COMODO Internet Security 4 インストール ~ 日本語化

COMODO Internet Security」には、 の2 つがパックされています。
(初期設定時に、インストールするものを選択できる)
COMODO Antivirus をインストールする場合で、現在なんらかのアンチウイルスを入れている場合は、
それを事前にアンインストールしておきます。
同様に、COMODO Firewall をインストールする場合で、現在なんらかのファイアウォールを使用している
場合は、それを事前にアンインストールしておきます。
(Windows ファイアウォールも、無効化しておいた方が無難)

準備が整ったら、「COMODO Internet Security」をインストールします。


インストーラーを実行すると、下記のようなダイアログが表示されます。


ここはそのまま「Next」ボタンをクリック。


ライセンスの同意書が表示されます。


「I accept ~ (同意します)」にチェックを入れ、「Next」ボタンをクリック。


インストール先のディレクトリを設定します。


通常はそのまま「Next」ボタンを押します。


インストールするコンポーネントの選択画面です。


必要なコンポーネントにチェックを入れ、「Next」ボタンを押します。


「COMODO Antivirus」をインストールせず、「COMODO Firewall」のみをインストールするようにしていた場合、
続いて下記のようなダイアログが表示されます。


これは、ファイアウォールに付いている " Defence+ " ※1 の強度を設定する画面です。
※1 プロセスの挙動をリアルタイムに監視&制御する機能。
何らかのアプリケーションが、ユーザーの許可なく勝手に動作するのを制御することができる。


通常はそのままでOK ですが、" Defence+ " を利用しないのであれば

を選択します。
(設定は後から変更することもできます)


次に、下のような画面が表示されます。


これは、COMODO の「Threatcast community」に参加するかどうかを問うダイアログです。
「Threatcast community」とは、アプリケーションの安全度をCOMODO ユーザーが共有するための
コミュニティです。
これに参加すると、アプリケーションがネットワークに接続しようとした際に、

ということを、パーセンテージで確認できるようになります※2
※2 警告アラートに、どれくらいのユーザーが「許可」or「拒否」してるのか が表示されるようになる。
(Windows 7 では、これが表示されない...?)

と同時に、あなたの選択内容もCOMODO に送信されるようになります。
(情報は、匿名で送信されます)
「Threatcast community」へ参加するかしないかは、インストール後に変更することもできます。


次に、「COMODO Secure DNS Server」のインストールを問うダイアログが表示されます。


「COMODO Secure DNS Server」とは、COMODO が提供するセキュアなDNS サーバーです。
もし、現在利用しているISP のDNS に不安要素があるのであれば、

を選択してもOK です。
特に利用しない場合は を選択します。


続いて、下記のようなダイアログが表示されます。


Comodo HopSurf」をスタートページに設定するか、「Ask.com」をデフォルトの検索エンジンにするか... の設定です。
ここは全てのチェックを外して「Next」ボタンをクリックします。


続いて、下記のようなダイアログが表示されます。


「Install」ボタンを押し、インストールを開始します。


インストール中...


インストールが完了しました。


「Finish」ボタンを押します。


パソコンの再起動を促すダイアログが表示されます。


「Yes」をクリックし、パソコンを再起動させます。

尚、私の環境では、次回起動時に下のようなダイアログが表示され、「COMODO Internet Security」が
正常に起動しませんでした。

(しかし、もう一度パソコンを再起動させたら、普通に起動するようになりました...)


再起動後、タスクトレイ上にある「COMODO Internet Security」をダブルクリックし、右上の「More」をクリック。


左上の「Settings」をクリック。


「Settings」画面が表示されるので、「Language」タブを開き、「Select Language」欄で「日本語」を選択 →
下部の「OK」ボタンを押します。


「COMODO Internet Security」の再起動を促すダイアログが表示されます。
「OK」をクリックし、タスクトレイ上の「COMODO Internet Security」を右クリック →「Exit」を選択し、それから
「COMODO Internet Security」を起動します。

ちなみに、私の環境では、「COMODO Internet Security」インストール後、エクスプローラが中々起動しなくなるという
現象が起きました。
もしエクスプローラが中々起動しない場合は、 “「Ctrl」+「Alt」+「Del」キー ” を押してタスクマネージャーを呼び出し、
メニューバー上の「ファイル」から「新しいタスクの実行」を選択 →「explorer」と入力してみてください。

COMODO Firewall 紹介ページに戻る

COMODO Internet Security 紹介ページに戻る


スポンサード リンク