MouseFIGHTER

MouseFIGHTER の概要や使い方を紹介しています

MouseFIGHTER を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

キーボードでマウスカーソルを動かす!「MouseFIGHTER」。

MouseFIGHTER
制作者 Phonepilot
対応 98/Me/2000/XP/Vista/7

Download

● MouseFIGHTER

マウスカーソルを、キーボードでも操作できるようにするソフト。
方向キー等を使ってマウスカーソルを動かしたり、キー入力によって左 / 右クリック をエミュレートしたりできるようにしてくれます。
“ 「Alt」+ 方向キー ” で、“「Alt」+「Tab」” をエミュレートする機能や、マウスカーソルを特定の間隔でジャンプさせる機能、 移動速度 / ブレーキの強さ / 操作キー を変更する機能 等も付いています。

「MouseFIGHTER」は、マウスカーソルをキーボードで操作できるようにするソフトです。
あらかじめ設定しておいたキーを押すことにより、マウスカーソルを動かしたり、またマウスを左クリック / 右クリック したりできるようにします。
(「MouseFIGHTER」を有効化したからといって、マウス操作が無効化されるわけではない)
そこそこカスタマイズ性が高いところが特徴的で、操作の際に使用するキーを変更できるのはもちろん、カーソルの移動速度やブレーキの強さ、さらには、キー入力に対する感度、一度のキー操作で移動する距離 等も調整できるようになっています。
そのほか、マウスカーソルを特定の間隔でジャンプさせる機能や※1、“ 「Alt」キー + 方向キー(左右キー) ” で、“「Alt」+「Tab」” をエミュレートする機能 等も付いていたりします。
※1 設定されたキーを押すと、カーソル付近に “ ジャンプターゲット ” という円が等間隔に表示される
(ジャンプターゲットは、キーを押している間だけ表示され続ける)
この状態で方向キーを押すと、表示されている円に合わせてカーソルをジャンプさせていくことができる。

使い方は以下のとおりです。
「MouseFIGHTER」は、無料で使うことができますが、起動中に ウォーターマーク が表示される仕様になったようです。

    動作設定
  1. 「MouseFIGHTER.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    最初の 「Start」画面 は特に設定しなくてもOK ですが、必要に応じて
    • Start with Windows - Windows 起動時に自動実行
    といったオプションを指定しておいてもOK です。
    (メイン画面と同時に表示される「Startup Info」という画面 は、そのまま閉じてよい)
  3. 画面上部の「Keys」ボタン をクリックします。
    ここもそのままでOK ですが、必要に応じて
    • Activation key - 「MouseFIGHTER」のON / OFF を切り替える際のホットキー
    • Left click - 左クリックをエミュレートするキー
    • Right click - 右クリックをエミュレートするキー
    • Middle click - ミドルクリックをエミュレートするキー
    • Button 4 - ボタン4 をエミュレートするキー
    • Button 5 - ボタン5 をエミュレートするキー
    • Show jump targets - ジャンプターゲットを表示するキー
    • Left - 左方向へ移動させるキー
    • Right - 右方向へ移動させるキー
    • Up - 上方向へ移動させるキー
    • Down - 下方向へ移動させるキー
    を変更してもOK です※2
    ※2 キーを変更したら、右下の「Applying keyset」ボタンを押す。
    元に戻したくなったら、左上の「Apply model 'standard'」ボタンをクリック。
  4. 続いて、上部の「Settings」ボタン をクリックします。
    ここで、
    • Accellerate speed level - マウスカーソルの加速度※3
    • Accellerate brake length - ブレーキの強度※4
    • Jump size - ジャンプターゲットの間隔
    を設定しておきます。
    ※3 数値が大きいほど、加速しやすくなる。
    ※4 数値が小さいほど、強度が強くなる。
    ちなみに、上部の「Cruise mode」を「Cursor」に切り替えると、
    • Speed for Cursor mouse - 一回のキー入力で移動する距離
    • Reaction time for Cursor mouse - キー入力に対する感度※5
    調整することもできたりします
    ※5 数値が小さいほど、感度が良くなる。
    (感度が良いほど、カーソルが早く動き始める)
  5. 最後に、「Advanced Setings」ボタン をクリックします。
    ここの下部にある「On Screen Display when switching」をON にすると、「MouseFIGHTER」のON / OFF が切り替わった際に、それを明示するテキストが表示されるようになります。
    (いわゆるOSD 機能)
    また「Automatic switch」をON にすると、「MouseFIGHTER」に関連付けられていないキーが押された時に、自動で「MouseFIGHTER」がOFF になるようになります。
  6. 設定が済んだら、タイトルバー上の最小化ボタンを押し、「MouseFIGHTER」をタスクトレイに格納しておきます。
    (設定を変更したくなったら、タスクトレイアイコンをダブルクリックする)

以後、設定しておいた「Activation key」を押すと、マウスカーソルの形状が変わり、キーボードでマウスカーソルを動かせるようになります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このソフトを利用するには、「.NET Framework 2.0」 をインストールしている必要があります。
( Vista / 7 の場合は不要)
MouseFIGHTER TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Windows Update MiniTool

Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 FolderTimeUpdate

フォルダの更新日時を、フォルダ内にある最新ファイルの更新日時に合わせることができるソフト

 Moly Cropping SearchChrome

画像・動画 等に写っている物体を、マウスドラッグで画像検索にかけられるようにする

 Snipaste

画面内の特定領域をキャプチャし、キャプチャ結果を付箋のように貼り付けておけるようにする

 TimeZonesView

世界各地の時刻を、リストに並べて一覧表示することができるソフト

 PerspectiveImageCorrection

斜めになったり遠近感が狂ったりした画像を、まっすぐ自然な感じに補正してくれるソフト

 Play/PauseFirefox

YouTube 等の再生・一時停止 を、タブ上のアイコンやホットキーから切り替えられるようにする

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

スポンサードリンク

MouseFIGHTER を紹介しているページです