Ivideon Server

Ivideon Server の概要や使い方を紹介しています

Ivideon Server を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Web カメラを、監視カメラ化する!「Ivideon Server」。

Ivideon Server

● Ivideon Server

Web カメラの映像を、インターネット経由で視聴できるようにする監視カメラツール。
PC に接続されたWeb カメラの映像&音声 を、出先のパソコンやスマートフォン上から視聴できるようにしてくれます。
カメラ映像を録画する機能 (常時 / 動きがあった時のみ / スケジュールに従って) や、映像を第三者に公開する機能、動きがあった時にメール通知する機能... 等々が付いています。

「Ivideon Server」は、Web カメラを監視カメラ化してくれるソフトです。
Web カメラに映し出された映像&音声 を、

からリアルタイム※1 に視聴できるようにする... というWeb カメラサーバー化ツールで、自宅や重要な場所の様子をどこからでも監視できるようにしてくれます。
※1 数秒は遅延する模様。
尚、音声の配信は任意。

監視するデバイスは複数台指定することができ、また配信映像は録画することも可能となっています※2
※2 動きがあった場面だけを録画するようにしたり、スケジュールに従って録画したりすることができる。
容量は食うが、常時録画を行うこともできる。

配信中の映像は、第三者と共有することもできたりするので、利用用途は割りと幅広いと思います。

使い方は以下のとおり。

    Ivideon アカウントの作成
  1. アカウント作成ページ を開きます。
  2. 画面左側にある「Create an account」欄に、
    • Email - ログインの際に使用する E メールアドレス
    • Password - ログインの際に使用するパスワード
    • Confirm password - 同じパスワードをもう一度(確認用)
    を入力し、「Sign Up」ボタンをクリック。
  3. 自動的に、カメラの管理画面に切り替わります。
    この管理画面は一旦置いておいて、「Ivideon Server」のインストールを行います。
    (管理画面は閉じてしまってもOK です)
    尚、「Ivideon Server」は、Windows サービスとしてもインストールできるようになっています※3
    ※3 サービスとしてインストールすると、Windows 起動時に自動で映像配信が行われるようになる。
    サービスとしてインストールする場合は、下記のような操作を行ってください。
    1. インストール途中の 「Choose Components」という画面 で、「Install as Service」にチェックを入れておきます。
      (後は、普通にインストールを行ってOK です)
    2. インストールが完了したら、ホットキー “「Win」キー +「R」キー ” を押すなどして「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、 services.msc と入力 →「OK」ボタンをクリック.
    3. Windows サービスの管理画面を表示されます。
      この中から「Ivideon Video Surveillance Service」を探し、右クリック →「プロパティ」を選択。
    4. 「Ivideon Video Surveillance Service」のプロパティ画面 が表示されます。
      あとは、「スタートアップの種類」欄で「自動」を選択 → 画面下部の「OK」ボタンをクリックすれば操作完了です。
    インストール後の初期設定
    ここで行う設定は、後から変更することができます。
  1. インストールが完了すると、「Ivideon Registration」という画面 が立ち上がります。
    ここで
    • I already have an Ivideon account and want to attach this server to it
    にチェックを入れ、右下の「Next」ボタンをクリック。
  2. 次に 「Attach Server to Ivideon Account」という画面 が表示されます。
    ここの「Email」欄に登録時のメールアドレスを入力し、「Server Name」欄に適当なサーバー名を入力 → 右下の「Attach」ボタンをクリックします。
  3. 続いて、「Setup Cameras for Video Surveilance」という画面 が表示されます。
    ここで、監視カメラとして使う Web カメラにチェックを入れ、右下の「Next」ボタンをクリックします。
    尚、デフォルトでは、
    • Web カメラの音声は拾わない
    • 録画は、動きが検出された時のみ行う
    という設定になっているようです。
    もし設定変更を行いたい場合は、カメラを選択 → 右側にある「Modify」ボタンをクリックし、適宜設定変更を行っておきます。
    行える設定には、下記のようなものがあります
    • Microphone - 拾う音声デバイス
      Recording Settings
