ParaFla!

ParaFla! の概要や使い方を紹介しています

ParaFla! を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

パラパラ漫画を作る要領で、フラッシュを作成!「ParaFla!」

ParaFla!
制作者 Coa
対応 98/ME/2000/XP/Vista/7

Download

● ParaFla!

パラパラ漫画を作る要領で、Flash ムービーを作成することができるソフト。
素材となる画像 / 音声ファイル を順番に並べて合成することで、SWF 形式のフラッシュムービーを
生成することができます。
素材の表示時間 / 描画位置 / サイズ / 角度 / 輝度 / 透明度 を調整する機能や、素材を表示している間に
各種パラメータを少しづつ変えていく機能... などが付いています。

「ParaFla!」は、本格的にも簡易的にも使えるFlash ムービー作成ソフトです。
素材となる画像 / 音声 / テキスト をいくつか用意 → それらを連続して表示させることにより、動きのある
Flash ムービーを生成することができる... というパラパラ漫画風のフラッシュメーカーです。
それぞれのフレーム (画像 / テキスト) には、

  • 移動していくような効果
  • ズームしてくるような効果
  • フェードアウトしていくような効果
... 等々を設定できるようになっているので、物凄く凝った作品を作ることもできたりします。
(もちろん、簡単でシンプルな作品も作れる)
素材として使うことができるのは、JPEG / BMP / PNG / PDR 形式の画像ファイル、プレーンテキスト※1
FLV 形式のフラッシュビデオ、MP3 / WAVE 形式の音声ファイル。
※1 テキストには、HTML タグを反映させることもできたりする。

基本的な使い方は以下の通りです。
このソフトを使用するには、「Visual Basic 6.0 ランタイム」 をインストールしている必要があります。

    画像素材の準備
  1. あらかじめ、素材とする画像を用意しておきます。
    (素材画像の横 × 縦サイズは、極力揃えておく)
    複雑な動きのフラッシュを作りたいのであれば、それ相応の(枚数の)画像が必要になります。
    観賞用等、動きの少ないフラッシュを作るのであれば、素材画像は少なくても問題ないでしょう。
  2. 「parafla.exe」を実行します。
  3. 画面左下にあるパネル※2 へ、素材とする画像ファイルをドラッグ&ドロップします。
    ※2 この左下にあるパネルのことを、 “ ファイルリストビュー ” と呼ぶ。
  4. 透過色を設定したい画像がある場合、(ファイルリスト上で) それを右クリック →「プロパティ」を
    選択し、「透過色を使用する」にチェック → 適宜透過色を設定しておきます※3
    ※3 をクリックし、 ボタンをクリック → 目的とする色を選択する。
    (もちろん、RGB 値を直接設定してもよいし、「左上のドット」を透過色としてもよい)

    透過色を設定する場合、必要に応じてエッジをぼかすこともできたりします。
    (にじませる or アンチエイリアス をかける)

  5. テキスト素材の準備
    テキストが書かれた画像を、テキスト素材とする手もあります...
  6. テキスト素材を追加したい時は、ファイルリストビュー上で右クリック →「アイテムを追加」から
    「テキスト」を選択します。
  7. 「ファイルのプロパティ」という画面 が表示されます。
    ここの上部にある「テキストの設定」という欄に、テキストを直接入力します。
  8. 続けて、表示するテキストの
    • ※4
    • 太字 / 斜体 のON / OFF
    • フォント
    • フォントサイズ
    • 行間サイズ
    • 配置
    • HTML タグを有効にするかどうか
    などを設定しておきます。
    ※4 をクリック → ボタンをクリックし、目的とする色を選択する。
    (もちろん、RGB 値を直接設定してもよい)

  9. 素材を、イベントリストに登録
  10. 素材の再生順序を入れ替えたい時は、ドラッグ&ドロップで順番を変更しておきます。
  11. ファイルリスト内のファイルを全て選択状態にし、右クリック →「イベントに追加」を選択します。
  12. すると、画面右側のウインドウ( = イベントリスト)に、ファイルが全て追加されます。
    基本的には、これで出来上がっています。
    メニューバー上の「プレビュー」から「プレビューウインドウ」を選択すると、 “ イベントリスト ” に
    追加された画像ファイル(およびテキスト)が、パラパラ漫画のように再生されます。
    ただし、これでは
    • 画像サイズがおかしい
    • 速度がおかしい
    などの不満があると思いますので、これから色々と調整していきます。

  13. 作成するフラッシュのプロパティを設定
  14. デフォルトでは、フラッシュの画像サイズが「320 x 320」になっているため、
    “ 画像が収まりきらない ”  or  “ 余白が無駄に多い ” 状態になっていると思います。
    そこで、メニューバー上の「ファイル」から「プロジェクトのプロパティ」を開き、「基本設定」欄で
    フラッシュの「幅」と「高さ」を指定しておきます。
    必要であれば、下の「背景色」欄で、フラッシュの背景色を指定しておくことも可能です。
  15. 「OK」ボタンを押して「プロジェクトのプロパティ」画面を閉じ、イベントリストへ目を向けます。
    (イベントリスト = 画面右側にあるリストのこと)

