iTunes

iTunes の概要や使い方を紹介しています

iTunes を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

多機能なメディアファイル管理ソフト「iTunes」。

iTunes
制作者 Apple Inc.
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download

● iTunes

多彩な機能を備えた音楽 / 動画ファイル管理ソフト。
メディアファイルの再生&管理、音楽ファイルのフォーマット変換、CD リッピング、ライティング、インターネットラジオやPodcast の視聴、iPod へのファイル転送(同期)などの機能が付いています。
対応しているフォーマットは、MP3 / AIFF / M4A(AAC / Apple ロスレス)/ WAVE 形式の音声ファイル、MP4 / M4V / MOV 形式の動画ファイル。

「iTunes」は、多機能なメディアプレイヤー / メディアファイル管理ソフト です。
各種メディアファイルの再生からフォーマット変換※1、インターネットラジオの視聴、ファイルのタグ編集、CD リッピング / ライティング まで、幅広い機能をカバーしたオールインワンツールです。
※1 対応している入出力形式は、MP3 / AIFF / M4A(AAC / Apple ロスレス)/ WAVE。
入力のみ、保護されていないWMA ファイルも対応している。

中でも、読み込んだファイルを自動的にデータベース化する “ ライブラリ ” 機能が特徴的で、最初にメディアファイルの入ったフォルダを登録しておけば、あとは単体でコンピュータ内にある全てのメディアファイル※2 に素早くアクセスできるようになります。
※2 もちろん、対応形式は限られてくるが...

基本的な使い方は以下の通りです。

  1. 初回起動時のみ、「iTunes 設定アシスタント」という画面が開きます。
    これは、ライブラリに登録するファイルの種類を指定したり、アルバムのアートワークを自動でダウンロード※3 するかどうか etc ...の設定を行う画面ですが、基本的に「次へ」をクリックしていくだけでOK。
    ※3 この機能を利用するには、「iTunes Store」のアカウントを持っている必要がある。
    (アカウントは、iTunes 内から作成できる)
  2. iTunes 初回起動時は、「マイ ミュージック」内のファイルを、ライブラリに登録する作業が自動で行われます※4
    ※4 対応しているフォーマットのみ...
    ファイルの数によっては時間がかかるので、しばらく放っておきます。
  3. ライブラリ完成後は、登録された全ファイルが一緒くたにリスト表示されます。
    さすがにこの状態では使いにくいので、
    • 「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」等のカラムをクリックし、ファイルをソート。
    • メニューバーの上の「表示」→「ブラウザを表示」から、ファイルを「ジャンル」「アルバム」「アーティスト」といった条件でフィルタする機能を持ったブラウザ※5 を表示させる。
      ※5 ブラウザ機能でファイルを絞り込むには、各ファイルの タグ情報 がしっかりと登録されている必要がある。
      タグ情報は、ファイルを選択(複数可)→「プロパティ」から編集できる。
    • メニューバー上の「ファイル」→「新規プレイリスト」「選択項目から新規プレイリスト」「新規スマートプレイリスト※6」を選択し、任意のプレイリストを作成する。
      ※6 特定の条件に一致するファイルを、そのままプレイリスト化する機能。
    などの手段を用いて、ライブラリを整理しながら使います。
    尚、画面右上にある検索フォームにキーワードを入力することで、ライブラリ内のファイルをインクリメンタル(リアルタイム)に絞り込むこともできます。
    実際にファイルを再生するには、任意のファイルをダブルクリックすればOK。
  4. ネットラジオを聴くには、
    1. 「ライブラリ」の最下段にある「ラジオ」をクリック。
    2. 聴きたいジャンルをダブルクリック。
    3. 視聴できる放送局が一覧表示されるので、視聴したい局をダブルクリックすればOK。
  5. ポッドキャストを視聴する場合は、あらかじめ番組を登録しておく必要があります。
    その手順は以下の通り。
    1. メニューの「iTunes Store」をクリックし、「Podcasts」をクリック。
    2. 任意の番組を選択し、「登録する」ボタンをクリックすればOK。
      番組のダウンロードが始まり、ライブラリに登録されます。
    3. Web 上にあるPodcast 検索サイトなどを利用し、好みの番組を登録することももちろん可能です。
  6. 音楽CD をリッピングするには、音楽CD を光学ドライブに挿入 → しばらく待つと、
      CD [○○(アルバム名)] を iTunes ライブラリにインポートしますか?
    というダイアログが表示されるので、「はい」を選択するだけです※7
    ※7 iTunes には「CDDB」機能があるので、タグ情報を取得した状態でリップすることができる。
    デフォルトではM4A(AAC)に変換してリップされますが、必要に応じてWAVE やMP3、AIFF、M4A(Apple ロスレス)に変換して出力することもできるようになっています※8
    ※8 「編集」→「設定」→「詳細」の「インポート」タブ内にある「インポート方法」欄で、出力形式を変更する。
  7. 音楽ファイルを変換する場合は、あらかじめ「編集」→「設定」→「詳細」の「インポート」タブ内にある「インポート方法」欄で出力形式を指定しておき、ライブラリ内で変換したいファイルを選択 → 右クリック →「選択項目を ○○ に変換」を選択するだけ。
  8. 音楽CD を作成するには、プレイリスト上で右クリック →「プレイリストからディスクを作成」を選択すればOK です。
    通常は音楽CD が作成されますが、必要に応じてMP3 CD、データCD にすることも可能です※9
    ※9 「編集」→「設定」→「詳細」の「ディスク作成」タブにある「ディスクフォーマット」欄でディスクの種類を指定する。
  9. iPod とファイルを同期する場合は、
    1. まず、iPod をパソコンに繋ぎます。
    2. 「デバイス」欄にiPod が追加され、自動的に画面が切り替わります。
    3. あとは、同期させたいデータを選択 →「適用」ボタンをクリックするだけ。
  10. ファイルを新たにライブラリに登録したい場合は、
    • 「ファイル」→「ファイルをライブラリに追加」
    • 「ファイル」→「フォルダをライブラリに追加」
    から、目的のアイテムを選択すればOK。
    (「iTunes」に、ファイルやフォルダを直接ドラッグ&ドロップしてもよい)
これらの機能のほか、イコライザ、ビジュアライザ、アートワークの表示、Cover Flow といった装飾機能※10 や、ミニプレーヤー化※11、ギャップレス再生、ライブラリデータのバックアップ 等の機能も付いています。
※10 メニューバー上の「表示」から。
「Cover Flow」とは、アートワークを使ってアルバムを視覚的に検索できるようにする機能。

※11 ウインドウを、再生コントロールボタンとディスプレイだけの表示にする機能。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の音楽プレイヤー
 AIMP

多機能でありながらも使いやすいオーディオプレイヤー

 foobar2000

カスタマイズ性の高い高機能オーディオプレイヤー

 聞々ハヤえもん

各種音声ファイルの再生速度 / 再生周波数 / 音程 を変更する機能を備えたミュージックプレーヤー

iTunes TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 GIMP

超高機能なペイントソフト

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 おすすめフリーソフト
 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができる

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク

iTunes を紹介しているページです