EasyCleaner

EasyCleaner の概要や使い方を紹介しています

EasyCleaner を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

総合的な機能を持ったシステムクリーナー!「EasyCleaner」。

EasyCleaner
制作者 ToniArts
対応 98/Me/NT/2000/XP

Download (files/EClea )

● EasyCleaner

総合的な機能を備えたシステムクリーナー。
無効なレジストリエントリ、bak / old 等のゴミファイル、インターネットの一時ファイル / 履歴 / クッキー、
一時ファイル、無効なショートカット、重複ファイル、“ 最近使ったファイル ” の一覧... などを、簡単な操作で
検出&クリア することができます。
不要なアプリケーション / スタートアップアイテム を削除する機能も付いています。

「EasyCleaner」は、包括的な機能を備えたシステムクリーナーです。
ハードディスク内に存在するゴミファイルを一掃し、パソコンを快適に使えるようにするお掃除ソフトで、
非常に多くの機能を搭載しているところが最大の特徴。
実際に行える操作には、次のようなものがあります。

  • 無効なレジストリエントリ※1 の検出&削除
  • 重複ファイルの検出&削除
  • bak / old などのゴミファイルや、テンポラリファイル (一時ファイル) の検出&削除
  • 無効なショートカットの検出&削除
  • インターネットの一時ファイル削除
  • IE のクッキー削除
  • IE の履歴削除
  • MRU※2 の削除
※1 ソフトをアンインストールした時に、きちんと削除されずに残ってしまったレジストリデータのこと。
※2 スタートメニュー内の「最近使ったファイル」。
各種操作を行う際には、削除するアイテムを個別に選択することができ※3、また行った処理の内容を
アンドゥする ( = 元に戻す) ことも可能となっています。
(検出されたアイテムを、一発でクリアすることもできる)
※3 IE の一時ファイル / クッキー / 履歴、MRU に関しては、削除するアイテムを個別に選択することが
できない。
(アイテムが一発で全クリアされる)

そのほか、インストールプログラムのアンインストール※4、不要なスタートアップアイテムの削除.. といった
クリーンアップ機能も付いていたりします。
※4 アンインストールしたのに、「プログラムの追加と削除」に項目が残ってしまったアプリケーションを、
削除する機能もある。

使い方は以下の通り。

  1. 「EasyClea.exe」を実行します。
    OS がVista / 7 の場合は、「EasyClea.exe」を管理者として実行 できるようにしておいた方が
    無難かもしれません。
  2. 初回起動時のみ 「Choose language」という画面 が表示されるので、「Japanese」を選択して
    「OK」ボタンをクリックします。
  3. メイン画面が表示されます。

  4. レジストリ内のゴミデータを削除
  5. メイン画面上で、「レジストリ」ボタンをクリックします。
  6. 左下にある「検索」ボタンをクリック。
  7. 無効なレジストリエントリの検索が始まるので、じっくりと待ちます。
  8. スキャンが完了すると、検出されたアイテムが ルート / レジストリキー / 修正日時 / 文字列 /
    パス参照 といった情報ごとに カラム分けして表示されます※5
    ※5 検出されたアイテムは、各カラムごとにソート(並べ替え)することができる。
    この中から削除したい項目を選択し、画面下部の「削除」ボタンをクリックします。
  9. 「削除してもよろしいですか?」というダイアログが表示されるので、「Yes」ボタンをクリック。
  10. これで作業は完了です。

  11. インストールプログラムのアンインストール
  12. メイン画面上で「追加 / 削除」ボタンをクリックします。
  13. 現在システムにインストールされているアプリケーションが、リスト表示されます。
    この中からアンインストールしたいアイテムを選択し、画面下部の「アンインストール」ボタンを
    クリックします。
  14. 「アンインストールしてもよろしいですか?」というダイアログが表示されるので、「Yes」を選択。
  15. 選択アイテムのアンイストールが実行されます。
  16. もし、アンインストールしたのに項目が消えていないものがある場合、該当のアプリケーションを
    選択 → 下部の「削除」ボタンをクリックします。

  17. 重複ファイルの検出&削除
  18. メイン画面上で「重複ファイル」ボタンをクリックします。
  19. 画面左上の欄で、スキャン対象とするドライブを選択状態にしておきます。
    (複数選択可)
    任意のドライブをダブルクリックすることで、ドライブ内のフォルダを指定できたりもします。
  20. 右上の「検索」欄で、検索対象として指定したいファイルを ワイルドカード で指定します※6
    ※6 デフォルトの *.* は、「全てのファイル」を意味する。
    条件を複数指定したい場合は、それぞれを半角カンマで区切る。
    例) *.jpg,*.gif

    必要であれば、「スキップ」欄にスキップするファイルやフォルダの名前(あるいはその一部)を
    入力しておきます。
  21. 右上にある「検索」ボタンをクリック。
  22. 重複ファイルの検索処理が開始されるので、じっくりと待ちます。
  23. スキャンが完了すると、検出された重複ファイルが グループごとに対になってリスト表示されます
    それぞれのアイテムは、ダブルクリックすることにより (関連付けソフトで) 開けるようになって
    います。
    加えて、ファイルは 名前 / サイズ / 種類 / 修正日時 / CRC といった情報ごとに、ソートすることも
    可能となっています。
  24. あとは、削除したいアイテムを選択し、画面下部の「削除」ボタンを押せばOK。
    「削除してもよろしいですか?」というダイアログが表示されるので、「Yes」ボタンをクリックします。