      このオプションは、「Show Advanced Settings」をクリックすると表示される
    • Don't record video from this camera - 録画を行わない
    • Record video continuosly - 常に録画を行う
    • Record video by motion detection - 動きが検知された時のみ録画を行う※4
    • Record video by schedule - スケジュールに従って録画を行う※5
    設定が終わったら、右下の「OK」ボタンをクリックします。
    ※4 「Motion Detector Settings」ボタンをクリックすることで、動き検出の精度を設定 することもできる。
    ※5 「Schedule Settings」ボタンをクリックすることで、スケジュール設定を行うことができる
    動き検出機能を使って録画を行いたい時間帯は、緑のコマで塗りつぶす。
    常に録画を行いたい時間帯は赤いコマで、録画を行わない時間帯は白で塗りつぶす。
  4. カメラの設定が終わると、録画データの保存先選択画面 が表示されます。
    データの保存先フォルダを変更したい場合は、右端にある ... をクリック → フォルダの選択を行っておきます。
    (録画を行わない場合は、「Archive」のチェックを外す)
    ついでに「Size Limit」欄で、録画データの最大保存容量も決めておきます。
  5. 最後に、「Setup Ivideon Server Startup」という画面 が表示されます。
    ここで
    • Start Ivideon Server at logon
      Windows 起動時に、Ivideon Server を自動で起動させる
    • Start broadcasting at program startup
      このウィザード終了後に、カメラ映像の配信を自動で開始する(監視カメラ化する)
    • Log in to your Ivideon account to view your cameras
      初期設定終了後に、Ivideon のログインページ を開く
    といったオプションの ON / OFF を切り替え、右下にある「Finish」ボタンをクリックします。
    監視カメラを ON にする -(Web カメラの映像を配信する)
  1. 「Ivideon Server」を起動させます。
  2. カメラ映像を配信したくなったら、ツールバー上にある Start ボタンをクリックします。
    初期設定時に「Start broadcasting at program startup」を ON にしていた場合は、「Ivideon Server」の起動と同時に配信が開始されます。
  3. 映像の配信を停止させる時は、ツールバー上の Stop ボタンをクリックします。
    ブラウザを使い、Web カメラの映像を見る
  1. Ivideon のログインページ を開き※6、登録しておいたメールアドレス&パスワード を入力 → 「Log in」ボタンをクリックします。
    ※6 「Ivideon Server」のツールバー上にある Account ボタンをクリックすることでも、ログインページを開くことはできる。
  2. すると、監視カメラ化しているカメラの管理画面 が表示されます。
    ここに表示されたプレイヤーをクリック。
    各プレイヤーの下部にはカメラ名が表示されているので、どれがどのカメラ映像なのかはわかると思います。
  3. 選択されたカメラの映像が ストリーム再生されます
    プレイヤーの下部にはタイムラインがあり、録画データがある場合は その部分が青く表示されます
    この青く塗られた部分をクリックすることで、録画データの再生を行えるようになっています。
    ちなみに、タイムライン上でマウスホイールを回転させると、タイムラインの拡大・縮小 を行うことができます。
    現在のライブ映像に戻る時は、タイムライン上で現在の時刻をクリックするか、プレイヤーの左下にある live ボタンをクリックします。
  4. その他、右下にある Fullscreen ボタンをクリックすることで、フルスクリーン再生を行うことができます。
    加えて HI をクリックすることで、映像品質を調整できるようになっています。
    ( HI / MID / LOW のいずれか)

  5. カメラ映像を共有する
  6. プレイヤーの右下にある Share ボタンをクリックすることで、カメラ映像を第三者と共有できるようになります※7
    ※7 初回のみ 確認ダイアログ が表示されるので、「Open public access」ボタンをクリックする。
    共有方法は二つあり、一つは プレイヤーへのリンクを生成 &それを第三者に教える方法。
    もう一つは、カメラ映像の 埋め込みプレイヤーを生成 し、それをWeb サイト等に貼り付ける方法。
    どちらも、 Share ボタンをクリックするだけで生成できるようになっています※8
    ※8 埋め込みプレイヤーのHTML コードは、「Embed this video」ボタンをクリックすることで取得することができる。
  7. 共有を停止したくなったら、 Share ボタンをクリック → 左下にある Disable public access to this video ボタンをクリックします。

