DD_Exp

DD_Exp の概要や使い方を紹介しています。

DD_Exp を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ドラッグ&ドロップ専用のエクスプローラ「DD_Exp」。

DD_Exp
制作者 伽藍堂(がらんどう)
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista

Download

● DD_Exp

任意のフォルダを、「指定した位置に、指定した大きさで、常に最前面で」開けるようにするソフト。
ドラッグ&ドロップの受け皿として最適な状態のフォルダを、エクスプローラを開くことができます。

「DD_Exp」は、任意のフォルダを

  • 指定した位置に
  • 指定した大きさで
  • 常に最前面で
表示することができる、一種のフォルダランチャーのようなソフトです。
開いたフォルダは、「常に最前面で」表示することができるので、ファイルやフォルダをドロップする際にすこぶる役立つと思います。
何らかのファイル / フォルダを、よくコピーするフォルダがある場合などに便利。
「DD_Exp」自体は、フォルダを開いたらすぐに終了する非常駐型のソフトなので、ランチャー に登録したり、ショートカットを作成しておくと便利です。

基本的な使い方は以下の通り。

  1. 「DD_Exp_Set.exe」を起動します。
    「DD_Exp」のインストールフォルダと、「DD_Exp 設定」というウインドウが表示されます。
  2. まず、表示されたフォルダを使って、今後「DD_Exp」で開くフォルダを
      “ どこに、どのくらいの大きさで開くようにしたいのか ”
    ということを設定します。
    設定とは言っても、フォルダをドラッグして位置や大きさを調整し、「DD_Exp 設定」ウインドウ内の「この位置と大きさを記録」ボタンを押すだけです。
  3. 必要があれば、「最前面にする」にチェックを入れておきます。
  4. 最後に、「起動フォルダ」欄で、「DD_Exp」起動時に表示するフォルダを指定すればOK。
設定後に「DD_Exp.exe」を起動すると、設定したフォルダが設定どおりに開きます。

尚、「DD_Exp」で開いたフォルダは、別に位置や大きさが「固定」されている訳ではないので、あとから普通に位置や大きさを変えることができます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 CCCP

定番のコーデックパック

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 foobar2000 で、VST プラグインを利用できるようにする

音楽プレイヤー「foobar2000」上で、VST プラグインを利用できるようにする方法

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 Quiet on the Set

システム音量に “ 上限値 ” を設定できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

スポンサードリンク

DD_Exp を紹介しているページです