SyMenu

SyMenu の概要や使い方を紹介しています

SyMenu を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

USB メモリに入れて持ち運べるポータブルランチャー!「SyMenu」。

SyMenu
制作者 UGM.NET
対応 2000/XP/Vista/7/8

Download

● SyMenu

USB メモリに入れて持ち運ぶことができる、ポップアップメニュー型のポータブルランチャー。
フローティングボタンやトレイアイコンのクリック、および、ホットキー / マウスジェスチャー で呼び出すことができるポップアップメニュー型のランチャーで、普段よく使っているファイル / フォルダ / URL、その他、現在使用しているパソコン内のファイル&フォルダを、素早く呼び出せるようにしてくれます。
アイテム検索機能や、登録アイテムにホットキーやマウスジェスチャーを割り当てる機能 等々が付いています。

「SyMenu」は、持ち運びに便利なポータブルランチャーです。
普段よく使っているファイル / フォルダ / URL、その他、現在使用しているパソコン内のファイル&フォルダ を、シンプルなメニューから素早く開けるようにする... というポップアップメニュー型のランチャーで、見た目はシンプルながらも非常にカスタマイズ性が高いところが最大の特徴。
ランチャー本体は、

といった操作で呼び出すことができ、配色や透明度も自由に変更できる ようになっています。
ランチャーに登録したアイテムに関しても、「SyMenu」のメニューからだけではなく
  • ショートカットキー
  • マウスジェスチャー
で呼び出すことができ、必要であれば「SyMenu」起動時に自動で起動させることも可能となっています※1
(逆に、「SyMenu」終了時に自動で終了させることもできる)
※1 ショートカットキー / マウスジェスチャー / 自動起動 / 自動終了 は、プログラムに対してのみ設定できる。
また、拡張子乗っ取り機能が付いているため、「SyMenu」を起動させている間だけ、特定の拡張子と任意の登録プログラムを関連付けることもできたりします。
普段、USB メモリ内に、お気に入りのソフト等を入れて持ち歩いている人におすすめです。
その他、登録アイテム / スタートメニュー内のアイテム / コントロールパネル内のアイテム を検索する機能※2 も付いていたりします。
※2 日本語のキーワードは認識してくれない模様。

使い方は以下の通り。
このソフトを使用するには、「.NET Framework 2.0」 をインストールしている必要があります。

  1. 「SyMenu.exe」を実行します。
    「SyMenu」に管理者権限を持たせたい場合は、「SyMenu.Admin.exe」を実行します※3
    ※3 管理者権限が必要なソフトを、UAC プロンプトなしで起動させられるようになる。

  2. 初期設定
  3. 最初に 使用言語選択画面 が表示されます。
    ここで、下の方にある「Japanese - 日本語」を選択して「Next」ボタンをクリックします。
  4. 続いて ライセンス承諾画面 が表示されるので、左下にある「ライセンス事項に同意します」にチェック → 「Next」ボタンをクリック。
  5. 最後に オプション画面 が表示されます。
    ここで、
    • Check for a new version at startup
      起動時に新しいバージョンのチェックを行う
    • Enable shortcuts manager
      ショートカット機能を有効化する
    といったオプションのON / OFF を切り替えて「Next」ボタンをクリックします。
    (これらのオプションは、あとで変更することもできます)
  6. 「SyMenu」が起動し、タスクトレイアイコンフローティングアイコン が表示されます。
    (フローティングアイコンは、一応スタートボタンの代わりらしい)

  7. アイテムの登録
  8. トレイアイコンかフローティングアイコンをクリックし、「Tools」から「Configuration」を選択。
  9. アイテム登録画面 が表示されます。
    この画面の左側にあるボックスに、登録したいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップで追加します。
    (ブラウザのアドレスバー上にあるアイコンを、直接ドラッグ&ドロップしてもよい)
  10. 登録したアイテムには、次のようなオプションを設定することができます。
    (登録アイテムがURL やフォルダの場合、設定できるオプションはもっと少ない)
    • アイテム名(プログラムの起動、フォルダへのリンク、ウェブリンク、Document 等)
    • パス
    • アイコンパス
    • 説明
    • Shortcut - 関連付けるショートカットキー
    • Url
    • パラメータ
    • Gesture※4 - 関連付けるマウスジェスチャー
    • Autoexec on start※5 - 「SyMenu」起動時に、自動で実行する
    • Autoexec on close※5 - 「SyMenu」終了時に、自動で終了する
    • 拡張子マネージャ※6 - 関連付ける拡張子
    • コマンドの出力 - コマンドの結果を、コンソールに表示する
    • 複数起動を禁止
      • Suppress notification - 複数起動検知時に、通知を表示しない
    ※4 画面下部の「Gesture」ボタンを押して設定する。
    マウスジェスチャーを有効化するには、設定画面の「Gesture」タブ で「Enable gestures manager」にチェックを入れておく必要がある。

    ※5 これらのオプションを有効化するコンピュータの名前を指定することも可能。
    (複数指定する時は、半角カンマで区切る)
    ちなみに、この機能を有効化するには、設定画面の「スタートアップ」タブ で「自動実行」にチェックを入れておく必要がある。
    (「Autoexec on close」を有効化するには、「Close」タブ の「自動実行」にチェック)