  16. 各フレームの設定
  17. イベントリスト上では、各アイテムに次のようなオプションを 指定することができます
    • フレームカウント※5
    • 描画位置※6
    • サイズ(元の画像に対する倍率で指定)
    • 角度※7
    • 輝度(明るさ)
    • 不透明度(半透明度)
    ※5 アイテムを表示させておく時間(アイテム表示に費やすフレーム数)のこと。
    デフォルトでは「12 フレームを、1 秒間かけて表示する」設定になっているので、
    「12」と入力すると、選択中のアイテムが 1 秒間表示されたままになる。
    (「24」と入力すると、選択中のアイテムが 2 秒間表示されたままになる)

    ※6 描画位置は、「イベントのプロパティ」画面 の右上にある > ボタンをクリックすることで、
    簡単に指定できるようになる。

    ※7 正の値を入力すると右回りに、負の値を入力すると左回りになる。

    設定は、イベントリスト上のアイテムを選択し、右クリック →「プロパティ」から行うことができます※8
    (複数のアイテムを選択 → 右クリック することで、一括編集を行うことも可能)
    ※8 「フレームカウント」を 2 以上にすると、「表示開始時」のフレームプロパティ,「表示終了時」の
    フレームプロパティを設定できるようになる。
    (表示開始時の設定は「描画位置」欄で、表示終了時の設定は「移動先」欄で行う)
    「表示開始時」「表示終了時」の描画位置 / サイズ / 角度 / 輝度 等を異なるものにしておくと、
    「だんだん動いていく」「だんだん明るくなっていく」というような効果を再現することができる。

    ここまで設定すると、だんだん様になってくると思います。

  18. 音声の設定
  19. 必要であれば、BGM を鳴らすことも可能です。
    フラッシュにBGM を付けたい場合は、BGM にしたいファイルを “ ファイルリストビュー ” 上に
    ドラッグ&ドロップします。
    (ファイルリストビュー = 画面左下にあるパネル)
  20. イベントリスト上で、BGM の開始位置を設定(クリック)します。
    大抵の場合、先頭のフレームで良いでしょう。
  21. ファイルリスト上の音声ファイルを右クリックし、「イベントに追加」を選択。
  22. これで、フラッシュのBGM が出来ました※9
    ※9 BGM の再生時間が、作成するフラッシュの再生時間よりも短い場合は、イベントリスト上の
    サウンドファイルを右クリック →「プロパティ」を開き、「サウンドイベントの設定」を「ループ再生」
    にしておく。
    BGM の再生時間が、作成するフラッシュの再生時間よりも長い場合は、イベントリストの一番下で
    右クリック →「アクションを挿入」を選択し、「サウンド停止」という命令を付け加えておく。

  23. 最終設定&ファイルの出力
  24. 最後に、イベントリストの最下部で右クリック →「アクションを挿入」を選択し、(フラッシュの)
    「停止」という命令を付け加えておきます。
  25. プレビュー再生してみて、大体思い通りになっていたら、メニューバー上の「ファイル」→
    「SWF ファイル生成」からフラッシュをファイルに保存します。
    ちなみに、現在の “ 作業状態 ” を、独自のプロジェクトファイルとして保存することもできます。
    (編集を後から再開したい時などに)
    現在の作業状態を保存したい時は、メニューバー上の「ファイル」→「名前を付けて保存」から
    プロジェクトファイルの保存を行います※10
    ※10 「ファイル」→「プロジェクトのインポート」から保存したプロジェクトファイルを読み込むと、
    保存した時の作業状態が復元される。

ここでは簡単な操作のみを紹介しましたが、画像をレイヤーのようにして重ね合わせたりすることも
できるようになっています。

 ParaFla! 解説サイト
PARAFLA学習帳

ParaFla! Wiki

 管理人も、ありあわせで作ってみました...
FLASH サンプル
トップ音楽・動画関連ソフトFLASH(フラッシュ)作成ソフト ParaFla! TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 XMedia Recode
多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 foobar2000
カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 Macrium Reflect Free Edition
指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 SoundEngine
高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Domino
高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 りかなー
IME OFF時に入力された文字列を、キー連打で日本語に

 新着フリーソフト
 dhIMG Twitter
特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード
 Batch Video To Audio Extractor
各種動画ファイルの音声部分を、WAVE / MP3 / WMA / FLAC / OGG 等として抽出
 Cloud Explorer
Dropbox / Google ドライブ / OneDrive / Box / Facebook 内のファイルを、一元的に管理できる
 Chameleon
壁紙 / 天候 / バッテリー 等の情報に合わせて、ウインドウの配色を変えてくれる
 Dropbox (クライアント)
PC 内の特定フォルダと Dropbox の内容が、常に同じになるように同期を行ってくれる
 Dropbox
ファイル共有 / 世代管理 / ファイル復元 などの機能が付いたオンラインストレージ
スポンサード リンク

ParaFla! を紹介しているページです