TitleKiller

TitleKiller の概要や使い方を紹介しています

TitleKiller を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

特定の文字列で始まるウインドウを、自動で終了させる!「TitleKiller」。

TitleKiller
制作者 遙寅
対応 98/XP/Vista

Download

● TitleKiller

特定の文字列で始まるウインドウを、自動で終了させることができるソフト。
システムをリアルタイムに監視し、ウインドウタイトルが特定の文字列で始まるものを検知すると、そのウインドウを自動的に閉じてくれます。

「TitleKiller」は、特定の文字列で始まるウインドウを、自動的に閉じてくれるソフトです。
タスクトレイに常駐して全てのアプリケーションをリアルタイムに監視し、ウインドウタイトルが特定の文字列で始まるものを検知すると、そのウインドウを自動的に閉じてくれます。
(強制終了ではない模様)
終了の基準となる “ 特定の文字列 ” は複数指定することができ、またいつでも自由に編集することができます。
実行させたくないアプリケーションがある場合や、ポップアップウインドウを阻止したい時などに便利。

使い方は以下の通りです。

  1. まず最初に、「TitleKiller.ini」を、メモ帳などの テキストエディタ で開きます。
  2. すると、終了の基準となるウインドウタイトルが一覧表示されます。
    このリストの一番下の行から、終了させたいウインドウのタイトルを1 行ずつ書いていきます。
    タイトルは途中まで記述すればOK ですが、誤認識を避けるためにも、ある程度は長めに書いておいた方がよいでしょう。
    デフォルトで登録されているウインドウタイトルは、削除してしまってもOK です。
  3. 「TitleKiller.exe」を実行します。
  4. 基本的にはこれでOK です。
    以降、「TitleKiller.ini」に記述された文字列で始まるウインドウを「TitleKiller」が感知すると、該当のウインドウを即座に終了してくれるようになります。

ちなみに、タスクトレイ上のアイコンを右クリック →「設定ファイルに追加」を選択することで、現在デスクトップ上に開いているウインドウ一覧からウインドウタイトルを取得することができるほか、「設定ファイルの編集」を選択することで、「TitleKiller.ini」を直接編集することもできたりします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
TitleKiller TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 GIMP

超高機能なペイントソフト

 Net Disabler

インターネット通信や LAN 内の通信を、一時的に無効化できるようにするソフト

 Tab Revolution

全画面表示の際に、マウスオーバーでタブバー&アドレスバー を表示できるようにする Chrome 拡張

 TC4Shell

アーカイブ / イメージファイル / 実行ファイル 等を、フォルダのような感覚で開けるようにする

 Twitter自動画像拡大フィルタ

Twitter の画像を、ブラウザの横幅や高さに合わせて拡大表示できるようにする Chrome & Firefox 拡張

 Video Clip QuickTool

各種動画ファイルを、カット / リサイズ / クロップ / 回転 / 反転 / 音量調整 することができる

 Paste As File

クリップボード内のテキストや画像を、右クリックメニューからファイルとして保存可能にする

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

TitleKiller を紹介しているページです