PREDATOR

PREDATOR の概要や使い方を紹介しています

PREDATOR を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

USB ドライブを使ってパソコンをロック!「PREDATOR」。

PREDATOR

● PREDATOR

USB ドライブを “ 鍵 ” にして、パソコンをロックできるようにするソフト。
特定のUSBドライブを " 鍵ドライブ " として設定することにより、それ以降 " 鍵ドライブ " の取り外しだけで
パソコンをロックできるようにします。
ロックの解除をパスワード入力で行う機能や、パスワードの誤入力が行われた時に警報を鳴らす機能...
などが付いています。

「PREDATOR」は、USB ドライブを使ってパソコンをロックできるようにするソフトです。
特定のUSB ドライブを " 鍵 " として設定し、この鍵ドライブの取り外しだけでパソコンをロックできるように
してくれます。
(ロック中は画面が暗転し、マウス / キーボード での操作が行えなくなる)
ロックの解除は鍵ドライブの接続だけで行えるほか、パスワード入力により行うこともできるようになっています。
間違って入力されたパスワードをログとして保存する機能や、パスワードの誤入力が行われた時に
WAVE ファイル / ビープ音 を鳴らす機能 も付いています。

使い方は以下の通り。

    設定
  1. まず、鍵にしたいUSB ドライブをパソコンに接続します。
  2. 「Predator.exe」を実行します。
    • Before using this program you must define a password ~
    という ダイアログ が表示されるので、「OK」ボタンをクリック。
  3. 少し待つと、設定画面が表示されます。

  4. Monitoring
  5. 最初に、上の方にある「Read Interval」欄で、パソコンのモニタリング間隔※1 を設定します。
    (単位は秒)
    ※1 鍵とするUSB ドライブが、パソコンに接続されているかどうかを監視する間隔。
  6. パソコンをロックしている間は、画面を暗くすることができます。
    通常は画面が真っ暗になりますが、「Screen darkness」欄の数値を変更することで、ロック時の
    画面明度を調整できるようになっています。
    (「Screen darkness」の数値が大きいほど、ロック中の画面は暗くなります)。

  7. Alarm
  8. パスワードの誤入力が行われた時に、警報音を鳴らすこともできたりします。
    誤入力が行われた時に音を鳴らしたい場合は、「Play sound file」欄で鳴らすWAVE ファイルを
    指定しておくか、「Beep system speaker」(ビープ音)にチェックを入れておきます。
  9. 必要であれば、「Count」欄で音の再生回数を指定しておきます。
    音を鳴らしたくない場合は、ここの数値を 0 にしておきます。
  10. パスワードの誤入力が行われると、通常 アクセス拒否画面 が表示されます。
    もしこの画面を表示させたくない場合は、「Access Denied Screen」のチェックを外しておきます。

  11. Password
  12. 下部の「New Password」欄に、ロックを解除するためのパスワードを入力します※2
    ※2 通常、ロックの解除は鍵ドライブの接続により行うが、パスワード入力で解除を行うことも
    できるようになっている。
    一度設定したパスワードを変更する時は、「Current Password」欄に現在のパスワードを入力し、
    「New Password」欄に新しいパスワードを入力する。

    ちなみに、パスワードは6 文字以上である必要があります。
    また、大文字 / 小文字 は区別されます。

  13. Flash Drive
  14. Create key on Drive」欄で鍵とするUSB ドライブを選択し、「Create Key」ボタンをクリック。
  15. USB ドライブの中に、「Predator.ctl」というファイルが生成されているかどうか一応確認します。

  16. 設定完了 ~ 監視開始
  17. 右上にある「OK」ボタンをクリックします。
    • Predator must be restarted manually now.
      Click Ok and restart Predator.
    という ダイアログ が表示されるので、「OK」ボタンをクリック。
  18. すると、「Predator」が自動で終了するので、再度「Predator.exe」を実行します。
  19. “ パソコンに鍵ドライブが接続されているかどうか ” の監視が始まります※3
    (パソコン監視中は、タスクトレイアイコンが微妙にアニメーションします)
    ※3 監視を一時停止させたい時は、タスクトレイアイコンを右クリック →「Pause monitoring」を
    選択。
    (再開する時は、「Resume monitoring」を選択)

    設定画面を表示させたい時は、タスクトレイアイコンを右クリック →「Preferences」を選択します。
    パソコンのロック
  1. パソコンをロックしたい場面で、USB ドライブを取り外します※4
    ※4 「PREDATOR」のアイコンが赤く表示されている時は、少し待つ。
    (鍵ファイル「Predator.ctl」のアップデートが行われている)
  2. 「PREDATOR」が鍵ドライブの取り外しを検知すると、直ちにパソコンがロック状態になります。
    ロック解除
  1. 鍵となるUSB ドライブをパソコンに接続すると、ロック状態は解除されます。
    また、下記のような方法でも、ロック状態を解除することはできたりします。
    1. 適当に3 回キータイプしてみます。
    2. すると、パスワード入力フォームが表示されます。
    3. あとは、設定画面で設定しておいたパスワードを入力すればOK。
      ロック状態が解除されます※5
      ※5 パスワードでロックを解除すると、復帰時に「PREDATOR」の監視が一時停止に
      なる。
      (ドライブ接続で解除した場合は、一時停止にならない)

      尚、パスワードを3 回続けて誤入力してしまうと、以降は鍵ドライブの接続でしかロックを
      解除できなくなるので注意。

トップセキュリティソフトパソコン ロック PREDATOR TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 LAV Filters
ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Mp3tag
高機能かつ使いやすいタグエディタ

 AviUtl
高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 SpeedyFox
Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Windows Live ムービーメーカー
高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Avidemux
多形式に対応した動画編集ソフト

 新着フリーソフト
 dhIMG Instagram
特定のInstagram ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード
 dhIMG Twitter
特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード
 Batch Video To Audio Extractor
各種動画ファイルの音声部分を、WAVE / MP3 / WMA / FLAC / OGG 等として抽出
 Cloud Explorer
Dropbox / Google ドライブ / OneDrive / Box / Facebook 内のファイルを、一元的に管理できる
 Chameleon
壁紙 / 天候 / バッテリー 等の情報に合わせて、ウインドウの配色を変えてくれる
 Dropbox (クライアント)
PC 内の特定フォルダと Dropbox の内容が、常に同じになるように同期を行ってくれる
スポンサード リンク

PREDATOR を紹介しているページです