Smart Folders

Smart Folders の概要や使い方を紹介しています

Smart Folders を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ドラッグ&ドロップしたファイル群を、そのまま新規フォルダ内に送る!「Smart Folders」。

Smart Folders

● Smart Folders

ドラッグ&ドロップしたファイル群を、新しいフォルダ内に直接送れるようにするソフト。
ファイルを他のファイルの上にドラッグ&ドロップした時に、ドロップしたファイル&された側のファイル が、任意の名前の新規フォルダ内に送られるようにしてくれます。
処理対象とするファイルを、拡張子で限定させることもできたりします。

「Smart Folders」は、ドラッグ&ドロップで使えるファイル整理支援ツールです。
ファイルを、他のファイルの上にドラッグ&ドロップした時 ” に、

  1. ドロップ先のファイルと同じフォルダ内に、新規フォルダを作成
  2. ドラッグ&ドロップしたファイル + ドロップされた側のファイル を、その新規フォルダ内に移動
させられるようにする... というファイル整理支援ツールです。
新規フォルダの名前はその都度指定することができ、また特定の拡張子を持つファイルを (に) ドラッグ&ドロップした時だけ※1、処理が行われるようにすることもできたりします。
※1 ドラッグしたファイル&ドロップ先のファイル の両方に、設定しておいた拡張子が含まれない場合は、処理が実行されない... ということ。
(どちらか一方に指定しておいた拡張子が含まれれば、処理は実行される)

一度インストールさえしてしまえば、後はエクスプローラのデフォルト機能のようにして動作してくれるので、手軽かつスムーズに使うことができると思います。

使い方は以下のとおり。
使用しているOS がWindows XP である場合、「.NET Framework 2.0」 のインストールが必要になります。

  1. 「Smart Folders Installer.exe」を実行します。

  2. 初期設定
  3. 設定画面 が表示されます。
    そのまま、左上の「Install」ボタンをクリック。
  4. 「Installed!」というダイアログ が表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
  5. 基本的にはこれで準備完了ですが、必要に応じて
    • 特定の拡張子を持つファイル ドロップした時だけ
    • 特定の拡張子を持つファイル ドロップした時だけ
    「Smart Folders」が機能するように設定することも可能です※2
    (デフォルトでは、どんなファイルをドラッグ&ドロップした時でも「Smart Folders」が機能する)
    ※2 たとえば、
    • 何らかのファイルを、JPEG ファイルにドラッグ&ドロップした時
    • JPEG ファイルを、何らかのファイルにドラッグ&ドロップした時
    だけ、「Smart Folders」が機能するように設定することができる。
    処理対象とするファイル群の中に、指定した拡張子を持つファイルが含まれている時だけ、「Smart Folders」を機能させる... ということ。
    上記例で言うと、処理対象とするファイルの中にJPEG ファイルが含まれていないと、「Smart Folders」は機能しない。

    もし、拡張子の指定を行いたい場合は、上部の「File Extension」欄に目的とする拡張子を入力し、「Register」ボタンをクリックします。
    (上記例で言うなら、 jpg と入力して「Register」ボタンをクリックする)
    登録した拡張子を削除する時は、「Registered File Extensions」欄で目的とする拡張子を選択し、下部の「Unregister」ボタンをクリックすればOK です。
    拡張子の指定を行う場合は、最初から登録されている * は削除しておくとよいでしょう※3
    ※3 * を登録しなおしても正しく動作しない?ようなので、 * を再登録したい時は、ソフトをインストールし直すのが良い。
  6. 設定が終わったら、設定画面は閉じてしまってOK です。
    (「Smart Folders」をアンインストールする時は、設定画面左上の「Uninstall」ボタンをクリック)
    尚、インストール / アンインストール を行う度に、エクスプローラが再起動します。
    場合によっては、タスクトレイアイコンが復帰しないこともあるようなので、必要であればパソコンを再起動させたり、タスクマネージャーからエクスプローラを再起動させたりするとよいでしょう。

  7. 実際に使う
  8. 新規フォルダに送りたいファイルの 一部 を、選択状態にします。
  9. 選択状態にしたファイルを、(新規フォルダに送りたい) 残りのファイルにドラッグ&ドロップします。
    (現在選択中のファイル + ドロップ先のファイル が、新規フォルダ内に送られる)
  10. すると、「Smart Folders」というウインドウ が表示されます。
    あとは、作成するフォルダの名前を下部のフォームに入力 →「OK」ボタンをクリックすればOK。
    処理をキャンセルしたい時は、「キャンセル」ボタンをクリックします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Smart Folders TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 LosslessCut

動画や音声ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 Net Disabler

インターネット通信や LAN 内の通信を、一時的に無効化できるようにするソフト

 Tab Revolution

全画面表示の際に、マウスオーバーでタブバー&アドレスバー を表示できるようにする Chrome 拡張

 TC4Shell

アーカイブ / イメージファイル / 実行ファイル 等を、フォルダのような感覚で開けるようにする

 Twitter自動画像拡大フィルタ

Twitter の画像を、ブラウザの横幅や高さに合わせて拡大表示できるようにする Chrome & Firefox 拡張

 Video Clip QuickTool

各種動画ファイルを、カット / リサイズ / クロップ / 回転 / 反転 / 音量調整 することができる

 Paste As File

クリップボード内のテキストや画像を、右クリックメニューからファイルとして保存可能にする

 おすすめフリーソフト
 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

スポンサードリンク

Smart Folders を紹介しているページです