Androsa FileProtector

Androsa FileProtector の概要や使い方を紹介しています

Androsa FileProtector を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

シンプルだけれど高機能な暗号化ソフト「Androsa FileProtector」。

Androsa FileProtector
制作者 AndrosaSoft
対応 2000/XP/Vista

Download (ミラー : US )

● Androsa FileProtector

高機能なファイル暗号化ソフト。
指定したファイルやフォルダを、強力に暗号化して開けないようにすることができます。
暗号化時にファイルを圧縮する機能や、暗号化前に元のファイルをバックアップする機能、暗号化ファイルを自己解凍書庫として出力する機能... なども備えています。
暗号化の際に使用するアルゴリズムは、Rijndael 256 / 192 / 128 bits / TripleDES 192 bits / DES 64 bits の中から選べるようになっています。

「Androsa FileProtector」は、高機能なファイル暗号化ソフトです。
指定したファイルやフォルダ※1 を、Rijndael (AES) / TripleDES / DES といったアルゴリズムで強力に暗号化し、第三者に覗かれたりしないよう厳重に保護することができます。
※1 フォルダを暗号化する場合、中身のファイルが個別に暗号化される。
(フォルダそのものは暗号化されない)

暗号化したファイルは、いくらかファイルサイズを圧縮して出力することもできるほか※2、自己解凍書庫※3 として出力することもできるようになっています。
※2 圧縮率は、ユーザーの手によって変更することができる。
※3 単体で(=「Androsa FileProtector」をインストールしていなくても)復号化できるファイル。
ただし、ファイル名に日本語を含むものは、正常に自己解凍書庫化することができない模様。
さらに、自己解凍書庫化したファイルは、一部アンチウイルスでマルウェアとして検出される

また、パスワードに " ヒント " を設ける機能や、ソースファイルを暗号化前にバックアップする機能、ファイルをランダムな名前に変えてから出力する機能や、ソースファイルを復元できないように削除する機能 などもあり、シンプルな見た目の割りに中々高機能です。

使い方は以下の通り。

    日本語化
  1. まず、日本語ランゲージファイルをダウンロード します。
  2. ダウンロードした「japanese.zip」を 解凍 し、中に入っている「japanese.xml」を「Androsa FileProtector」のインストールフォルダ内にある「loc」フォルダ内にコピーします。
  3. 「afp.exe」を実行します。
  4. メニューバーの「Tools」→「Language」から「Languages Manager」を選択。
  5. 「Languages Manager」という画面が開きます。
    ここで「日本語」を選択し、右下の「OK」ボタンをクリックします。
    暗号化
  1. 暗号化したいファイルやフォルダを、中央のリストにドラッグ&ドロップします※4
    ※4 暗号化したいファイルやフォルダを右クリック →「Androsa FileProtector System」を選択してもOK。
  2. ツールバー上の レ ボタンを押します。
  3. 続いて「保護 / 復元 / SDK の作成」ボタンをクリックし、「保護 / 復元」を選択。
  4. 「保護の設定」というダイアログが表示されます。
    まず、ここの「一般」タブで
    • 暗号化の際に使用するアルゴリズム※5
    • パスワード※6
    を設定します。
    ※5 アルゴリズムの強度は、上にいくほど高くなる。
    ※6 「パスワードの検証」欄にも、同じパスワードを入力する。


  5. ▼ 以下の設定は、必要な場合のみ ▼

  6. 「詳細設定」タブを開きます。
    ここで、
    • 暗号化完了後に、元のファイルを削除するかどうか
    • 既に(同名の)暗号化ファイルが存在していた場合、上書き出力するかどうか
    • パスワードのヒント※7
    • 暗号化されたファイルを、自己解凍書庫にするかどうか
    といった設定を行っておきます。
    ※7 パスワードのヒントを設定しておくと、復号化時にそのヒントを表示できるようになる。
  7. 次に「セキュリティ」タブを開きます。
    ここで、
    • 暗号化ファイルの名前を、ランダムなものに変更するかどうか
    • 元のファイルの “ 更新日時 ” を維持するかどうか
    • ファイルの削除方法※8
    ... といったオプションを設定しておきます。
    ※8 元のファイルを削除する場合。


  8. ▲ 以上の設定は、必要な場合のみ ▲

  9. 設定が終わったら、右下の「保護」ボタンを押せばOK。
    ファイルの暗号化処理が実行されます。
    暗号化されたファイルは、元のファイルと同じディレクトリ内に出力されます。
    復号化
  1. 暗号化されたファイルをダブルクリックします※9
    ※9 もしくは、暗号化されたファイルを中央のリストにドラッグ&ドロップ → 「保護 / 復元 / SDK の作成」ボタンをクリックし、「保護 / 復元」を選択。
  2. 「ファイルの復元」というダイアログが表示されます。
    ここの「パスワード」欄に、暗号化時に設定しておいたパスワードを入力します。
    暗号化時にヒントを設定しておいた場合、 パスワードとヒントの表示 ボタンを押すことにより、そのヒントを確認することもできます。
  3. 必要であれば、「詳細設定」/「セキュリティ」タブ で各種設定を行います※10
    ※10 設定内容は、暗号化の時と同じ。
  4. 最後に、右下の「復元」ボタンをクリックすればOK。
    ファイルの復元処理が実行されます。
    復号化(自己解凍書庫)
  1. 暗号化されたファイルをダブルクリックします。
  2. 「Protection System」というダイアログが表示されます。
    ここの「Password」欄に、暗号化時に設定しておいたパスワードを入力します。
    暗号化時にヒントを設定しておいた場合、 パスワードとヒントの表示 ボタンを押すことにより、そのヒントを確認することもできます。
  3. 「OK」ボタンをクリック。
  4. パスワードが正しく入力された場合、ファイルをどこに解凍するのかを問う画面が表示されます。
    ここの「Extraction path」欄で解凍先のフォルダを指定し、右下の「Self-Decrypt」ボタンを押せばOK。
    ファイルの復号化処理が実行されます。

尚、暗号化されたファイルは、通常圧縮して出力されます。
この圧縮率は、メニューバーの「ツール」→「オプション」→「圧縮」から変更することができるようになっています。
(「圧縮をアクティブにする」のチェックを外すと、圧縮機能をOFF にすることができる)

そのほか、同オプション画面からは、デフォルトの動作設定などを変更することができたりします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の暗号化ソフト
 TrueCrypt

“ 暗号化された仮想ドライブ ” を作成できるようにするソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化仮想ドライブ作成ソフト

 アタッシェケース

高機能かつ使いやすいファイル暗号化ソフト

このソフトを利用するには、「.NET Framework 2.0」 をインストールしている必要があります。
Androsa FileProtector TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい音楽編集ソフト

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 Captura

デスクトップ上の動作風景を、MP4 / AVI / GIF 形式の動画ファイルとして録画してくれるソフト

 Mute Tab

現在開いているすべてのタブを、一括してミュートできるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 FolderTimeUpdate

フォルダの更新日時を、フォルダ内にある最新ファイルの更新日時に合わせることができるソフト

 Moly Cropping SearchChrome

画像・動画 等に写っている物体を、マウスドラッグで画像検索にかけられるようにする

 Snipaste

画面内の特定領域をキャプチャし、キャプチャ結果を付箋のように貼り付けておけるようにする

 TimeZonesView

世界各地の時刻を、リストに並べて一覧表示することができるソフト

 おすすめフリーソフト
 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 Pasteasy

パソコン ⇔ iPhone / iPad / Android 間で、クリップボードの中身を共有

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

スポンサードリンク

Androsa FileProtector を紹介しているページです