  25. bak / old などのゴミファイルや、テンポラリファイルを削除
  26. メイン画面上で「不要ファイル」ボタンをクリックします。
  27. 画面左上の欄で、スキャン対象とするドライブを選択状態にしておきます。
    (複数選択可)
  28. 中央の欄で、検索対象とする項目にチェックを入れておきます。
    「通常タイプ」は
      *.tmp, ~*.*, *.~*, *.?~?, *.aps, *.bak, *.bk?, *.bsc, *.dmp, *.ilk, *.pch, *.rws, *.sbr,
      backup*.wbk, *.$$$, *.ncb, *.~mp, *.old, *.da0, *.chk.
    を、「拡張タイプ」は
      *.fts, *.gid, *.mtx, *.nch, *.ftg, *.$db, *.db$.
    を意味しているようです。
  29. 必要であれば、右上の「検索」欄で、さらに検索対象としておきたいファイルを ワイルドカード
    指定します。
    (条件を複数指定する場合は、それぞれを半角カンマで区切る)
    下の「スキップ」欄で、スキップするファイルやフォルダの名前(あるいはその一部)を指定して
    おいてもよいでしょう。
  30. 右上の「検索」ボタンをクリック。
  31. 不要ファイルの検索処理が開始されるので、じっくりと待ちます。
  32. スキャンが完了すると、検出された不要ファイルがリスト表示されます※7
    ※7 検出されたファイルは、名前 / サイズ / 種類 / 修正日時 といった情報ごとに、ソートすることも
    できる。

    あとは、削除したいアイテムを選択し、下部の「削除」ボタンを押せばOK。
    「削除してもよろしいですか?」というダイアログが表示されるので、「Yes」ボタンをクリックします。

  33. 無効なショートカットの検出
  34. メイン画面上で「ショートカット」ボタンをクリックします。
  35. 画面左下にある「検索」ボタンをクリック。
  36. 無効なショートカットの検索処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  37. スキャンが完了すると、検出されたアイテム(の入っているフォルダ)が、ツリー形式で
    表示されます※8
    ※8 空フォルダも検出される。
    (名前に * が付いているものが、空フォルダ)

    あとは、削除したいアイテムを選択し、下部の「削除」ボタンを押せばOK。
    「削除してもよろしいですか?」というダイアログが表示されるので、「Yes」ボタンをクリックします。

  38. 不要なスタートアップアイテムの削除
  39. メイン画面上で「スタートアップ」ボタンをクリックします。
  40. スタートアップアイテムが リスト表示されます※9
    ※9 各アイテムの物理的な場所(登録場所)、起動コマンド を確認することも可能。
    この中から、削除したいものを選択 → 下部の「削除」ボタンを押します。
  41. 「削除してもよろしいですか?」というダイアログが表示されるので、「Yes」ボタンを押せば
    削除完了。
    その他の機能
    • ファイル削除(インターネットの一時ファイル削除)
    • クッキー削除
    • 履歴削除
    • MRU
    に関しては、処理をワンクリックで行えるようになっています※10
    ※10 「ファイル削除」「クッキー削除」「履歴削除」は、ブラウザを閉じた状態で実行する。
  1. 尚、「レジストリ」「追加 / 削除」「重複ファイル」「不要ファイル」「スタートアップ」といった
    機能により検出されたファイルの一覧は、印刷 / HTML ファイルとして保存 することもできたりします。

ちなみに、レジストリ削除にはアンドゥ機能が付いているので、間違えて消去してしまった場合でも元の
状態に戻せるようになっています。
その他の項目に関しても、「削除」されたアイテムはごみ箱に送られるので、不具合が起きた場合でも
元に戻すことができます。
(「オプション」→「不要ファイル」から、ごみ箱を通さないようにすることも可能)

トップシステム不要ファイル削除 EasyCleaner TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 ffdshow
各種動画ファイルを再生できるようにするソフト

 Media Player Classic Homecinema
高機能なマルメディアプレイヤー

 Orchis
シンプルで使いやすいランチャー

 Domino
高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 SoundEngine
高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Hekasoft Backup & Restore
超シンプルなブラウザ設定バックアップソフト

 新着フリーソフト
 avast! Free Antivirus 10
豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス
 Metascan Online
指定したファイルを、40 種類のアンチウイルスで一括スキャン
 Trimless for Google MailTM
Gmail で「…」となって短縮される部分が、短縮されないようにするFirefox アドオン
 Air Explorer
様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面型のファイラー
 AeroFS
指定したフォルダ内のファイルを、別のデバイス内の特定フォルダと同期
 Drag image To SaveChrome
ウェブページ上の画像を、ドラッグ&ドロップで保存できるようにする
スポンサード リンク
EasyCleaner を紹介しているページです