    ※6 下のフォームに拡張子を入力 → 「+」ボタンを押す。
    この機能を有効化するには、メニューバー上の「Advanced」から「拡張子マネージャの有効化」を選択しておく必要がある。
  11. 登録したアイテムを削除する時は、左側のボックス内で目的のアイテムを選択 → 右クリックして「アイテムの削除」を選択します。
    (画面右下の「保存」ボタンを押すまで、設定は反映されない)
  12. 尚、メニューバー上の「アイテム マネージャ」から、
    • Windows コマンド
    • コンテナ - サブメニューのようなもので、この中にアイテムを登録することができる
    • Add Label - ラベル(実行コマンドのない、メニュー名のようなもの)
    • Add Separator - セパレータ
    を登録することもできたりします。
    (これらのアイテムを登録する時は、左側のボックス内で背景を選択しておく)
  13. アイテムを登録し終えたら、右下の「保存」ボタンをクリックします。

  14. 「SyMenu」本体の設定
  15. メニューバー上の「Advanced」から「オプション」を選択。
  16. 設定画面 が表示されます。
    ここでは、下記のようなオプションの設定を行うことができます。
      スタートアップ
    • スプラッシュ画面 - 「SyMenu」起動時に、スプラッシュ画面を表示する
    • Start menu button - フローティングアイコン を表示する
    • Compact contextual menu - 「SyMenu」メニューをコンパクトにする
    • 自動実行 - 登録アイテムの自動実行機能(「Autoexec on start」)を有効化する
    • 拡張子マネージャ - “ 拡張子乗っ取り機能 ” を有効化する
    • Drive letter overlay on task icon - タスクトレイアイコンに、ドライブ名を重ねて表示する
      • Randomize overlay color - ドライブ名の色をランダムにする
    • Backup configuration files - 設定ファイルを、自動でバックアップする
    • バージョンチェックを自動で行う
    • Launch SyMenu at Windows login - Windows 起動時に、「SyMenu」を自動で起動させる
      Closing
    • 自動実行 - 登録アイテムの自動終了機能(「Autoexec on close」)を有効化する
      Menu
    • Search inside the item names - アイテムを “ 部分一致 ” で検索できるようにする
    • Sort found items by execution counter - 検索結果のアイテムを、実行した回数順に並べ替える
    • Windows のスタートメニューエントリーを調査(検索結果に含める)
    • Enable recent - 最近使ったファイルを表示する(件数も指定可)
    • Scroll right - 長い名前をスクロールする
      • Never - スクロールしない
      • Always - 常にスクロールする
      • On focus - フォーカスがある時だけスクロールする
    • Show tooltip on item entries - アイテムをマウスオーバーした時に、ツールチップを表示する
      • Shortcut - ショートカットを表示する
      • Url - URL を表示する
      • Description - 説明を表示する
      • Path - パスを表示する
      • windows command - コマンドを表示する
    • Show large item entries on search menu - 検索結果のアイテムには、パスも表示する
      • SyItem - 「SyMenu」に登録したアイテムに対して有効
      • Windows Start menu - スタートメニュー内のアイテムに対して有効
      • Indexed folder - インデックス済みのフォルダに対して有効
      • File System - ファイルシステムサーチ(後述)で検索されたアイテムに対して有効
      Hotkey
    • Enable shortcuts manager - ショートカット機能を有効にする
      • Shortcut for SyMenu - 「SyMenu」のメニューを表示させるホットキー
      • Shortcut for search - 検索メニューを表示させるホットキー
      • Menu position - メニューの表示位置
        • Mouse location - マウスカーソルのある場所
        • Center screen - 画面中央
        • Left center screen - 画面左端
        • Left upper screen - 画面左上
        • Left lower screen - 画面左下
      Gesture
    • Enable gestures manager - マウスジェスチャーを有効化する
    • Mouse button - トリガーとするマウスボタン
      • Middle - 中ボタン
      • Right - 右ボタン
    • Select SyMenu gesture - 「SyMenu」のメニューを表示させるジェスチャー
      Theme
    • 「SyMenu」のメニュー配色を設定することができます。
      尚、右下の「Default themes」欄で、あらかじめプリセットされたテーマを選択することもできます。
      「Transparency」欄で、メニューの透明度を指定することも可能。
  17. 設定が終わったら、画面下部の「OK」ボタンをクリックします。
    (この時ダイアログが表示されますが、「いいえ」を選択して下さい)
  18. すべての設定が終わったら、アイテム登録画面 の右下にある「保存して終了」ボタンを押します。

  19. 実際に使う
  20. 下記いずれかの方法により、メニューを表示させます。
  21. メニューが表示されます※6
    ※6 メニューの左上にある をクリックすることで、メニューをピン止めすることもできる。
    あとは、登録しておいたアイテムを選択したり、「My Computer」からコンピュータ内のファイルやフォルダを選択したりするだけです。
    アイテムサーチ」からは、登録アイテムやスタートメニューアイテム、さらにはコントロールパネル内のアイテムを検索することもできたりします※7
    ※7 右上の SY をクリックすると、ドライブ内のファイル / フォルダ検索モードに切り替わる。
    (ファイルシステムサーチ)
    ファイルシステムサーチ時には、目的とするファイルやフォルダのパスを、先頭から入力する必要がある。
    (「SyMenu」の存在するドライブ内のパスを指定する時のみ、 \ から入力を始めてよい)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
SyMenu TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 お気に入りフリーソフト 2015

2015 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 Malwarebytes 3.0

高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアンチスパイウェア

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

スポンサードリンク

SyMenu を紹介しているページです