TitleKiller

TitleKiller の概要や使い方を紹介しています

TitleKiller を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

特定の文字列で始まるウインドウを、自動で終了させる!「TitleKiller」。

TitleKiller
制作者 遙寅
対応 98/XP/Vista

Download

● TitleKiller

特定の文字列で始まるウインドウを、自動で終了させることができるソフト。
システムをリアルタイムに監視し、ウインドウタイトルが特定の文字列で始まるものを検知すると、そのウインドウを自動的に閉じてくれます。

「TitleKiller」は、特定の文字列で始まるウインドウを、自動的に閉じてくれるソフトです。
タスクトレイに常駐して全てのアプリケーションをリアルタイムに監視し、ウインドウタイトルが特定の文字列で始まるものを検知すると、そのウインドウを自動的に閉じてくれます。
(強制終了ではない模様)
終了の基準となる “ 特定の文字列 ” は複数指定することができ、またいつでも自由に編集することができます。
実行させたくないアプリケーションがある場合や、ポップアップウインドウを阻止したい時などに便利。

使い方は以下の通りです。

  1. まず最初に、「TitleKiller.ini」を、メモ帳などの テキストエディタ で開きます。
  2. すると、終了の基準となるウインドウタイトルが一覧表示されます。
    このリストの一番下の行から、終了させたいウインドウのタイトルを1 行ずつ書いていきます。
    タイトルは途中まで記述すればOK ですが、誤認識を避けるためにも、ある程度は長めに書いておいた方がよいでしょう。
    デフォルトで登録されているウインドウタイトルは、削除してしまってもOK です。
  3. 「TitleKiller.exe」を実行します。
  4. 基本的にはこれでOK です。
    以降、「TitleKiller.ini」に記述された文字列で始まるウインドウを「TitleKiller」が感知すると、該当のウインドウを即座に終了してくれるようになります。

ちなみに、タスクトレイ上のアイコンを右クリック →「設定ファイルに追加」を選択することで、現在デスクトップ上に開いているウインドウ一覧からウインドウタイトルを取得することができるほか、「設定ファイルの編集」を選択することで、「TitleKiller.ini」を直接編集することもできたりします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
TitleKiller TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 おすすめフリーソフト
 Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール

 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

スポンサードリンク

TitleKiller を紹介しているページです