Lhaplus

Lhaplus の概要や使い方を紹介しています

Lhaplus を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

圧縮・解凍ソフトの決定版!「Lhaplus」。

Lhaplus
制作者 Schezo
対応 98/ME/NT/2000/XP/Vista/7/8

Download

● Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト。
右クリックメニュー / 右ドロップメニュー 等から、圧縮&解凍 を行えるようにしてくれるアーカイバです。
自己解凍書庫を作成する機能や、暗号化 ZIP のパスワードを検索する機能、アーカイブのフォーマットを変換する機能、破損した書庫を解凍する機能、文字列のエンコード... などの機能も付いています。
対応しているフォーマットは、ZIP / LZH / RAR / CAB / 7Z / ACE / TAR / GZ / BZ2 / BH 等々。

「Lhaplus」は、シンプルで使いやすい圧縮・解凍 ソフトです。
エクスプローラの右クリックメニュー / 右ドラッグメニュー、もしくは簡単なドラッグ&ドロップ操作 により、ファイルの圧縮 or 解凍 を行えるようにしてくれるアーカイバです。
とにかく手軽に使えるところが最大の特徴で、初心者でも迷わず直感的に扱える仕様となっています。
対応しているフォーマットには次のようなものがあり、一般的なものであれば大体対処することができます。

解凍 : ACE、ARC、ARJ、B64、BH、BZ2、CAB、GZ、JAR、LZH、LZS、MIM、RAR、TAR、TAZ、
TBZ、TGZ、UUE、XXE、Z、ZIP、ZOO、7Z。
圧縮 : LZH、ZIP、BH、BZ2、CAB、GZ、TAR、TAR.BZ2、TAR.GZ、UUE、XXE、B64、
EXE(自己解凍書庫)。

使い方は以下のとおりです。

    初期設定
  1. インストールが完了すると、最初に 「Lhaplus シェル初期設定」という画面 が表示されます。
    ここで、「Lhaplus」と各フォーマットの 関連付け 等を行っておきます。
    (そのまま「OK」をクリックしてもOK です)
    右クリックメニューから解凍
  1. 解凍したい圧縮ファイルを右クリックし、「解凍(E)」を選択。
  2. すると、
    • デスクトップに解凍
    • ここに解凍※1
    • 出力先を指定して解凍※2
    • テンポラリモードで解凍※3
    というサブメニューが表示されます。
    ※1 現在のフォルダ内に解凍する... という意味。
    ※2 任意のフォルダ内に解凍する... という意味。
    ※3 詳細設定画面 を呼び出し、そこで解凍設定を行ってから解凍する... という意味。
    あとは、この中から任意の解凍先を選択すればOK。
    「出力先を指定して解凍」を選択した場合、「解凍先フォルダを指定してください」という画面が表示されるので、出力先フォルダを指定してから「OK」ボタンを押します。
    「テンポラリモードで解凍」を選択した場合、詳細設定画面が表示されるので、適宜解凍設定を行ってから「OK」ボタンを押します。
    右ドロップメニューから解凍
  1. 解凍したい圧縮ファイルを右ドロップし、「ここに解凍(E)」を選択。
  2. すると、即座に解凍処理が実行されます。
    右クリックメニューから圧縮
  1. 圧縮したいファイルを右クリックし、「圧縮(C)」を選択※3
    ※3 複数のファイルを選択していた場合、それらは一つの圧縮ファイル内にまとめられる。
    (ファイル名は、一番最後に選択したファイルのものがそのまま使われる)
  2. すると、圧縮先のフォーマットがサブメニューで表示されます。
    あとは、この中から目的のフォーマットを選択すればOK※4
    ※4 デフォルトでは、圧縮されたファイルはデスクトップに出力される設定になっているので、あらかじめ設定画面の「圧縮設定」欄で、出力先のフォルダを指定しておくと良い。
    (おすすめは「アーカイブファイルと同じフォルダ」)
    設定画面は、「Lhaplus.exe」を実行すると表示される。

    「zip (pass) 」を選択した場合、パスワード入力ダイアログが表示されます。
    ここで、ファイルにかけるパスワードを設定しておきます。
    右ドロップメニューから圧縮
  1. 圧縮したいファイルを右ドロップし、「ここに圧縮(C)」を選択※3
  2. すると、圧縮先のフォーマットがサブメニューで表示されます。
    あとは、この中から目的のフォーマットを選択すればOK。
    「zip (pass) 」を選択した場合は、適宜パスワードを設定しておきます。
    アーカイブ変換
  1. 「Lhaplus.exe」を実行します。
  2. 「アーカイブ変換」タブをクリック。
  3. 上部の「変換元」欄で、変換したいアーカイブを選択します。
  4. 下の「変換先」欄で、変換されたファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を設定します。
  5. 「変換先アーカイブ形式」欄で、変換先のフォーマットを選択します。
  6. あとは、右上の「変換」ボタンをクリックすればOK。

尚、「Lhaplus」のアイコンに圧縮ファイルをドラッグ&ドロップすることでも、解凍を実行できるようになっていたりします※5
※5 「Lhaplus」のショートカットアイコンにドラッグ&ドロップしてもOK。
同じように、ファイルやフォルダを「Lhaplus」のアイコンにドロップすれば、圧縮を実行できるようになっています※6
※6 テキストファイルは、この方法で圧縮できない模様。
詳細設定画面の「関連付け / シェル」タブで、圧縮用のショートカットアイコンを作成する必要がある。

ちなみに、設定画面は標準で「簡易設定」というモードになっていますが、必要に応じて「詳細設定」モードに切り替えることもできたりします。
設定画面を詳細モードに切り替える時は、「一般設定」タブの右下にある「詳細設定」ボタンを押せばOK。
逆に「詳細設定」モードから「簡易設定」モードに切り替える時は、「解凍設定 1」タブの右下にある「簡易設定」ボタンをクリックすればOK です。
設定画面では、関連付け、解凍 / 圧縮 オプション、cab / zip の圧縮率、exe / zip のパスワード... などを設定できるようになっています。
(通常はそのままでOK)

その他、暗号化 ZIP のパスワードを検索する機能や、エンコードされた文字列をデコードする機能... 等も付いています。

トップユーティリティ総合圧縮・解凍ソフト Lhaplus TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 foobar2000
カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー
 Mouse without Borders
マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有
 ffdshow
各種動画ファイルを再生できるようにするソフト
 Hekasoft Backup & Restore
超シンプルなブラウザ設定バックアップソフト
 COMODO Firewall
高機能なファイアウォール
 TakeOwnershipPro
アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする
 新着フリーソフト
 Dual Screen Video Maker
二つの動画ファイルを左右に並べて結合し、一つの動画ファイルとして出力
 Xpeon-Keystrike
ホットキーや簡単なキーワード入力で、ファイルやフォルダを開けるようにするソフト
 File Association Fixer
指定した拡張子の関連付け設定を、Windows 標準のものに戻してくれるソフト
 Open in Wayback MachineFirefox
今見ているページやリンク先のページを、Wayback Machine で開けるようにする
 Bookmarks Backup Restore (Firefox)
ツールバー上から、“ ブックマークデータのバックアップ / 復元 ” を行えるようにする
 RollBack Rx Home
システムドライブ上で起きたハプニング等を、“ なかったこと ” にすることができる
スポンサード リンク

Lhaplus を紹介しているページです