UltraDefrag

UltraDefrag の概要や使い方を紹介しています

UltraDefrag を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

シンプルだけど強力なデフラグツール!「UltraDefrag」。

UltraDefrag
制作者 Dmitri Arkhangelski / Justin Dearing
対応 NT/2000/XP/Vista/7/8

Download (インストーラー)
Download (ポータブル)
Download (ミラー)

● UltraDefrag

シンプルながらも強力なデフラグツール。
ディスクの断片化状況をグラフィカルに表示する機能や、断片化しているファイルのみをデフラグする機能、MFT をデフラグする機能、2 種類のディスク最適化機能(高速 / 完全)、デフラグしたファイルをディスクの先頭へ移動させる機能、OS の起動前にデフラグを自動で実行する “ ブートタイムデフラグ ” 、ファイル / フォルダ / ドライブ を、右クリックメニューからデフラグできるようにする機能... などが付いています。

「UltraDefrag」は、シンプルながらも強力なデフラグツールです。
すっきりとコンパクトにまとめられたインターフェースが特徴的なソフトで、シンプルでありながらも

  • システムファイル / レジストリ / ページファイル もデフラグできる “ ブートタイムデフラグ ”
  • MFT のデフラグ (XP 以降)
  • ファイルを、ディスクの先頭へ再配置
  • 断片化状況を、クラスタマップで表示※1
  • 右クリックメニューからのデフラグ
... 等々、必要十分な機能を備えていて実用性が高かったりします。
※1 HTML レポートとして表示することも可能。
シンプルな見た目の通り操作は簡単に行うことができ、煩わしい設定なども一切不要。
最適化※2 の方法は二種類(迅速 / 完全)の中から選べるようになっているため、結構柔軟に使うことができると思います。
※2 断片化しているファイルを連続化 → 断片化が解消したファイルを、ディスクの先頭へ再配置する。
(と同時に、空き領域を連続化させ、ディスクの後方へ再配置する)
単純に、“ 断片化しているファイルを連続化させるだけ ” の処理を行うこともできる。

使い方は以下の通り。

    インストール
    ポータブル版では、右クリックメニューからのデフラグ機能を使うことができません。
    ついでに、ポータブル版を使う場合で日本語化されていない時は、最初にメニューバー上の「Settings」→ 「Language」から、「Japanese」を選択しておいてください。
  1. インストールは通常どおり行えばOK ですが、一応 「Choose Components」という画面 で、インストールするコンポーネントを選択できるようになっています。
    インストールの可否を選択できるコンポーネントには、次のようなものがあります。
    • Interfaces
      • Boot - ブートタイムデフラグコンポーネント
      • Console - コマンドラインインターフェース
      • GUI - GUI インターフェース
    • Documentation - ヘルプファイル
    • Context menu handler - 右クリックメニューからのデフラグ機能
    • Shortcuts
      • Start Menu icon - スタートメニュー内にショートカットを作成
      • Desktop icon - デスクトップ上にショートカットを作成
      • Quick Launch icon - クイックランチ内にショートカットを作成
    • Turn off usage tracking - 使用状況のトラッキングを無効化する
    「Shortcuts」以外のアイテムは全てチェックを推奨しますが、不要なものがあればチェックを外しておいてもよいでしょう。
    実際に使う
  1. 「UltraDefrag」を実行します。
  2. 画面上部に、現在認識されているドライブがリスト表示されます。
    この中から、デフラグしたいドライブを選択状態にします。
    (複数選択可)
  3. デフォルトでは、最適化時にファイルがパス順に並び替えられます。
    並べ方を指定したい場合は、メニューバー上の 「設定」→「並べ替え」 から
    • サイズ - サイズ順に並べる
    • 作成日 - 作成日時順に並べる
    • 最終更新日時 - 更新日時順に並べる
    • 最終アクセス日時 - 最終アクセス日時順に並べる
    に変更しておきます。
    必要であれば、
    • 昇順 - 昇順に並べる
    • 降順 - 降順に並べる
    も指定しておいてよいでしょう。
  4. メニューバー上の「アクション」から、目的とするアクションを選択します。
    選択できるアクションには、次のようなものがあります。
    • 分析
      断片化状況の分析 → その結果を、クラスタマップで表示
    • 断片ファイルのデフラグ
      断片化状況の分析 → 断片化しているファイルを、連続化させる
    • 迅速に最適化する
      断片化状況の分析 → 断片化しているファイルを連続化させ、ディスクの先頭へ移動させる
    • 完全に最適化する
      断片化状況の分析 → 全てのファイルを連続化させ、ディスクの先頭へ移動させる
    • MFT を最適化する
      断片化状況の分析 → MFT をデフラグする
    ちなみに、メニューバー上の「レポート」から「レポートの表示」を選択すると、どのファイルがどれくらい断片化しているのかをHTML ファイルで確認できたりします。
  5. デフラグが実行されます。
    あとは、処理が完了するまでじっくりと待つだけです。

    ブートタイムデフラグ
  1. まず、「UltraDefrag」を実行します。
  2. メニューバー上の 「設定」から「起動時のスキャン」→「有効にする」を選択します。
  3. これで、Windows 起動時にブートタイムデフラグが行われるようになります。
  4. ブートタイムデフラグをON にすると、それ以降毎回ブートタイムデフラグが行われるようになります。
     ブートデフラグの様子
    画像1
    画像2
    これをOFF にしたい場合は、先程の「有効にする」のチェックを外します。
  5. Tips
    ブートタイムデフラグは、
    • Press any key to exit...
    という画面が表示された際になんらかのキーを押すことで、キャンセルすることができます。
    デフラグが開始された後でも、「Esc」キーを押す → exit と入力して「Enter」キーを押せば、処理を中断させられるようになっています。

そのほか、ファイルやフォルダを右クリックメニューからデフラグ できるようにする機能※3 や、デフラグ終了後にPC を自動でシャットダウンさせる機能※4 も付いています。
※3 操作は、デフラグしたいファイルやフォルダを 右クリック →「Ultra Defrag」 → 「Defragment」を選択するだけ。
(フォルダそのものをデフラグする時は、「Defragment folder itself」を選択する)
コマンドプロンプトが立ち上がるので、そのままじっくりと待つ。
(「続行するには何かキーを押してください...」と表示されたらデフラグ終了)
デフラグをキャンセルする場合は、「Ctrl」キーを押しながら「C」キーを 2 回押せばよい。

※4 メニューバー上の 「アクション」→「デフラグ完了後の動作」から、目的とするアクションを選択する。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
UltraDefrag TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Net Disabler

インターネット通信や LAN 内の通信を、一時的に無効化できるようにするソフト

 Tab Revolution

全画面表示の際に、マウスオーバーでタブバー&アドレスバー を表示できるようにする Chrome 拡張

 TC4Shell

アーカイブ / イメージファイル / 実行ファイル 等を、フォルダのような感覚で開けるようにする

 Twitter自動画像拡大フィルタ

Twitter の画像を、ブラウザの横幅や高さに合わせて拡大表示できるようにする Chrome & Firefox 拡張

 Video Clip QuickTool

各種動画ファイルを、カット / リサイズ / クロップ / 回転 / 反転 / 音量調整 することができる

 Paste As File

クリップボード内のテキストや画像を、右クリックメニューからファイルとして保存可能にする

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

スポンサードリンク

UltraDefrag を紹介しているページです