DD_Exp

DD_Exp の概要や使い方を紹介しています。

DD_Exp を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ドラッグ&ドロップ専用のエクスプローラ「DD_Exp」。

DD_Exp
制作者 伽藍堂(がらんどう)
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista

Download

● DD_Exp

任意のフォルダを、「指定した位置に、指定した大きさで、常に最前面で」開けるようにするソフト。
ドラッグ&ドロップの受け皿として最適な状態のフォルダを、エクスプローラを開くことができます。

「DD_Exp」は、任意のフォルダを

  • 指定した位置に
  • 指定した大きさで
  • 常に最前面で
表示することができる、一種のフォルダランチャーのようなソフトです。
開いたフォルダは、「常に最前面で」表示することができるので、ファイルやフォルダをドロップする際にすこぶる役立つと思います。
何らかのファイル / フォルダを、よくコピーするフォルダがある場合などに便利。
「DD_Exp」自体は、フォルダを開いたらすぐに終了する非常駐型のソフトなので、ランチャー に登録したり、ショートカットを作成しておくと便利です。

基本的な使い方は以下の通り。

  1. 「DD_Exp_Set.exe」を起動します。
    「DD_Exp」のインストールフォルダと、「DD_Exp 設定」というウインドウが表示されます。
  2. まず、表示されたフォルダを使って、今後「DD_Exp」で開くフォルダを
      “ どこに、どのくらいの大きさで開くようにしたいのか ”
    ということを設定します。
    設定とは言っても、フォルダをドラッグして位置や大きさを調整し、「DD_Exp 設定」ウインドウ内の「この位置と大きさを記録」ボタンを押すだけです。
  3. 必要があれば、「最前面にする」にチェックを入れておきます。
  4. 最後に、「起動フォルダ」欄で、「DD_Exp」起動時に表示するフォルダを指定すればOK。
設定後に「DD_Exp.exe」を起動すると、設定したフォルダが設定どおりに開きます。

尚、「DD_Exp」で開いたフォルダは、別に位置や大きさが「固定」されている訳ではないので、あとから普通に位置や大きさを変えることができます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 HandBrake

DVD / Blu-ray 等の動画を、MP4 / MKV に変換

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 おすすめフリーソフト
 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

スポンサードリンク

DD_Exp を紹介しているページです