CPUTempWatch

CPUTempWatch の概要や使い方を紹介しています

CPUTempWatch を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

CPU のコア温度を、リアルタイムにチェック!「CPUTempWatch」。

CPUTempWatch
制作者 Matthias Withopf
対応 NT/2000/XP/Vista/7

Download

● CPUTempWatch

CPU のコア温度を、数値&折れ線グラフ で表示してくれるソフト。
コア温度を、数値&折れ線グラフ で表したウインドウ / 温度メーターとして動作するタスクトレイアイコン / タスクトレイアイコンのツールチップ で、現在のCPU 温度をリアルタイムに確認できるようにします。
コア温度の推移をログに取る機能や、コア温度が指定した数値を超えた時に、特定のプログラムを自動で実行させる機能 なども付いています。

「CPUTempWatch」は、Intel 製のCPU に対応したコア温度チェッカーです。
タスクトレイアイコン、タスクトレイアイコンのツールチップ、そしてコア温度の推移を表す折れ線グラフ で、現在のCPU 温度をリアルタイムに確認できるようにします。
タスクトレイアイコンは温度計風になっていて、これは現在の温度に合わせて自動で変化するようになっています※1
※1 このトレイアイコンにマウスカーソルを合わせると、コアごとの温度がツールチップで表示される。
グラフウインドウの方は好きな場所に配置させておくことができ、邪魔になればいつでもタスクトレイに格納させることができます。
また、温度の推移をログに書き出す機能や、CPU 温度が指定した値を超えた時に、特定のプログラムを自動で実行させる機能も付いていたりします。

使い方は以下のとおり。

    基本
  1. 「CPUTempWatch.exe」を実行します。
  2. すると、タスクトレイ上に温度計のようなアイコン ( 温度計のようなアイコン ) が表示され、さらに、コアごとの温度を折れ線グラフ化したウインドウが表示されます。
    グラフウインドウはそのまま表示させておいてもOK ですが、もし邪魔なようであれば最小化しておきます。
    (温度計アイコンをクリックすると、グラフウインドウが再表示される)
  3. ちなみに、温度計アイコンにマウスカーソルを合わせると、コアごとの温度をツールチップで表示させることができます。
    さらに、温度計アイコン内のメーターは、現在の温度に合わせて変化したりもします。
    ログを取る
  1. 「CPUTempWatch」のグラフウインドウを表示させます。
  2. メニューバー上の「Options」から「Settings」を選択。
  3. 「Settings」という画面が表示されます。
    まず、左上の「Write protocol file」にチェック。
  4. 次に、「Name of protocol file」欄の右端にある「Change」ボタンをクリックし、記録したログの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
    (拡張子は「.log」にしておく)
  5. 画面下部の「OK」ボタンを押し、「Settings」画面を閉じます。
  6. 「The new options were successfully set, but require an application restart to get active.」というダイアログが表示されます。
    「OK」ボタンを押し、「CPUTempWatch」を再起動させます。
  7. すると、ログ機能が有効になっています。
    (ログは、「CPUTempWatch」を終了するまで記録され続ける)
    特定の温度を超えた時に、アプリケーションを実行
  1. 「CPUTempWatch」のグラフウインドウを表示させます。
  2. メニューバー上の「Options」から「Settings」を選択。
  3. 「Settings」画面が表示されます。
    最初に、中段の「Execute program if temperature exceeds threshold」にチェック。
  4. 次に、「Temperature threshold」欄に、トリガーとなる温度を入力します。
  5. 「Program name」欄の右端にある「Change」ボタンをクリックし、実行するアプリケーションを指定します。
  6. 画面下部の「OK」ボタンを押し、「Settings」画面を閉じます。
  7. 「The new options were successfully set, but require an application restart to get active.」というダイアログが表示されます。
    「OK」ボタンを押し、「CPUTempWatch」を再起動させます。
  8. これで設定完了。
    指定しておいた温度を超えたときに、設定されたアプリが自動で起動するようになります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の温度・電力管理ツール
 Core Temp

コンパクトなCPU 温度モニタリングツール

 HWMonitor

各種ハードウェアの健康状態モニタリングツール

CPUTempWatch TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 VidCutter

各種動画ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク

CPUTempWatch を紹介しているページです