  8. 録画されたデータを、動画ファイルとして保存
  9. 録画データを動画として保存したい場合は、プレイヤーの下部にある live ボタンをクリック。
  10. すると、タイムライン上を 範囲選択できる状態になります
    この状態で、保存したい場面を範囲選択します。
    (オレンジの ◯ で囲む)
  11. 範囲選択が終わったら、画面下部にある live ボタンをクリックします。
    (保存をキャンセルする場合は、 live ボタンをクリック)
  12. データの変換処理が開始されます。
    処理の進捗状況は、画面上部にあるメニュー「Archive Export」から 確認することができます
  13. 変換処理が完了したら、動画を ダウンロードできるようになっています
    (動画の保存も、「Archive Export」画面で行う)
    スマートフォンから視聴する
    下記は、Android 端末を使用した例です。
  1. Ivideon ビデオ監視 をインストールし、実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    まず、下部にある「Sign In」ボタンをタップします。
  3. サインイン画面 が表示されるので、Ivideon アカウントのメールアドレス&パスワード を入力し、「Sign in」ボタンをタップ。
  4. 続いて、カメラの管理画面 が表示されます。
    ここで、カメラサーバーをタップ → 視聴したいカメラをタップ します。
  5. すると、カメラ映像を視聴することができます
    Ivideon Server の設定を変更
  1. カメラ映像が配信中である場合は、一旦停止させます。
  2. メニューバー上の「General」から「Settings」を選択します※9
    (カメラの個別設定を行う時は、カメラ名を右クリック →「Settings」を選択)
    ※9 初期設定の時と同じようにウィザードを使いたい場合は、「General」→「Setup wizard」を選択する。
  3. 設定画面 が表示されます。
    インストールしている「Ivideon Server」に関連付ける Ivideon アカウントを変更したい場合は、「Attach server to another account」ボタンをクリック → 別アカウントの E メールアドレス&サーバー名 を入力し、「Attach」ボタンをクリックします。
    その他、
    • Archive - 映像の録画を行う
    • Path - 録画データの保存先フォルダ
    • Size - 録画データの最大容量
    • Start Ivideon Server at logon - Windows 起動時に、Ivideon Server を起動させる
    • Notify about updates - アップデートを通知する
    といったオプションの設定を行っておきます。
  4. 「Local View」タブ では、デスクトップクライアントで視聴する際のパスワードを設定できるようになっています※10
    ※10 クライアントでは、インターネット経由 / LAN 経由 で視聴を行えるようになっている。
    ここのパスワードは、LAN 経由で視聴する際に必要とするパスワードのこと。
    (インターネット経由で視聴する場合は、Ivideon アカウントのパスワードが必要になる)

    もし、パスワードの設定を行いたい場合は、「Local View」にチェック →「Set Password」ボタンをクリックし、パスワード設定を行っておきます。
  5. 「Advanced」タブ では、
    • HTTP Proxy - 通信の際に通すプロキシ
    • Webcams Recording Settings - 録画データの品質
    • Motion Detector - 動き検出の精度
    • Enable encryption when communicating over the Internet - 暗号化の有無
    といったオプションの設定を行うことができます。

そのほか、Ivideon のサイト を開き、上部にあるメニュー「My Tariff」から、メール通知等の設定を行えるようになっています※11
※11 カメラがオフラインになった時 / カメラ映像に動きがあった時 に、メール通知させることができる。
(「Status notifications」や 「Motion notifications」を「email」にし、上部の「Save」ボタンをクリック)

私は試していませんが、録画データをIvideon のサーバーに保存するサービスもあるようです。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Ivideon Server TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Mouse without Borders

マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 MyPaint

ユニークなブラシを多数揃えたお絵かきソフト

 Pasteasy

パソコン ⇔ iPhone / iPad / Android 間で、クリップボードの中身を共有

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

スポンサードリンク

Ivideon Server を紹介しているページです