TruPax

TruPax の概要や使い方を紹介しています

TruPax を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

TrueCrypt / VeraCrypt 用の暗号化コンテナを、超簡単に作成!「TruPax」。

TruPax
制作者 TRUPAX.COM
対応 XP/Vista/7

Download

● TruPax

TrueCrypt / VeraCrypt 用の暗号化コンテナを、手っ取り早く作成してくれるソフト。
秘密のファイルやフォルダをドラッグ&ドロップ → パスワードを設定してボタンをクリックするだけで、「TrueCrypt」や「VeraCrypt」でしか開けない( = マウントできない)暗号化コンテナを一発生成してくれます。
作成するコンテナの空き容量を設定する機能や、中身が空の暗号化コンテナを作成する機能、コンテナのボリュームラベルを設定する機能 等が付いています。

「TruPax」は、TrueCrypt / VeraCrypt 用の暗号化コンテナ作成ツールです。
TrueCrypt や VeraCrypt に代わり※1、TrueCrypt / VeraCrypt 用の暗号化コンテナを一発生成してくれるソフトで、とにかく簡単に使えるところが最大の特徴。
※1 作成される暗号化コンテナは、UDF の “ TrueCrypt / VeraCrypt 標準ボリューム ” 。
(二重底ではない、普通の暗号化ボリューム)
暗号化アルゴリズムは AES で、ハッシュアルゴリズムは HMAC-SHA-512。
ちなみに、「TrueCrypt」や「VeraCrypt」をインストールしていなくても、暗号化コンテナを作成することができる。

いちいちTrueCrypt やVeraCrypt を起動させたり、冗長的なウィザードに従ったりしなくても、一画面のみのシンプルなインターフェース上で手っ取り早くコンテナ作成を行えるようにしてくれます。
コンテナ作成時には、中に入れるファイル / フォルダ を指定することができ※2、またボリュームラベルも設定できるようになっています。
※2 もちろん、空のコンテナファイルを作成することもできる。
隠しボリュームを作成したり、パスワードにキーファイルを指定したりすることはできませんが、この手軽さは中々便利だと思います。

使い方は以下のとおり。
「TruPax」を利用するには、「Java ランタイム」 が必要になります。

  1. 「trupaxgui.cmd」を実行します。
  2. 最初に「Please choose your language」という画面が表示されるので、「English」ボタンをクリックします。
  3. メイン画面が表示されます。
    暗号化コンテナの中に入れたいファイルやフォルダを、画面中央のリストにドラッグ&ドロップで追加します。
    (右上の「Add Files」「Add Folders」ボタンから、ファイルやフォルダを追加してもOK)
    中身が空のコンテナファイルを作成したい場合は、そのままにしておきます。
  4. 通常、作成されるコンテナファイルは、それ以上ファイルを追加できない状態で出力されます。
    もし、このようなギチギチ状態では困るという場合は、画面右側にある「Free Space」欄で、コンテナファイルの空き容量を指定しておきます※3
    ※3 空のコンテナファイルを作成する時は、ここで必要な空き容量を指定しておく。
    尚、ファイルサイズの単位は、 k / m / g といった形式で指定します※4
    ※4 100MB なら 100m 、1GB なら 1g 。
  5. 画面左下の「The size of the volume is going to be ~ 」というところで、出力されるコンテナのサイズを一応確認しておきます。
  6. 右下の「Label」欄に、これから作成するコンテナのボリュームラベル(名前)を入力します。
  7. 「VeraCrypt」用のコンテナファイルを作成したい時は、その下にある「For VeraCrypt」にチェックを入れておきます。
  8. その下にある「Make Volume」ボタンをクリックします。
  9. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がります。
    そのまま、コンテナファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  10. 続けて「Password Please」というダイアログが表示されます。
    ここで、このコンテナファイルにかけるパスワードを設定します。
    (上 / 下 段に、同じパスワードを入力すればよい)
  11. 最後に、右下の「Proceed」ボタンを押せばOK。
    コンテナファイルの生成が開始されます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の暗号化ソフト
 TrueCrypt

“ 暗号化された仮想ドライブ ” を作成できるようにするソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化仮想ドライブ作成ソフト

 アタッシェケース

高機能かつ使いやすいファイル暗号化ソフト

TruPax TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 LosslessCut

動画や音声ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

スポンサードリンク

TruPax を紹介しているページです