DiffPDF

DiffPDF の概要や使い方を紹介しています

DiffPDF を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

二つのPDF を比較する!「DiffPDF」

DiffPDF

● DiffPDF

二つのPDF を比較し、異なる部分を明示してくれるソフト。
二つのPDF を左右に並べて表示し、異なる箇所があればそこをハイライトしてくれます。
ハイライト色を設定する機能や、ハイライトのさせ方をカスタマイズする機能、検証結果の内容をPDF に保存する機能... などが付いています。

「DiffPDF」は、二つのPDF を比較してくれるソフトです。
二つのPDF を左右に並べて表示し、もし異なる箇所があれば、そこをハイライトして目立たせてくれる... というPDF 比較ツールです。
ハイライト色は自由に設定することができ、またハイライトのさせ方も色々と選べるようになっています※1
※1 半透明のマーカーで塗るようにしたり、点線で縁取るようにしたり、網掛けしたりすることができる。
普段、日常的にPDF を扱っている人におすすめ。
ちなみに、検証結果の内容※2 を、そのままPDF に書き出すこともできたりします。
※2 “ 異なる箇所がハイライトされた状態の画面 ” を、PDF に保存することができる。

使い方は以下の通り。

    基本
  1. 「DiffpdfPortable.exe」を実行します。
  2. 左上にある「File #1」ボタンをクリックし、比較するPDF を選択します。
  3. その右側にある「File #2」ボタンをクリックし、もう一方のPDF を選択します。
  4. PDF の見た目を大ざっぱに比較したい時※3 は、右上の「Compare」欄で「Appearance」を選択します。
    PDF 内のテキストを厳密に比較したい時は、「Compare」欄で「Characters」を選択します。
    ※3 画像が含まれるPDF を比較する場合で、画像にも差異が認められそうな時。
    「Appearance」モードでもテキストの差異を判別することはできるが、差異のある行が大ざっぱにハイライトされる。
    (「Characters」モード時は、差異のある文字列が一字一句厳密にハイライトされる)
  5. 画面右側にある「Compare」ボタンをクリック。
  6. すると、PDF の比較が行われます。
  7. もし、二つのPDF 間で差異が見つかると、その部分が赤く網掛けして表示されます※4
    (また、差異のある行頭に、赤いマークが表示される)
    ※4 二つのPDF が完全に一致している場合は、「The PDFs appear to be same」と表示される。
    ページ移動を行いたい時は、右上にある「Previous」「Next」ボタンを使います。
    尚、画面右側にある「Zoom」欄で、PDF の表示倍率を調整することもできたりします。

  8. 検証結果の保存
  9. 検証結果の内容は、PDF に書き出すこともできます。
    この操作を行う時は、画面右側の「Save As」ボタンをクリックします。
  10. 「DiffPDF - Save As」という画面 が表示されます。
    最初に「Pairs」欄で、
    • Current Page Pair - 現在表示しているページの内容のみ保存する
    • All Pages Pair - 全ページの内容を保存する
    のどちらかを選択します。
  11. 続いて 中段の「Pages」欄で
    • File #1's Pages - File #1 の内容のみ保存する
    • File #2's Pages - File #2 の内容のみ保存する
    • Both File's Pages - 両方の内容を保存する
    のいずれかにチェックを入れておきます。
  12. 右下の「Save As」ボタンをクリックし、出力するPDF の保存先フォルダ&ファイル名 を指定します
  13. 最後に、下部の「OK」ボタンをクリックすればOK です。
    オプション設定
  1. ハイライト色&ハイライトのさせ方 は、カスタマイズすることができます。
    これらの設定をカスタマイズする場合、画面右側にある「Options」ボタンをクリック。
  2. 設定画面 が表示されます。
    ここで、適宜オプションを変更しておきます。
    変更できるオプションには、次のようなものがあります。
    • Base Color - ハイライトカラー
    • Outline - ハイライト部分の縁取り方
    • Fill - 塗り方
    • Fill Opacity - 塗る色の透明度(数値が高い程、色は濃くなる)
    • Square Size - ハイライトの大きさ
    • Rule Width - 行頭に付けるマークの幅
  3. 設定が済んだら、画面下部にある「OK」ボタンをクリックします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
DiffPDF TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 Quiet on the Set

システム音量に “ 上限値 ” を設定できるようにするソフト

 特に感動した / 気に入ったフリーソフト in 2016

2016 年に紹介したフリーソフトの中から、“ 特に感動した / 気に入った ” ものを 30 本紹介

 おすすめフリーソフト
 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

 Clean Uninstall

アドオンを完全にアンインストールできるようにするFirefox アドオン

スポンサードリンク

DiffPDF を紹介しているページです