File reOrganizer

File reOrganizer の概要や使い方を紹介しています

File reOrganizer を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

複数のMP3 ファイルを、アーティスト別にフォルダ分けする!「File reOrganizer」。

File reOrganizer
制作者 Justin Blaske
対応 XP/Vista

Download (ミラー : US / UK )

● File reOrganizer

フォルダ内のMP3 ファイルを、自動でアーティスト別のフォルダに振り分けることができるソフト。
ファイルに書き込まれているID3 タグ情報を元に、 “ アーティスト別のフォルダ作成MP3 ファイルの振り分け ” を、 全自動で行ってくれます。
指定したフォルダ以下にあるMP3 ファイルを、一括して取り出す機能も備えています。

「File reOrganizer」は、複数のMP3 ファイルを自動でフォルダ分けしてくれるソフトです。
ファイルに書き込まれているID3 タグ情報※1 を元に、アーティスト別のフォルダを生成 →
その中に、対応するMP3 ファイルを振り分ける... といった処理を、全自動で行なってくれます。
※1 作者サイトには「ID3v1 の情報を~」と書かれていますが、実際にはアーティスト名が
「ID3v2.3」以上で書き込まれていないと正常に反映されない?ようでした。

また、ID3v2 タグの文字列エンコードは、「ISO-8859-1」である必要もある?模様。
(という訳で、アーティスト名に日本語を含むものは処理できない)

難しい操作や設定は一切必要なく、基本的に “ 整理したいMP3 ファイルが入っているフォルダを
指定するだけ ” で処理は完了します。
ちなみに、この処理とは逆に、指定したフォルダ以下(サブフォルダも含む)にあるMP3 ファイルを、一括して全て取り出す機能も備えています※2
※2 「File reOrganizer」でフォルダ分けしたMP3 ファイルでなくても、処理することができる。

使い方は以下のとおり。

  1. 処理するMP3 ファイルには、アーティスト名のタグが書き込まれている必要があります。
    CD リップ 時にタグを書き込んでおかなかった場合は、「Mp3tag」(日本語で使えます)
    などのタグエディタで、(最低でもアーティスト名の)タグを書き込んでおきます※3
    ※3 先述のとおり、書き込むタグの文字コードは「ISO-8859-1」にする必要がある。
    「Mp3tag」なら、「ツール」→「オプション」→「タグ」→「Mpeg」→「書き込み」欄で、「ID3v2.3 ISO-8859-1」にチェックを入れておく。
  2. 「File reOrganizer.exe」を実行します。
  3. 「Click To Select Directory」と書いてあるところをクリックし、 処理したいMP3 ファイルが入っているフォルダを選択します。
  4. 「Select Mode」欄で「Organize」を選択します。
  5. 処理の内容をログファイルに書き出す場合は、「Log File」欄で「Create Log File」か
    「Append Log File」を選択しておきます※4
    ※4 「Create Log File」にすると、ログファイルを毎回上書き保存する。
    「Append Log File」にすると、既存のログの最後に新たなログを書き足してから上書き保存する。
  6. 最後に、「Start」ボタンを押せばOK。
    指定したフォルダ内にアーティスト別のフォルダが作られ、その中にMP3 ファイルが
    振り分けられます。

上の処理とは逆に、フォルダ分けされたMP3 ファイルを一括して取り出す機能もあります※5
※5 指定したフォルダ以下にあるMP3 ファイルを、その  “ 指定したフォルダ ” 内に一括して
持ってくる。

(つまり、階層を一つにまとめるような感じ)
その際、MP3 ファイルを格納していたフォルダは全て削除される。
もちろん、 “ アーティスト別 ” などのフォルダに限らず、手動で作った適当な名前のフォルダ内にあるMP3 ファイルでも取り出すことができます。
こちらの手順は次のようになっています。

  1. まず最初に、「Click To Select Directory」と書いてあるところをクリックし、
    処理したいMP3 ファイルが入っているフォルダを選択します。
  2. 「Select Mode」欄で「Un-Organize」を選択します。
  3. 処理の内容をログファイルに書き出す場合は、「Log File」欄で「Create Log File」か
    「Append Log File」を選択しておきます※4
  4. 最後に、「Start」ボタンを押せばOK。
    指定したフォルダ以下にあるMP3 ファイルが、全て指定したフォルダ内に取り出されます。

トップユーティリティ総合ファイルコピー・移動 このページのTOPへ
スポンサード リンク
 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

File reOrganizer を紹介しているページです