Librarian

Librarian の概要や使い方を紹介しています

Text 2 Folders を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows 7 / 8 の “ ライブラリ ” 管理支援ツール!「Librarian」。

Librarian

● Librarian

Windows 7 / 8 の “ ライブラリ ” 管理支援ツール。
ライブラリを新規に作成したり、既存ライブラリの内容をカスタマイズしたりすることができます。
ライブラリのアイコンを変更する機能も付いています。

「Librarian」は、Windows 7 / 8 のライブラリ※1 管理支援ツールです。
※1 仮想フォルダのような機能。
異なる場所に点在する複数のフォルダを、一つのフォルダから開けるようにする。

ライブラリを新規に作成したり、既存ライブラリの

  • 名前
  • アイコン
  • タイプ
  • ナビゲーションウインドウへの表示ON / OFF
  • 関連付けフォルダ
を編集したりすることができるソフトで、見た目はシンプルながらもライブラリをしっかりとフルコントロールできるところが最大の特徴。
できることはWindows 標準のものとほとんど同じですが、こちらは前述のとおりライブラリのアイコンも変更できるようになっています。
普段、Windows 7 / 8 でライブラリ機能を活用している人におすすめ。

使い方は以下のとおりです。

  1. 「librarian.exe」を実行します。

  2. ライブラリを新規作成
  3. メニューバー上の「Libraries」から「New」を選択します。
  4. 「New library name」というダイアログ が表示されるので、これから作成するライブラリの名前を入力します。
  5. 「New library」という画面 が表示されます。
    ここで、作成するライブラリの内容設定を行っておきます。
    行える設定には、次のようなものがあります。
    • Change icon - アイコン設定※2
    • Library type - ライブラリタイプの設定※3
    • Show in Navigation Pane - ナビゲーションペインに表示させるかどうか
    • Library locations - 関連付けるフォルダ※4
    ※2 アイコンとして指定できるのは、ICL / EXE / DLL 内のアイコンと、ICO ファイル。
    ※3 ライブラリのタイプによって、カラムヘッダーに表示されるカラムが異なる。
    詳しくは ここを参照

    ※4 左下の「Add」ボタンをクリックし、目的とするフォルダを選択する。
    フォルダを間違えて登録してしまったら、該当のフォルダを選択 →「Remove」ボタンをクリックする.
  6. 必要に応じて、保存先フォルダ※5 も設定しておきます。
    ※5 ファイルの保存先としてライブラリを指定した時に、実際にファイルが保存されるフォルダ。
    操作は、「Library locations」欄で目的とするフォルダを選択し、「Default save location」ボタンをクリックすればOK です。
  7. 設定が終わったら、下部の「OK」ボタンをクリック。
  8. ライブラリを他にも作成したい場合は、同様にして新規作成処理を行います。

  9. 既存ライブラリの内容を編集
  10. 内容変更を行いたいライブラリを、ダブルクリックします。
    (ライブラリを選択 → メニューバー上の「Libraries」から「Change」を選択してもOK )
  11. 「Change library settings」という画面が表示されます。
    あとは、適宜内容編集を行えばOK です。
    設定できるオプションは、新規作成時のものと同じです。

  12. 既存ライブラリの名前を変更
  13. リネームしたいライブラリを選択し、「F2」キーを押します。
    (ライブラリを選択 → メニューバー上の「Libraries」から「Rename」を選択してもOK )
  14. 「New library name」というダイアログが表示されます。
    あとは、リネーム先の名前を入力して「OK」ボタンをクリックすればOK。

  15. 既存のライブラリを削除
  16. 削除したいライブラリを選択し、「Delete」キーを押せばOK です。
    (削除したいライブラリを選択 → メニューバー上の「Libraries」から「Delete」を選択してもOK )
    その後確認用のダイアログが表示されるので、「はい」ボタンをクリックします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Librarian TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト(スクリプト)

 Windows Update MiniTool

「設定」や「コントロールパネル」に代わり、Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 Argente Autorun

不要アイテム自動検出機能も備えたスタートアッププログラム管理ツール

 Zoom for Microsoft Edge

ウェブページの拡大率(表示倍率)を、詳細に調整できるようにする Microsoft Edge 拡張機能

 Dark Skin for Youtube / Dark Theme for YouTube

YouTube の " ダークモード " を、面倒な設定なしで実装できるようにする(ChromeFirefox

 Magical Jelly Bean Wi-Fi password revealer

パソコン内に保存されている Wi-Fi ネットワークのパスワードを、リストに一覧表示

 おすすめフリーソフト
 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

スポンサードリンク

Librarian を紹介しているページです