UpSafe GMail Backup

UpSafe GMail Backup の概要や使い方を紹介しています

UpSafe GMail Backup を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

簡単に使えるGmail バックアップソフト!「UpSafe GMail Backup」。

UpSafe GMail Backup
制作者 UpSafe
対応 -

Download (公式)
Download (ミラー)

● UpSafe GMail Backup

シンプルで使いやすいGmail バックアップツール。
Gmail 内に保存されているメール&添付ファイル を、パソコン内に一括バックアップしてくれます。
新しいメールのみをバックアップする “ インクリメンタルバックアップ ” 機能や、バックアップしたメールを閲覧する機能、バックアップしたメールをGmail に復元する機能、バックアップの履歴を確認する機能... などが付いています。

「UpSafe GMail Backup」は、シンプルで使いやすいGmail バックアップツールです。
Gmail 内のメールを一括してダウンロードすることができるGmail バックアップツールで、シンプルながらも実用的な機能を備えているところが最大の特徴。
バックアップは基本的にワンクリックで実行することができ※1、処理の際には添付ファイルも保存されるようになっています。
※1 二回目のバックアップからは、新しいメールのみが保存される。
また、バックアップしたメールを閲覧する機能もあるので※2、オフラインのGmail ビューアとしても使えるかと思います。
※2 メールは、eml 形式で保存される。
そのため、各種メールソフトで閲覧することも可能。

普段、Gmail で重要なメールをやり取りしたりしている人におすすめです。
その他、バックアップしたメールをGmail に復元する機能も付いていたりします。

使い方は以下の通り。

    アクセス許可設定
  1. インストールが完了すると、自動的に 「UpSafe GMail Backup」が立ち上がります
    (次回からは、スタートメニュー等から実行する)
    まず最初に、「Sign in with Google」ボタンをクリック。
  2. Google のログイン画面 が表示されます。
    そのまま、普通にログインを行います。
  3. アクセス認証画面 が表示されるので、「承認する」ボタンをクリック。
  4. メイン画面 が表示されます。
    バックアップされたメールは、デフォルトで
    • %LocalAppData%\UpSafe\GMail Backup\Data
    内に保存されるようになっています。
    メールの保存場所を変更したい時は、右上の「Total Storage used: 0 B」をクリック → オプション画面 が表示されるので、「Data path」欄の ... をクリック → 保存先フォルダを設定しておきます。

  5. バックアップの実行
  6. 準備が整ったら、メイン画面中央の「Start Backup」ボタンをクリック。
  7. メールのバックアップ作業が開始される ので、しばらく待ちます。
  8. 中央のメーターがいっぱいになり、再度「Start Backup」ボタンが表示されたらバックアップ完了です。
  9. 尚、メイン画面下部の「Register your copy」ボタンをクリックすることで、バックアップの内容を「UpSafe GMail Backup」に記憶させことができます。
    バックアップの内容を記憶させると、バックアップ内容の履歴を確認できるようになります※3
    ※3 「Start Date(バックアップ開始日時)」「Duration(バックアップにかかった時間」「Email Items(バックアップしたメールの数)」「Total Size(バックアップしたメールのサイズ)」「Status(状態)」を、確認できるようになる。

  10. バックアップしたメールを閲覧・復元
  11. バックアップしたメールを閲覧したい時は、メニューバー上の「Tools」から「View Storage」を選択します.
    もしくは、メイン画面左上の「Gmail Account」欄に表示されているメールアドレスをクリックします。
  12. バックアップされたメールがリスト表示されます
    メールは、
    • From - 送信者
    • Subject - タイトル
    • To - 送信先
    • Sent - 送信日時
    • Size - サイズ
    といった情報ごとにカラム分けして表示されます。
    (各カラムをクリックすることで、メールを並び替えることもできます)
    ここで任意のメールをクリックすると、該当メールの内容を下部のパネル内で確認することができます。
    メールに添付ファイルが付いている場合、下部の「Attachments」タブを開くことで、添付メールを プレビュー表示してみる ことも可能となっています※4
    (プレビューできないファイルもあります)
    ※4 左側に添付ファイル一覧が表示されるので、プレビューしたいファイルをクリックする。
  13. デフォルトでは「受信トレイ(INBOX)」内のメールが表示されるようになっていますが、左上の 「INBOX」というメニューをクリックする ことで、メールのラベルを変更することもできたりします。
  14. ちなみに、メールを右クリック → 「Restore Messages」を選択 することで、該当のメールをGmail に復元することもできます。

  15. アカウントの変更
  16. メニューバー上の「Tools」から「Options」を選択します。
  17. 設定画面 が表示されます。
    ここで、画面右端にある「Sign out」ボタンをクリック※5
    ※5 「Sign out the account when closing application」にチェックを入れておくと、「UpSafe GMail Backup」終了時にログアウトが自動で行われるようになる。
  18. ログアウトが行われます。
    そのまま、「Sign In」ボタンをクリック。
  19. アクセス認証画面 が表示されるので、画面右上のユーザー名をクリックし、「ログアウト」を選択。
  20. ログイン画面 が表示されます。
    あとは、ここでログインを行い、アクセス認証を行えばOK です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
UpSafe GMail Backup TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

 WOW64Menu

64 bit 版のエクスプローラ上で、32 bit 用の右クリックメニューを使えるようにする

スポンサードリンク

UpSafe GMail Backup を紹介しているページです