Linkbar

Linkbar の概要や使い方を紹介しています。

Linkbar を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ファイルやフォルダを、アイコン形式で登録しておくことができるリンクバー!「Linkbar」。

Linkbar

● Linkbar

普段よく使っているファイルやフォルダを、アイコン形式で登録しておくことができる Dock 風のリンクバー。
デスクトップの上 / 下 / 左 / 右 端に表示させておくことができる半透明のリンクバーで、よく使うファイルやフォルダをここから素早く実行できるようにしてくれます。
マウスカーソルが離れた時に自動で隠す機能や、登録アイコンのサイズを指定する機能、リンクバーの余白を指定する機能、リンクバーを複数設置する機能 などが付いています。

「Linkbar」は、よく使うファイルやフォルダを登録しておくことができるリンクバーです。
デスクトップの上 / 下 / 左 / 右 端に表示させておくことができる半透明のリンクバーで、非常にシンプルかつ無駄のないインターフェースとカスタマイズ性の高さが最大の特徴。
機能・見た目 はクイックランチやタスクバーと似たような感じなので、使い方はとても簡単。
また、登録アイコンのサイズ、リンクバーの余白幅 などは、自分が使いやすいようにカスタマイズできるようになっています。
普段、頻繁に使用しているファイルやフォルダが存在する場合に便利。
ちなみに、リンクバーを自動で隠すようにしたり※1、リンクバーを複数作成したりすることも可能となっています。
※1 マウスカーソルが離れた時に、自動で隠すようにすることができる。
(再表示させる時は、デスクトップの端にマウスカーソルを移動させる)

使い方は以下の通り。

  1. 「Linkbar.exe」(「Linkbar64.exe」)を実行します。

  2. リンクバーの作成
  3. 最初に「新規 リンクバー」というダイアログ が表示されます。
    ここで、これから作成するリンクバーのプロファイル(設定ファイル)を、どこに保存するのか指定します。
    よくわからなければ、「プロファイル場所」は「アプリケーションディレクトリ」でOK。
    「プロファイル名」は、右端の ... ボタンをクリック → 「名前を付けて保存」ダイアログ 上で設定します。
    (「ファイル名」欄に適当な名前を入力し、「保存」ボタンを押せばよい)
    「作業ディレクトリ」に関しても、右端の ... をクリック → そのまま「フォルダーの選択」ボタンを押せばOK。
  4. リンクバーの作成が行われ、画面上部にリンクバーが表示されます。
    「新規 リンクバー」画面 は、そのまま閉じてしまってOK)
    尚、作成されたリンクバー上で右クリック → 「リンクバーを作成」を選択することで、リンクバーをさらに追加することもできたりします※2
    ※2 逆に、リンクバー上で右クリック → 「リンクバーを削除」を選択することで、該当のリンクバーを削除することができる。

  5. リンクバーのオプションを設定
  6. リンクバー上で右クリックし、「設定」を選択。
  7. 設定画面 が表示されます。
    ここで、下記のようなオプションの設定を行います。
    • スクリーンの位置 - リンクバーを表示する場所
    • アイコンサイズ
    • 選択幅 - 登録アイコン選択時の余白スペース(横 x 縦)
    • ショートカットの順番
      • 左から右へ
      • 上から下へ
    • 文字位置
      • 文字非表示
    • 文字幅 / 字下げ
    • 自動的に非表示 - マウスカーソルが離れた時に、自動で隠す
  8. 設定が終わったら、オプション画面 は閉じてしまってOK です※3
    ※3 「アイコンサイズ」「選択幅」「文字幅 / 字下げ」に関しては、設定内容が反映されない?模様。
    設定内容が反映されなかった場合、一旦「Linkbar」を終了させ、その後設定ファイル(「○○.lbr」)を テキストエディタ で直接編集するとよい。
    「iconsize」がアイコンサイズで、「marginx」「marginy」が選択幅、「textwidth」が文字幅で、「textoffset」が字下げ。

  9. アイテムの登録
  10. 登録したいアプリケーションなどを、リンクバーの空いてるところに向かってドラッグ&ドロップします。
  11. 登録したアイテムは、ドラッグ&ドロップで並び順を変更することができます。
    登録したアイテムを削除する時は、目的のアイテムを右クリック → 「削除」を選択します。

  12. 実際に使う
  13. 以後、リンクバー上のアイテムをクリックすることにより、該当のアイテムを実行できるようになります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Linkbar TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Malwarebytes 3.0

高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアンチスパイウェア

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

スポンサードリンク

Linkbar を紹介しているページです