Windows 8 Start Screen Customizer

Windows 8 Start Screen Customizer の概要や使い方を紹介しています

Windows 8 Start Screen Customizer を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

スタート画面を自分好みにカスタマイズ!!「Windows 8 Start Screen Customizer」。

Windows 8 Start Screen Customizer
制作者 vhanla
対応 8

Download (ミラー : US )

● Windows 8 Start Screen Customizer

Windows 8 のスタート画面カスタマイズツール。
スタート画面の背景画像&透明度、スタート画面上に並べるタイルの数 (列数)&その透明度 を、自由にカスタマイズできるようにしてくれます。
スタート画面の背景をスライドショー化させる機能や、背景にぼかしエフェクトをかける機能、デスクトップの壁紙をスタート画面の背景として設定する機能 なども付いています。

「Windows 8 Start Screen Customizer」は、Windows 8 のスタート画面カスタマイズツールです。

  • スタート画面の背景
  • スタート画面そのものの透明度
  • スタート画面上に並べるタイルの列数 ( = 縦に並べるタイルの数)※1
  • タイルの透明度
を、自由に変更できるようにする... というスタートスクリーンカスタマイズツールで、システムファイルを弄ることなく作業を行えるところが大きな特徴。
※1 使用しているディスプレイの解像度により、並べられる数の上限数は異なる。
操作にあたり、Windows やエクスプローラの再起動は一切不要で、変更内容は即座に反映されるようになっています。
(設定をデフォルトに戻す時は、Windows かエクスプローラの再起動が必要になるが...)
ちなみに、背景にぼかしエフェクトをかけたり、背景をスライドショー化させることもできたりします。

使い方は以下の通り。
必要な操作のみを行えばOK です。

  1. 解凍 して出てきた「ModernUIStartScreen.ex_」を、「ModernUIStartScreen.exe」にリネームします。
  2. 「ModernUIStartScreen.exe」を実行します。

  3. タイルの列数を設定
  4. スタート画面に並べるタイルの列数を指定したい場合は、左下にある「Number of rows」欄でその数を指定します。

  5. スタート画面やタイルの透明度を設定
  6. 画面左下にある「Start Screen Opacity」欄で、スタート画面の透明度を、「Tiles Opacity」欄でタイルの透明度を指定できるようになっています。
    いずれも、スライダーを左にドラッグする ( = 数値を小さくする) ほど透明度が高くなります※2
    ※2 「Tiles Opacity」に関しては、透明度を 100 ~ 179 の間でしか調整できない。
    179 以上は、「Dark( = 背景を暗くする)」として動作する模様...

  7. 設定内容の反映
  8. これまでに行った設定を反映させる時は、「Number of rows」欄の右側にある「Apply」ボタンをクリックします。
    背景に任意の画像を使用したりしない場合は、これにて操作完了です。
    「Windows 8 Start Screen Customizer」は終了させてもOK ですが、右下にある「Hide」ボタンをクリックすることで、タスクトレイに格納させることもできたりします。

  9. 注意
  10. 尚、Windows を再起動させると、設定内容がクリアされます
    そのため、画面右下にある「Run at startup」にチェックを入れ、Windows 起動時に自動で「Windows 8 Start Screen Customizer」が立ち上がるようにしておくとよいでしょう※3
    (「Windows 8 Start Screen Customizer」は、タスクトレイに格納された状態で起動する)
    ※3 「Windows 8 Start Screen Customizer」が起動すると、設定内容が再度反映される。
    加えて、後述する方法で背景画像を変更しなかった場合、透明度の情報が記憶されないようです。
    (バージョン 1.3.6 beta )
    もし透明度の設定を行った場合は、一旦「Windows 8 Start Screen Customizer」を終了させ、インストールフォルダ内にある「config.ini」をダブルクリック →「Opacity」「TilesOpacity」の値を手動で調整しておく必要があります。
    (「Opacity」はスタート画面の透明度で、「TilesOpacity」はタイルの透明度)
    スタート画面の背景を変更
  1. 画面左に並べられた タイル状のボタン をクリックすることで、スタート画面の背景を変更することができます※4
    (このタイル状ボタンをクリックすると、背景の変更が即行われます)
    ※4 その下にある は、「PC 設定」画面 へのリンクになっている。
    任意の画像を背景として使いたい場合は、画面中ほどにある「Load Picture」ボタンをクリックし、背景として使いたい画像ファイルを選択 → プレビュー画面上に青色の枠が表示される ので、この枠や四隅の支点をドラッグし、背景として使う部分を囲みます。
    デスクトップの壁紙を背景画像として使いたい場合は、その下にある「Use desktop wallpaper」にチェックを入れます※5
    ※5 デスクトップの壁紙と同期が行われるわけではない模様。
    (設定後にデスクトップの壁紙を変更しても、スタート画面の背景は変わらない)

    背景に任意の画像を設定した場合は、画面下部の「Extra」欄で
    • Gaussian Blur - ぼかしエフェクトをかける
    といったオプションも設定できるようになっています。
    (ただし、いくらかシステムリソースを食うようです)
  2. 背景は、スライドショー化させることも可能です。
    その手順は次の通り。
    1. 画面中央の下部にある「Select Picture」ボタンをクリック。
    2. 「ファイルを開く」ダイアログが立ち上がるので、スライドショーさせる画像ファイルを複数個選択 → 画面下部にある「Save」ボタンをクリックします。
      (「Ctrl」キー や「Shift」キーを押しながら、目的とする画像全てを選択する)
    3. 画像の選択が終わったら、「Slideshow」にチェック。
    4. Interval」欄で、何秒ごとに画像を変えるのか指定します。
    5. 画像をランダムに表示していきたい場合は、「Random」にもチェック。

  3. 設定内容の反映
  4. ここまでに行った設定内容を反映させる時は、画面中央にある「Apply & Save」ボタンをクリックします。
    尚、前述のとおり、Windows を再起動させると設定内容がクリアされます。
    そのため、必要に応じて画面右下の「Run at startup」にチェックを入れておくとよいでしょう※3
    ※3 「Windows 8 Start Screen Customizer」が起動すると、設定内容が再度反映される。
    設定内容をリセットする
  1. 設定内容をデフォルトに戻す時は、次のような操作を行ってください。
    1. 画面左下にある「Default」ボタンをクリック。
      もし「Default」ボタンが押せない場合は、隣の「Apply」ボタンを押してから「Default」ボタンを押します。
    2. 「Windows 8 Start Screen Customizer」を終了させます。
    3. インストールフォルダ内にある「config.ini」を削除します。
    4. あとは、Windows かエクスプローラを再起動させればOK。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Windows 8 Start Screen Customizer TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 CCCP

定番のコーデックパック

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Screen To Gif

デスクトップ上の動作風景を、GIF アニメ / MP4 / AVI / WMV / WebM として録画

 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

スポンサードリンク

Windows 8 Start Screen Customizer を紹介しているページです