如意スクリーン

如意スクリーン の概要や使い方を紹介しています

如意スクリーン を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ディスプレイ全体に、半透明のフィルムをかけたような効果を!「如意スクリーン」。

如意スクリーン
制作者 タロ
対応 XP/Vista/7

Download

● 如意スクリーン

画面の色や明るさを調整できるようにするソフト。
スクリーン全体を、 “ 透明度の調整できる任意の色 ” で覆うことにより、画面を暗くしたり、指定した色で染め上げたりすることができます。
覆う色の透明度調整、機能の有効化 / 無効化 といった操作は、ホットキーで実行することも可能です。

「如意スクリーン」は、画面の色を調整できるようにするソフトです。
画面全体を “ 半透明な (任意の) 色 ” で被うことにより、ディスプレイ全体に

  • 半透明のフィルムを被せたような効果
を施せるようにしてくれます。
画面を被う「色」や「色の透明度(色の強さ) 」は自由に設定できるようになっているため、自分好みの色合いを見つけることができると思います。
  • ディスプレイ側の設定で、画面を限界まで暗くしているのに眩しいと感じる
  • 起動するごとに、カラー設定が戻ってしまうようなパソコンを使っている
場合などに便利。

使い方は、「NyoiScreen.exe」を実行するだけでOK。
デフォルトでは、画面に黒いフィルムを被せたような効果が現れるようになっています。
この色が暗過ぎる / 明る過ぎる と感じる場合は、タスクトレイ上のアイコンを右クリック →「設定」を選択し、「色の強さ」欄で、色の強さを調整してみます。
また、「色」欄で、画面を被う色を変更することも可能です※1
※1 デフォルトでは、「黒」になっている。
機能を一時的に無効化したい時は、タスクトレイ上のアイコンを右クリック →「一時停止」を選択すればOKです※2
※2 アイコンを左クリックでも同じ。

ちなみに、各機能はホットキーで実行することも可能です※3
( OS がVista / 7 の場合、ホットキー機能を使えない?模様)
※3 “「Win」+ ↑ キー ”  = 色の強さを上げる
“「Win」+ ↓ キー ”  = 色の強さを下げる
“「Ctrl」+「Alt」+「Pause」”  = 一時停止

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
如意スクリーン TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 Folder Marker Free

右クリックで選択したフォルダに、マークや色を付けられるようにするソフト

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

 WOW64Menu

64 bit 版のエクスプローラ上で、32 bit 用の右クリックメニューを使えるようにする

スポンサードリンク

如意スクリーン を紹介しているページです