TruPax

TruPax の概要や使い方を紹介しています

TruPax を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

TrueCrypt / VeraCrypt 用の暗号化コンテナを、超簡単に作成!「TruPax」。

TruPax
制作者 TRUPAX.COM
対応 XP/Vista/7

Download

● TruPax

TrueCrypt / VeraCrypt 用の暗号化コンテナを、手っ取り早く作成してくれるソフト。
秘密のファイルやフォルダをドラッグ&ドロップ → パスワードを設定してボタンをクリックするだけで、「TrueCrypt」や「VeraCrypt」でしか開けない( = マウントできない)暗号化コンテナを一発生成してくれます。
作成するコンテナの空き容量を設定する機能や、中身が空の暗号化コンテナを作成する機能、コンテナのボリュームラベルを設定する機能 等が付いています。

「TruPax」は、TrueCrypt / VeraCrypt 用の暗号化コンテナ作成ツールです。
TrueCrypt や VeraCrypt に代わり※1、TrueCrypt / VeraCrypt 用の暗号化コンテナを一発生成してくれるソフトで、とにかく簡単に使えるところが最大の特徴。
※1 作成される暗号化コンテナは、UDF の “ TrueCrypt / VeraCrypt 標準ボリューム ” 。
(二重底ではない、普通の暗号化ボリューム)
暗号化アルゴリズムは AES で、ハッシュアルゴリズムは HMAC-SHA-512。
ちなみに、「TrueCrypt」や「VeraCrypt」をインストールしていなくても、暗号化コンテナを作成することができる。

いちいちTrueCrypt やVeraCrypt を起動させたり、冗長的なウィザードに従ったりしなくても、一画面のみのシンプルなインターフェース上で手っ取り早くコンテナ作成を行えるようにしてくれます。
コンテナ作成時には、中に入れるファイル / フォルダ を指定することができ※2、またボリュームラベルも設定できるようになっています。
※2 もちろん、空のコンテナファイルを作成することもできる。
隠しボリュームを作成したり、パスワードにキーファイルを指定したりすることはできませんが、この手軽さは中々便利だと思います。

使い方は以下のとおり。
「TruPax」を利用するには、「Java ランタイム」 が必要になります。

  1. 「trupaxgui.cmd」を実行します。
  2. 最初に「Please choose your language」という画面が表示されるので、「English」ボタンをクリックします。
  3. メイン画面が表示されます。
    暗号化コンテナの中に入れたいファイルやフォルダを、画面中央のリストにドラッグ&ドロップで追加します。
    (右上の「Add Files」「Add Folders」ボタンから、ファイルやフォルダを追加してもOK)
    中身が空のコンテナファイルを作成したい場合は、そのままにしておきます。
  4. 通常、作成されるコンテナファイルは、それ以上ファイルを追加できない状態で出力されます。
    もし、このようなギチギチ状態では困るという場合は、画面右側にある「Free Space」欄で、コンテナファイルの空き容量を指定しておきます※3
    ※3 空のコンテナファイルを作成する時は、ここで必要な空き容量を指定しておく。
    尚、ファイルサイズの単位は、 k / m / g といった形式で指定します※4
    ※4 100MB なら 100m 、1GB なら 1g 。
  5. 画面左下の「The size of the volume is going to be ~ 」というところで、出力されるコンテナのサイズを一応確認しておきます。
  6. 右下の「Label」欄に、これから作成するコンテナのボリュームラベル(名前)を入力します。
  7. 「VeraCrypt」用のコンテナファイルを作成したい時は、その下にある「For VeraCrypt」にチェックを入れておきます。
  8. その下にある「Make Volume」ボタンをクリックします。
  9. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がります。
    そのまま、コンテナファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  10. 続けて「Password Please」というダイアログが表示されます。
    ここで、このコンテナファイルにかけるパスワードを設定します。
    (上 / 下 段に、同じパスワードを入力すればよい)
  11. 最後に、右下の「Proceed」ボタンを押せばOK。
    コンテナファイルの生成が開始されます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の暗号化ソフト
 TrueCrypt

“ 暗号化された仮想ドライブ ” を作成できるようにするソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化仮想ドライブ作成ソフト

 アタッシェケース

高機能かつ使いやすいファイル暗号化ソフト

TruPax TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 FolderFileList

指定したディレクトリ内にあるファイルの一覧を、様々なフォーマットで作成できるようにするソフト

 Borderless Gaming

ゲーム等のウインドウを、“ ウインドウ枠なし&フルスクリーン表示化 ” できるようにする

 Yet another flagsChrome

現在開いているサイトのサーバーが、どこの国に存在するのか一目で確認できるようにする

 Gmail - Add Row Highlights

Gmail 上で、マウスカーソルの下にある行が、ハイライトして表示されるようにする Firefox アドオン

 AnimaPaper

各種動画ファイルを、“ 動く壁紙 ” としてデスクトップの背景に設定できるようにする

 VidCutter

各種動画ファイル内の特定場面を、無劣化で高速に切り出すことができるソフト

 おすすめフリーソフト
 Textify

選択&コピーできない場所のテキストを、選択&コピー可能な状態にしてくれる

 Pasteasy

パソコン ⇔ iPhone / iPad / Android 間で、クリップボードの中身を共有

 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

スポンサードリンク

TruPax を紹介しているページです