Startup Guard

Startup Guard の概要や使い方を紹介しています

Startup Guard を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

スタートアップをリアルタイムに監視!「Startup Guard」。

Startup Guard
制作者 Acelogix Software
対応 98/Me/2000/XP/Vista

Download (ミラー)

● Startup Guard

超シンプルなスタートアップ監視ツール。
なんらかのファイルがスタートアップに登録された際に、その登録を “ 許可 ” するのか “ 拒否 ” するのか をリアルタイムに選択できるようにします。
IE のスタートページ変更を監視する機能も付いています。

「Startup Guard」は、シンプルなスタートアップ監視ツールです。
スタートアップフォルダやレジストリを常時監視し、ウイルスやスパイウェアがスタートアップ内に侵入してくるのをリアルタイムに制御できるようにします。
監視中にスタートアップアイテムが追加されると、小さな警告画面が表示されるようになり、ここでアイテムの追加を “ 許可 ” したり “ 拒否 ” したりできるようになります。
警告画面上では、問題となっているファイルのパスを確認することができ、またファイルの入っているフォルダを開くこともできたりします。
その他、IE のスタートページ変更を監視する機能も付いています。

使い方は以下の通り。

    スタートアップアイテムの監視
  1. 「SG.EXE」を実行します。
  2. 初回起動時のみ、
      Since you are running Startup Guard for the first time ~
    というダイアログが表示されます。
    ここには、「現在スタートアップに登録されているファイルを、これから審査します」というようなことが書かれています。
    そのまま「OK」ボタンをクリック。
  3. すると、画面右下に
      Startup Guard - Found New App At Startup !
    という警告ダイアログが表示されます※1
    ※1 現在、スタートアップになんらかのファイルが登録されている場合のみ。
    ここの「Command」欄でファイルのパスを確認し、身に覚えがないものであれば「No」を、身に覚えのあるアイテムであれば「Yes」を選択します※2
    ※2 「No」を選択すると、該当のファイルがスタートアップから削除される。
    「Yes」を選択すると、ファイルはそのままスタートアップに残る。

    尚、右下の「Open Ace」ボタンをクリックすることで、問題となっているファイルの入っているフォルダを開くこともできたりします。
  4. 一通り審査が終わると、スタートアップの監視が始まります。
    以後、スタートアップフォルダやレジストリに何らかのプログラムが追加されると、画面右下に
      Startup Guard - Found New App At Startup !
    という警告ダイアログが表示されるようになります。
    最初の審査の時と同じように、「Command」欄で追加されたファイルのパスを確認し、身に覚えがなければ「No」を、身に覚えがあれば「Yes」を選択します。
    IE のスタートページを監視
  1. 「SG.EXE」を実行します。
  2. 以降、IE のスタートページが変更されると、画面右下に
      Startup Guard - Detected Registry Modification
    という警告ダイアログが表示されるようになります。
    ここの「New value」欄で新しいスタートページのURL を確認し、身に覚えがなければ「No」を、身に覚えがあれば「Yes」を選択します※3
    ※3 「No」を選択すると、スタートページは変更されない。
    「Yes」を選択すると、「New value」欄に表示されているURL が、新しいスタートページになる。

ちなみに、デフォルトでは、60 秒置きにスタートアップアイテム / スタートページ の監視が行われるようになっています。
この監視間隔を長く or 短く したい場合は、以下のような設定をしておきます。

  1. インストールフォルダ内にある「startup.ini」を テキストエディタ で開き、
      Interval=
    欄の数値を変更します。
    たとえば、120 秒置きに監視を行いたい場合は
      Interval=120
    とし、30 秒置きに監視を行いたい場合は
      Interval=30
    と入力します。
  2. 値を変更したら、「startup.ini」を上書き保存します。
  3. 「Startup Guard」が起動中である場合は、「Startup Guard」を再起動させます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Startup Guard TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 お気に入りフリーソフト 2015

2015 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

スポンサードリンク

Startup Guard を紹介しているページです