BackuPod

BackuPod の概要や使い方を紹介しています

BackuPod を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

iPod のデータを丸ごとバックアップ!「BackuPod」。

BackuPod

● BackuPod

iPod のデータを、丸ごとバックアップすることができるソフト。
iPod のライブラリ全体を、ディスクイメージ のようにして簡単にバックアップすることができます。
バックアップしたデータは、いつでも好きな時に復元することができます。

「BackuPod」は、iPod のデータをフルバックアップすることができるソフトです。
iPod のライブラリを一つのファイルにまとめてバックアップし、後からその時の状態を完全に復元できるようにしてくれます。
ファイルを個別にバックアップするソフトではなく、 “ データを丸ごとバックアップ / 復元 する ” タイプのソフトなので、万が一の時のための保険用として、あるいは、データを他のiPod に丸ごとコピーしたい時 などに使うとよいでしょう。
難しい操作や設定は一切必要ないので、誰でも簡単に使うことができると思います。
尚、バックアップされるデータは、いくらか圧縮して保存されるようです※1
※1 2 GB ほど使用しているデータが、300 MB ほどに圧縮されて保存されていました。
(もちろん、復元すれば元に戻る)

使い方は以下の通りです。
最新バージョンは2.0 ですが、Vista で試してみたところ正常に動作しなかったので、もし2.0 がダメだった人は、 バージョン1.1 (english)を試してみて下さい。

    バックアップ編
  1. まず最初に、iPod をパソコンに繋ぎます。
  2. 「C:¥Program Files¥BackuPod¥bin¥main.exe」を実行します。
  3. 「What do you want to do?」というウインドウが表示されるので、「Backup your Library」を選択します※2
    ※2 ここで「ドライブの準備ができていません」というダイアログが表示されたら、「再実行」をクリックする。
    同時にコマンドプロンプトも表示されますが、これはそのままにしておいてOK。
  4. iPod が自動で検出されなかった場合のみ(?)、
    • Enter the path of your iPod
    というダイアログが表示されます。
    もしこのダイアログが表示されたら、「iPod Path」欄にiPod までのパスを入力します※3
    ※3 たとえば、iPod が “ H ドライブ ” となっている場合は、「H:¥」と入力。
    (実際には、¥ が \ と表示される)
    パスが分からない場合は、エクスプローラで「マイ コンピュータ」を開けば分かる。
  5. 次に表示された画面で、「Found iPod」欄の右下に「iPod Found!」と表示されているのを確認します。
    また、iPod のパスが正しく入力されているか確認します。
  6. 同じ画面の「Backup to」欄で、iPod のデータを出力するフォルダを指定します。
    通常はドライブしか指定できないようになっていますが、ドロップダウンメニューの一番下にある「Other」を選択すると、フォルダを指定できるようになります。
  7. 準備が整ったら、「Go!」ボタンを押します。
    「ライブラリのサイズによっては、処理に時間がかかることがあります」というような内容のダイアログが表示されるので、「OK」をクリック。
    すると、バックアップが実行されます。
  8. しばらく待ち、
      BackuPod finished backing up your library successfuly
    と表示されたらバックアップ完了です。
    バックアップされたファイルは、指定したフォルダ内に「backup.ipb」という名前で保存されています。
    復元編
    (現在のiPod ライブラリの内容を、バックアップファイルで上書きします)
  1. iPod をパソコンに繋ぎます。
  2. 「C:¥Program Files¥BackuPod¥bin¥main.exe」を実行します。
  3. 「What do you want to do?」というウインドウが表示されるので、「Restore a Library」を選択します※4
    ※4 ここで「ドライブの準備ができていません」というダイアログが表示されたら、「再実行」をクリックする。
    同時にコマンドプロンプトも表示されますが、これはそのままにしておいてOK。
  4. 次に表示された画面で、「Found iPod」欄の右下に「iPod Found!」と表示されているのを確認します。
    また、iPod までのパスが正しく入力されているか確認します。
  5. 同じ画面の「Backup File」欄で、保存しておいた「backup.ipb」を指定します。
  6. 準備が整ったら、「Go!」ボタンを押します。
    すると、「CAUTION!」というダイアログが表示されます。
    これは、
      ライブラリのサイズによっては、処理に時間がかかることがあります。
      しかし、復元が終了するまでこのプロセスを終了しないでください。
      不用意に処理を中断すると、データを全て失う場合もあります!
    ということを大体意味しています。
    「OK」をクリック。
  7. データの復元が実行されるので、じっくりと待ちます。
  8. しばらく待ち、
      BackuPod finished restoring your library
    と表示されたら復元完了です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
BackuPod TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 Folder Marker Free

右クリックで選択したフォルダに、マークや色を付けられるようにするソフト

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

スポンサードリンク

BackuPod を紹介しているページです