えることができる。
パソコンのキーマップをフルに使えないのが惜しいところですが、何よりも音が良いので試してみる価値は十二分にあると思います。

使い方は以下のとおり。

  1. 「KOX - STAND_ALONE.exe」を実行します。
  2. シンセサイザーを模したウインドウ が表示されます。
    この画面上の鍵盤をクリックすると実際に音を鳴らすことができ、またキーボードを使って演奏を行うことも可能となっています。
    各キーと音階の関係は、下記の通り。
       ド# レ# / ファ# ソ# ラ#
       S D  / G H J

      ド レ ミ フ ソ ラ シ
      Z X C V B N M
    そしてQ ~ I までの段が、1 オクターブ上の音になります。
    音声入力デバイスは、メニューバー上の「MIDI In」から指定することができます。
    出力デバイスは、メニューバー上の「Audio」から変更することができます。
  3. 音量を調整する時は、画面左下にある白いバー を上下にドラッグします。
    バーを伸ばすほど ( = 数値が増えるほど) 音は大きくなります。
    その左にある 4 つのバー は、音の波形を調整するオシレータのようです。
  4. 音色※2 を変えたい時は、画面左上にある 「SPACE ORGAN」というボタンをクリック → 変更先の楽器名を選択します。
    ※2 実際には、パラメータのプリセット。
    プリセットを変更する度に、ボリューム (を含めたパラメータ) がリセットされるので注意して下さい。
  5. オクターブは、「RELEASE」と「TUNE」ツマミの間にあるランプ で調整できるようになっています。
    (上にいくほどオクターブが高い)

  6. エフェクトパラメータの調整
  7. 画面左下と上部にあるツマミを左右にドラッグすることで、各種エフェクトのパラメータを手動で調整することができます。
    (音色のプリセットを変更するたびに、ツマミの値はリセットされます)
    画面左下にあるのはビブラート (VIBRATO ) のON / OFF スイッチと、
    • SPEED - 速度
    • DEPTH - 深度
    といったパラメータのツマミです。
  8. 画面上部にあるツマミは、左から順に次のようになっています。
      ENVELOPE - 音量変化の推移
    • ATTACK - 鍵盤を押してから、音が最高音に達するまでの速さ
    • DECAY - 最高音が、持続状態になるまでの減衰速度
    • RELEASE - 鍵盤を離してから、音が止まるまでの速度
      FILTER - 周波数調整
    • TUNE - 音程
    • CUTOFF - カットオフ周波数(左が低周波数帯域で右が高周波数帯域)※3
    • RESO - カットオフ周波数帯域の強調具合
      CHORUS - 回転系のエフェクト
    • RATE - 回転の速さ
    • MIX - 回転率
      REVERB - 空間の広がり系エフェクト
    • SIZE - 空間の広さ
    • DAMP - 音の減衰率
    • MIX - 残響音の強さ
    ※3 ローパスフィルタを使用している時は、ここで指定した周波数帯域以上がカットされる
    (一番右に回すとカット無し)
    ハイパスフィルタを使用している時は、ここで指定した周波数帯域以下がカットされる
    (一番左に回すとカット無し)
    バンドパスフィルタを使用している時は、ここで指定した周波数帯域周辺をカットする。

    カットオフの概念は、下記ページが非常にわかりやすいと思います。
    (「f0」がカットオフ周波数で、「Q」がレゾナンス)
    Plotting RBJ Audio-EQ-Cookbook HPF/LPFaikeの日記
  9. 「RESO」と「CHORUS」の間にあるランプ がフィルタのようですが、詳細は分かりませんでした。
    おそらく、上から順にローパスフィルタ、ハイパスフィルタ、バンドパスフィルタ、ピーキングフィルタかなんかかだと思いますが...
    (ピーキングフィルタは、カットオフ周波数帯域付近を増幅させる)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の作曲ソフト
 TuxGuitar

タブ譜(TAB 譜)& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 Domino

高機能かつ使いやすいMIDI シーケンサー

 MuseScore

高機能かつ使いやすい作曲&楽譜作成ソフト

KOX ORGAN TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 PDF 画像抽出ツール

指定した PDF ファイルの中に含まれる画像を、一括抽出してくれるソフト

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 エクセルde2ch画像収集

2 ちゃんねる等の特定スレッド内に貼られている画像を、全自動でダウンロード

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

 Fy Memo ~お手軽付箋メモ~

超シンプルで使いやすい付箋ツール

スポンサードリンク

KOX ORGAN - STAND ALONE VERSION を紹介しているページです