Smart Folders

Smart Folders の概要や使い方を紹介しています

Smart Folders を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ドラッグ&ドロップしたファイル群を、そのまま新規フォルダ内に送る!「Smart Folders」。

Smart Folders

● Smart Folders

ドラッグ&ドロップしたファイル群を、新しいフォルダ内に直接送れるようにするソフト。
ファイルを他のファイルの上にドラッグ&ドロップした時に、ドロップしたファイル&された側のファイル が、任意の名前の新規フォルダ内に送られるようにしてくれます。
処理対象とするファイルを、拡張子で限定させることもできたりします。

「Smart Folders」は、ドラッグ&ドロップで使えるファイル整理支援ツールです。
ファイルを、他のファイルの上にドラッグ&ドロップした時 ” に、

  1. ドロップ先のファイルと同じフォルダ内に、新規フォルダを作成
  2. ドラッグ&ドロップしたファイル + ドロップされた側のファイル を、その新規フォルダ内に移動
させられるようにする... というファイル整理支援ツールです。
新規フォルダの名前はその都度指定することができ、また特定の拡張子を持つファイルを (に) ドラッグ&ドロップした時だけ※1、処理が行われるようにすることもできたりします。
※1 ドラッグしたファイル&ドロップ先のファイル の両方に、設定しておいた拡張子が含まれない場合は、処理が実行されない... ということ。
(どちらか一方に指定しておいた拡張子が含まれれば、処理は実行される)

一度インストールさえしてしまえば、後はエクスプローラのデフォルト機能のようにして動作してくれるので、手軽かつスムーズに使うことができると思います。

使い方は以下のとおり。
使用しているOS がWindows XP である場合、「.NET Framework 2.0」 のインストールが必要になります。

  1. 「Smart Folders Installer.exe」を実行します。

  2. 初期設定
  3. 設定画面 が表示されます。
    そのまま、左上の「Install」ボタンをクリック。
  4. 「Installed!」というダイアログ が表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
  5. 基本的にはこれで準備完了ですが、必要に応じて
    • 特定の拡張子を持つファイル ドロップした時だけ
    • 特定の拡張子を持つファイル ドロップした時だけ
    「Smart Folders」が機能するように設定することも可能です※2
    (デフォルトでは、どんなファイルをドラッグ&ドロップした時でも「Smart Folders」が機能する)
    ※2 たとえば、
    • 何らかのファイルを、JPEG ファイルにドラッグ&ドロップした時
    • JPEG ファイルを、何らかのファイルにドラッグ&ドロップした時
    だけ、「Smart Folders」が機能するように設定することができる。
    処理対象とするファイル群の中に、指定した拡張子を持つファイルが含まれている時だけ、「Smart Folders」を機能させる... ということ。
    上記例で言うと、処理対象とするファイルの中にJPEG ファイルが含まれていないと、「Smart Folders」は機能しない。

    もし、拡張子の指定を行いたい場合は、上部の「File Extension」欄に目的とする拡張子を入力し、「Register」ボタンをクリックします。
    (上記例で言うなら、 jpg と入力して「Register」ボタンをクリックする)
    登録した拡張子を削除する時は、「Registered File Extensions」欄で目的とする拡張子を選択し、下部の「Unregister」ボタンをクリックすればOK です。
    拡張子の指定を行う場合は、最初から登録されている * は削除しておくとよいでしょう※3
    ※3 * を登録しなおしても正しく動作しない?ようなので、 * を再登録したい時は、ソフトをインストールし直すのが良い。
  6. 設定が終わったら、設定画面は閉じてしまってOK です。
    (「Smart Folders」をアンインストールする時は、設定画面左上の「Uninstall」ボタンをクリック)
    尚、インストール / アンインストール を行う度に、エクスプローラが再起動します。
    場合によっては、タスクトレイアイコンが復帰しないこともあるようなので、必要であればパソコンを再起動させたり、タスクマネージャーからエクスプローラを再起動させたりするとよいでしょう。

  7. 実際に使う
  8. 新規フォルダに送りたいファイルの 一部 を、選択状態にします。
  9. 選択状態にしたファイルを、(新規フォルダに送りたい) 残りのファイルにドラッグ&ドロップします。
    (現在選択中のファイル + ドロップ先のファイル が、新規フォルダ内に送られる)
  10. すると、「Smart Folders」というウインドウ が表示されます。
    あとは、作成するフォルダの名前を下部のフォームに入力 →「OK」ボタンをクリックすればOK。
    処理をキャンセルしたい時は、「キャンセル」ボタンをクリックします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のファイルコピーツール
 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動 できるようにするソフト

 Fire File Copy

ファイルを高速にコピー / 移動 できるようにするソフト

Smart Folders TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Change Timestamp

シンプルで手軽に使えるタイムスタンプ変更ツール

 Task Manager

現在開いているタブやアドオンの負荷率(CPU 使用率、メモリ使用量)を、個別に確認できるようにする Firefox アドオン

 Compressor.io

JPEG / PNG / GIF / SVG ファイルを、画質劣化なしに圧縮することができるウェブサービス

 ShowKeyPlus

“ Windows 10 にアップグレードする前 ” のプロダクトキーも確認できるプロダクトキー解析ツール

 Reduce Memory

非常駐型のシンプルなメモリ解放ツール

 HideNow

ウェブカメラが動きを検知した時に、アプリ終了等々のアクションを自動実行できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

スポンサードリンク

Smart Folders を紹介しているページです