CipherTune

CipherTune の概要や使い方を紹介しています

CipherTune を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

テキストや画像ファイルを、MIDI ファイルに変換する!「CipherTune」。

CipherTune

● CipherTune

テキストやJPEG 画像を、再生可能なMIDI ファイルに変換してくれる暗号化ソフト。
テキストや画像ファイルをパスワードで暗号化し、処理の結果をMIDI ファイルとして出力してくれます。
作成するMIDI の音色 (楽器) を指定する機能や、楽曲のテンポを指定する機能、暗号化された内容をテキストファイルに書き出す機能 などが付いています。

「CipherTune」は、テキストやJPEG 画像をMIDI ファイルに変換してくれるソフトです。
読み込まれたテキストや画像ファイルを暗号化し、処理結果をMIDI ファイルとして出力してくれる... という一風変わった暗号化ソフトです※1
※1 暗号化された内容を、テキストファイルとして保存することもできる。
出力されたMIDI ファイルは実際に再生することができるので、第三者に見つけられても怪しまれることはないと思います。
ちなみに、作成するMIDI ファイルの音色 (楽器) / テンポ は、自由に設定できるようになっています。
尚、画像ファイルを処理する場合、サイズは 300 x 300 程度のものが推奨されるようです。
(解像度の大きなものだと、処理の際に時間がかかる)

使い方は以下のとおり。

    暗号化
  1. 「CipherTune.exe」を実行します。
  2. テキストを暗号化する場合は、左上の「Text」タブを開きます。
    (デフォルトで表示されていると思います)
    画像ファイルを暗号化する時は、「Photograph」タブ を開きます。
  3. テキストを暗号化する場合は、左側のフォームに暗号化したいテキストを入力します。
    (その後、画面右上の「Adjust Text Formatot for Encryption」ボタンをクリックする)
    画像ファイルを暗号化する時は、画面右上にある「Select JPEG Image File」ボタンをクリックし、目的とするファイルを選択します。
  4. 画面右側にある「Type Password」欄に、暗号化の際に使用するパスワードを入力。
    (パスワードは、6 文字以上入力する)
  5. その下の「Select an Instrument」欄で、出力するMIDI の音色を選択します。
  6. 必要であれば、楽曲のテンポを設定したり、ステレオ化するようにしたりしておきます。
  7. 準備が整ったら、画面右下にある「Make Encryption Tune」ボタンをクリック。
    この時、「Make Only Encrypted Text File」にチェックを入れてから「Make Encryption Tune」をクリックすると、MIDI ファイルではなく暗号化テキストが生成されます※2
    ※2 「Make Only Encrypted Text File」にチェックを入れていた場合、この時点でファイルの出力が行われる。
    (出力するファイルの名前には、日本語を含めてはいけない模様)

    処理中に他のアプリケーションがアクティブになると、データが破損してしまう恐れがあるようなので注意が必要です。
  8. 必要であれば、
    •  - 再生
    •  - 一時停止
    •  - 停止
    ボタンを使い、楽曲を再生してみることも可能です。
  9. 最後に、画面右下にある「Save CipherTune.mid」ボタンをクリックし、ファイルの保存を行えば作業完了です。
    (出力するファイルの名前には、日本語を含めてはいけない)
    復号化
  1. 「CipherTune.exe」を実行します。
  2. 画面上部にある 「Decryption」タブ を開きます。
  3. 右上にある「Select CipherTune.midi file」ボタンをクリックし、復号化するMIDI ファイルを選択します。
    暗号化テキストを復号化する時は、「ImportText Data」ボタンをクリックし、目的のファイルを選択。
  4. 右下にある「Convert to the Final Text (Image) 」ボタンをクリックします。
  5. パスワード入力ダイアログ が表示されるので、暗号化の際に指定しておいたパスワードを入力。
  6. 画面左側のフォームに、復号化されたテキスト / 画像 が表示されます。
    この復号化されたアイテムを保存する時は、画面右下にある「Save Decrypted File」ボタンをクリックします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の暗号化ソフト
 TrueCrypt

“ 暗号化された仮想ドライブ ” を作成できるようにするソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化仮想ドライブ作成ソフト

 アタッシェケース

高機能かつ使いやすいファイル暗号化ソフト

CipherTune TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 MyPaint

ユニークなブラシを多数揃えたお絵かきソフト

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

スポンサードリンク

CipherTune を紹介しているページです