Hekasoft Backup & Restore

Hekasoft Backup & Restore の概要や使い方を紹介しています

Hekasoft Backup & Restore を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

超シンプルなブラウザ設定バックアップソフト!「Hekasoft Backup & Restore」。

Hekasoft Backup & Restore
制作者 Hekasoft
対応 XP/Vista/7/8

Download

● Hekasoft Backup & Restore

超シンプルなブラウザ設定バックアップソフト。
Internet Explorer / Firefox / Google Chrome / Opera / Thunderbird / Skype / Comodo Dragon / Comodo IceDragon / SRWare Iron / Safari / Pale Moon / Waterfox / Maxthon / Avant Browser / Rocketmelt / FileZilla / Sunbird / Seamonkey といったソフトのユーザープロファイルを、ワンクリックでバックアップできるようにしてくれます。
バックアップした内容を復元する機能も付いています。

「Hekasoft Backup & Restore」は、手軽に使えるブラウザ設定バックアップソフトです。
IE / Firefox / Google Chrome / Opera / Thunderbird 等々のユーザープロファイル※1 を、ワンクリックでバックアップできるようにする... というブラウザ設定バックアップツールで、とにかく簡単に使えるところが最大の特徴。
※1 拡張機能、ブックマーク、履歴、キャッシュ、クッキー... 等々の内容。
IE にも対応しているようだが、私の環境では復元が行えなかった。
(バージョン 0.20 / Windows 7 64bit & Windows 8 32bit )

操作は、バックアップしたいブラウザを選択 → あとはボタンを押すだけで完了するようになっているので、何も考えずに使うことができると思います。
(復元の際も似たような感じ)
ちなみに、バックアップ対象とするプロファイルを、個別に選んだりすることはできないので注意※2
※2 複数のプロファイルを使い分けている場合、全てのユーザープロファイルがバックアップされる。
(これは Firefox でしか確認してないが...)

使い方は以下のとおりです。
このソフトを利用するには、「.NET Framework 4」 をインストールしている必要があります。

    インストール時の注意
  1. インストールの際には、外部ツールのインストールを促す画面が表示されます。
    (私の環境では、3 回表示されました)
    これらは必要ないものなので、特にインストールしなくてもOK です。
    そのような画面が表示されたら、全てのチェックを外して「Cancel」や 「Decline」ボタン をクリック したり、右上の「Skip」というリンクをクリック したりして下さい。
    バックアップの実行
  1. 今からバックアップするソフトが起動中である場合は、一旦終了させておきます。
  2. 「Hekasoft Backup & Restore.exe」を実行します。
  3. メイン画面が表示されます。
    画面上部にある「ソフトウェアを選択します」欄のプルダウンメニューをクリックし、バックアップを行いたいソフトを選択します。
  4. 画面中央の「バックアップ」にチェックを入れ、下部の「スタート」ボタンをクリック。
  5. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
    バックアップファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定し、「保存」ボタンをクリックします。
  6. プロファイルのバックアップ処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  7. 少し待ち、進捗バーがいっぱいになって「完成」と表示されたらバックアップ完了です。
    バックアップしたデータの復元
  1. 今から復元を行うソフトが起動中である場合は、一旦終了させておきます。
  2. 「Hekasoft Backup & Restore.exe」を実行します。
  3. メイン画面が表示されます。
    画面上部にある「ソフトウェアを選択します」欄のプルダウンメニューをクリックし、プロファイルの復元を行いたいソフトを選択します。
  4. 画面中央の「復元する」にチェックを入れ、下部の「スタート」ボタンをクリック。
  5. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
    ここで、バックアップしておいたファイルを選択します。
  6. 復元処理が実行されるので、しばらく待ちます。
  7. 少し待ち、進捗バーがいっぱいになって「完成」と表示されたら復元完了です。

尚、作成されたバックアップファイルは、プロファイルフォルダを ZIP で固めたものになっているようです。
そのため、「.backup」という拡張子を「.zip」に変えてやれば、各種アーカイバで解凍できるようにもなったりします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Hekasoft Backup & Restore TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Internet Friendly Media Encoder

各種動画ファイルを、H.264 / H.265 / VP9 圧縮の MP4 / MKV / WebM に変換してくれるソフト

 Change Timestamp

シンプルで手軽に使えるタイムスタンプ変更ツール

 Task Manager

現在開いているタブやアドオンの負荷率(CPU 使用率、メモリ使用量)を、個別に確認できるようにする Firefox アドオン

 Compressor.io

JPEG / PNG / GIF / SVG ファイルを、画質劣化なしに圧縮することができるウェブサービス

 ShowKeyPlus

“ Windows 10 にアップグレードする前 ” のプロダクトキーも確認できるプロダクトキー解析ツール

 Reduce Memory

非常駐型のシンプルなメモリ解放ツール

 おすすめフリーソフト
 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

スポンサードリンク

Hekasoft Backup & Restore を紹介しているページです