Clipboard Rules

Clipboard Rules の概要や使い方を紹介しています

Clipboard Rules を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

特定の文字列がコピーされた時に、特定のアクションを自動で実行させる!「Clipboard Rules」。

Clipboard Rules
制作者 LeeLu Soft
対応 XP/Vista/7

Download (ミラー : US / EU )

● Clipboard Rules

特定の文字列がコピーされた時に、特定のアクションが自動で行われるようにしてくれるソフト。
あらかじめ指定しておいた文字列がコピーされた時に、アプリケーションを実行 / 特定のフォルダを開く / コピー内容をログファイルに書き出す / クリップボード内のテキストを、特定の文字列で置き換える / クリップボード内のテキストに、特定の文字列を付け足す / といったアクションが、自動で行われるようにしてくれます。

「Clipboard Rules」は、 “ コピー処理 ” をトリガーにして、様々なアクションを行えるようにするソフトです。
あらかじめ指定しておいた文字列が (クリップボードに) コピーされた時に、

  • アプリケーションやバッチファイルを実行
  • エクスプローラで特定のフォルダを開く
  • クリップボード内のテキストを、特定の文字列で置き換え(もしくは、現在のものに付け足す)
  • コピー内容※1 を、ログファイルに書き出す
といったアクションが、自動で行われるようにしてくれるクリップボード監視ツールです。
※1 コピー内容 = コピーされたテキストと、コピーが行われた日時。
各種アクションは、事前に作成しておいた “ ルール ” を元に行われ、このルールは複数作成できるようになっています。
また、一つにルールに複数のアクションを関連付けることもできるので※2、様々な用途に使えると思います。
※2 複数とは言っても、同じ種類のアクションを複数指定することはできない。
(たとえば、複数のアプリケーションを実行させたい場合などは、バッチファイルを利用する必要がある)

使い方は以下のとおり。

  1. 「CPBR.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上にアイコンが表示されるので、これをクリック。
  3. メイン画面 が表示されます。
    そのまま、ツールバー上の「Add rule」ボタンをクリック。
  4. ルール設定画面 が表示されます。
    最初に、一番上の「Rule Name」欄にルールの名称を入力します。
  5. 続いて、その下の「Text」欄に、トリガーとなる文字列を入力します。
    (大文字 / 小文字 は区別されるので、英字を入力する際は注意)
    ここで指定した文字列がクリップボードにコピーされると、各種アクションが自動で行われるようになります※3
    ※3 ここで指定した文字列 “ を含む文字列 ” をコピーした時には、アクションが実行されないので注意。
    あくまでも、ここで指定した文字列 “ のみ ” がコピーされた時にアクションが実行される。
  6. 実行するアクションの設定を行います※4
    指定できるアクションには、次のようなものがあります。
    ※4 実行したいアクションにチェックを入れ、アクション内容を指定する。
    ファイルやフォルダを選択する時は、各欄の右端にある フォルダアイコン アイコンをクリックする。
    • Execute a program or a batch file
      アプリケーション / バッチファイル を実行
    • Write to a Log File※5
      コピーされたテキスト&コピーが行われた日時 を、ファイルに書き出す
    • Open Windows Explorer in
      エクスプローラで特定のフォルダを開く
    • Replace Clipboard text to※6
      クリップボード内のテキストを、特定の文字列で置き換える
    • Popup a Message
      ポップアップダイアログを表示する
    • Show Desktop Alert
      アラート(バルーンチップのようなもの)を表示する
    ※5 既存のテキストファイルを指定する必要がある。
    ※6 ここで指定した文字列を、クリップボードに付け足すかたちでコピーしたい場合は、「Append Text to Clipboard Text」にチェックを入れる。
  7. ルールを設定したら、左下の「Save Rule」ボタンをクリックします。
  8. 他にもルールを作成しておきたい場合は、同様の手順で登録処理を行います。
    (既存のルールを編集する時は、目的のルールをダブルクリックする)
    作成したルールを削除する時は、目的のルールを選択 → ツールバー上の「Delete rule」ボタンをクリックします。
  9. ルールを作成し終えたら、ツールバー上の「Tray」ボタンをクリック。
  10. 「Clipboard Rules」がタスクトレイに格納されます。
  11. 以降、指定しておいた文字列がクリップボードにコピーされると、設定しておいた通りのアクションが実行されるようになります。
    尚、メイン画面上で任意のルールを選択 → ツールバー上の「Pause Rule」ボタンをクリックすると、該当のルールが一時停止状態になったりします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Clipboard Rules TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 Windows Update MiniTool

Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Internet Friendly Media Encoder

各種動画ファイルを、H.264 / H.265 / VP9 圧縮の MP4 / MKV / WebM に変換してくれるソフト

 Change Timestamp

シンプルで手軽に使えるタイムスタンプ変更ツール

 Task Manager

現在開いているタブやアドオンの負荷率(CPU 使用率、メモリ使用量)を、個別に確認できるようにする Firefox アドオン

 Compressor.io

JPEG / PNG / GIF / SVG ファイルを、画質劣化なしに圧縮することができるウェブサービス

 ShowKeyPlus

“ Windows 10 にアップグレードする前 ” のプロダクトキーも確認できるプロダクトキー解析ツール

 Reduce Memory

非常駐型のシンプルなメモリ解放ツール

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク

Clipboard Rules を紹介しているページです