Hekasoft Backup & Restore

Hekasoft Backup & Restore の概要や使い方を紹介しています

Hekasoft Backup & Restore を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

超シンプルなブラウザ設定バックアップソフト!「Hekasoft Backup & Restore」。

Hekasoft Backup & Restore
制作者 Hekasoft
対応 XP/Vista/7/8

Download

● Hekasoft Backup & Restore

超シンプルなブラウザ設定バックアップソフト。
Internet Explorer / Firefox / Google Chrome / Opera / Thunderbird / Skype / Comodo Dragon / Comodo IceDragon / SRWare Iron / Safari / Pale Moon / Waterfox / Maxthon / Avant Browser / Rocketmelt / FileZilla / Sunbird / Seamonkey といったソフトのユーザープロファイルを、ワンクリックでバックアップできるようにしてくれます。
バックアップした内容を復元する機能も付いています。

「Hekasoft Backup & Restore」は、手軽に使えるブラウザ設定バックアップソフトです。
IE / Firefox / Google Chrome / Opera / Thunderbird 等々のユーザープロファイル※1 を、ワンクリックでバックアップできるようにする... というブラウザ設定バックアップツールで、とにかく簡単に使えるところが最大の特徴。
※1 拡張機能、ブックマーク、履歴、キャッシュ、クッキー... 等々の内容。
IE にも対応しているようだが、私の環境では復元が行えなかった。
(バージョン 0.20 / Windows 7 64bit & Windows 8 32bit )

操作は、バックアップしたいブラウザを選択 → あとはボタンを押すだけで完了するようになっているので、何も考えずに使うことができると思います。
(復元の際も似たような感じ)
ちなみに、バックアップ対象とするプロファイルを、個別に選んだりすることはできないので注意※2
※2 複数のプロファイルを使い分けている場合、全てのユーザープロファイルがバックアップされる。
(これは Firefox でしか確認してないが...)

使い方は以下のとおりです。
このソフトを利用するには、「.NET Framework 4」 をインストールしている必要があります。

    インストール時の注意
  1. インストールの際には、外部ツールのインストールを促す画面が表示されます。
    (私の環境では、3 回表示されました)
    これらは必要ないものなので、特にインストールしなくてもOK です。
    そのような画面が表示されたら、全てのチェックを外して「Cancel」や 「Decline」ボタン をクリック したり、右上の「Skip」というリンクをクリック したりして下さい。
    バックアップの実行
  1. 今からバックアップするソフトが起動中である場合は、一旦終了させておきます。
  2. 「Hekasoft Backup & Restore.exe」を実行します。
  3. メイン画面が表示されます。
    画面上部にある「ソフトウェアを選択します」欄のプルダウンメニューをクリックし、バックアップを行いたいソフトを選択します。
  4. 画面中央の「バックアップ」にチェックを入れ、下部の「スタート」ボタンをクリック。
  5. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
    バックアップファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定し、「保存」ボタンをクリックします。
  6. プロファイルのバックアップ処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  7. 少し待ち、進捗バーがいっぱいになって「完成」と表示されたらバックアップ完了です。
    バックアップしたデータの復元
  1. 今から復元を行うソフトが起動中である場合は、一旦終了させておきます。
  2. 「Hekasoft Backup & Restore.exe」を実行します。
  3. メイン画面が表示されます。
    画面上部にある「ソフトウェアを選択します」欄のプルダウンメニューをクリックし、プロファイルの復元を行いたいソフトを選択します。
  4. 画面中央の「復元する」にチェックを入れ、下部の「スタート」ボタンをクリック。
  5. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
    ここで、バックアップしておいたファイルを選択します。
  6. 復元処理が実行されるので、しばらく待ちます。
  7. 少し待ち、進捗バーがいっぱいになって「完成」と表示されたら復元完了です。

尚、作成されたバックアップファイルは、プロファイルフォルダを ZIP で固めたものになっているようです。
そのため、「.backup」という拡張子を「.zip」に変えてやれば、各種アーカイバで解凍できるようにもなったりします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Hekasoft Backup & Restore TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 お気に入りフリーソフト 2015

2015 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

スポンサードリンク

Hekasoft Backup & Restore を紹介しているページです