Foltid

Foltid の概要や使い方を紹介しています。

Foltid を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ダウンロードしたファイルを全自動で振り分け!「Foltid」。

Foltid
制作者 おのたつや
対応 2000/XP

Download (ミラー)

● Foltid

特定のフォルダを監視し、指定した条件に当てはまるファイルが保存されると、あらかじめ設定しておいた別のフォルダに移動・コピーしてくれるソフト。

たとえば、ダウンロード専用の「Download」というフォルダがあったとして、ここに画像ファイルを落とした場合は「Picture」というフォルダへ、動画ファイルを落とした場合は「Movie」というフォルダへ移動...というように、ファイルの種類によって落としたファイルを振り分けることができるというものです。
厳密には、振り分け条件はワイルドカードで指定することができるので、ファイルの種類に限らず、かなり幅広い条件で設定をすることが可能です。
ワイルドカードについては、同梱の「Readme.txt」に分かりやすく書いてあります。

使い方は、

  1. まず、「監視するフォルダ」(ダウンロード先フォルダなど)を、「ファイル監視フォルダ」ボタンから指定します。
  2. 次に、「ファイル条件」欄で、「どんなファイルが保存された時に振り分けを実行するか」をワイルドカードで指定します。
  3. 「振り分け先フォルダ」ボタンから、「どのフォルダへ振り分けるか」を決めます。
  4. 「アイテム編集」欄の「追加」をクリック。
  5. これでルール(条件設定)が一つ作成されました。
    他にもルールを作成したい場合は、上記手順を同じように繰り返します。
  6. ルールの作成が終わったら、「オプション」欄で、監視時間(振り分けを実行する間隔)を秒数で指定します。
  7. 最後に「監視停止」のチェックを外せば設定完了!
必要に応じて、ファイルを振り分ける際に「移動」ではなく「コピー」して振り分けることもできるので、バックアップソフトとしても使えると思います。
また、振り分け先フォルダに同名ファイルがあった場合は、リネームして振り分けるか、上書き保存して振り分けるかを設定することができます。

最小化するとタスクトレイに常駐するので、設定が済んだらタスクトレイに格納しておくといいと思います。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2015

2015 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Mouse without Borders

マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができる

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

スポンサードリンク

QMAIL3 を紹介しているページです