Pandora Recovery

Pandora Recovery の概要や使い方を紹介しています

Pandora Recovery を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

クイックフォーマットしてしまったファイルも復元できる!(かも?)「Pandora Recovery」。

Pandora Recovery
制作者 Pandora Corp
日本語ランゲージファイル 制作者 Tilt
対応 2000/XP/Vista/7

Download (公式)
Download (ミラー )

● Pandora Recovery

強力なファイルリカバリーソフト。
ごみ箱から削除してしまったファイルや、 “ Shift キー ” を押しながら削除してしまったファイル、さらには
クイックフォーマットしたドライブ内に存在していたファイル 等々を、簡単な操作で復元することができます.
様々な条件を元にファイルを絞込み検索する機能や、ファイルを復元前にプレビュー表示する機能、
ファイルがどの程度上書きされているのかを数値で確認する機能 などが付いています。

「Pandora Recovery」は、強力なファイル復元ソフトです。
誤って削除してしまったファイルや、フォーマットしてしまったドライブ内に存在していたファイル等々を、
様々な方法で検索し、そして救出することができる... というファイルリカバリーツールです。
処理の際には、

  • 操作をナビゲートしてくれるウィザード
を使うことができ、また
  • 削除済みのファイルが、どれくらい上書きされてしまっているのか
ということをパーセンテージで確認できたり、
  • 目的のファイルを、復元前にプレビュー表示※1
したりできるようになっているので、使い勝手は中々良いです。
※1 プレビューできるのは、テキスト、画像 に限られる。
ほかにも、削除済みのファイルを
  • 名前の一部
  • ファイルサイズ
  • タイムスタンプ
で絞込み検索したりする機能 などが用意されています。

使い方は以下のとおり。
「Pandora Recovery」には、ウィザードに沿って操作を進める “ ウィザードモード ” というモードが
ありますが、これは特に説明の必要がないと思われますので、このページではウィザードを使わずに
ファイルを復元する方法を紹介します。

    インストール時の注意
  1. インストールの途中で、「Ask.com Toolbar」のインストールを促す画面 が表示されます。
    これは特に必要ないものなので、インストールしなくてOK です。
    (そのような画面が表示されたら、全てのチェックを外す)
    日本語化
    「Pandora Recovery」を閉じた状態で行います。
  1. まず、Tilt さんのサイトから 日本語DLL を入手し、これを
    • C:¥Program Files¥Pandora Recovery¥Lang
    内にコピーします。
  2. 「PandoraRecovery.exe」を実行します。
  3. 起動時に「Pandora Recovery Wizard」というウィザードが表示されますが、ここはひとまず
    ウィザードを閉じます。
  4. メニューバー上の「Tools」から「Options」を開きます。
  5. 「Language」タブを開き、「Japanese (JP) 」を選択 → 左下の「OK」ボタンをクリック。
  6. 「Restart is needed」というダイアログが表示されます。
    ここで「OK」ボタンをクリックし、「Pandora Recovery」を一旦終了させます。
    実際に使う - フォルダの参照
    通常は、この方法か、次に紹介する「ファイル検索」という方法を利用してファイルを探します。
    これらの方法でファイルが見つからなかった場合や、フォーマットしてしまったドライブ内にあった
    ファイルを復元する際は、最後の「スキャン」という方法でファイルを検索します。

  1. 「PandoraRecovery.exe」を実行します。
  2. Pandora Recovery Wizard」 が表示されるので、右下の「ウィザードを閉じる」ボタンをクリック。
  3. 左側のペインに、フォルダツリーが表示されています。
    この中から、削除してしまったファイルが存在していたドライブを選択します。
  4. すると、「インデックスの構築中...」というダイアログ が表示されます。
    そのまま、中央のメーターがいっぱいになるまでじっくり待ちます。
  5. メーターがいっぱいになると、選択していたドライブアイコンの下に、削除済みのファイルを
    格納しているフォルダが ツリー形式で表示されます
    ごみ箱から削除されたファイルは、「$RECYCLE.BIN」というフォルダの中に格納されているので、
    通常は「$RECYCLE.BIN」以下にあるフォルダを展開していきます。
  6. フォルダをクリックすると、右側のウインドウに削除済みのファイルがリスト表示されます。
    ファイルは、
    • 名前
    • サイズ
    • 種類
    • 作成日時 / 更新日時
    • 上書き(されている割合)
    といった情報ごとにカラム分けして表示され、それぞれのカラムごとにソート(並べ替え)できる
    ようになっています。
  7. 各種情報を元に、目的のファイルを探します。
    ちなみに、ファイルの状態がよければ、復元前に内容をプレビュー表示してみることもできます※2
    ※2 ファイルを右クリック →「クイック表示」から。
  8. 目的のファイル、あるいは “ それっぽいファイル ” が見つかったら、それらを選択状態にし、
    右クリック →「復元」を選択します。
  9. 「復元」というウインドウ が表示されます。
    ここの「出力先」欄で、ファイルの復元先フォルダを選択し※3、「復元開始」ボタンをクリック。
    ※3 保存先のフォルダは、復元元のドライブとは違うドライブ内のフォルダにする。
  10. これで復元完了です。
    実際に使う - ファイル検索
  1. 「PandoraRecovery.exe」を実行します。
  2. 「Pandora Recovery Wizard」が表示されるので、右下の「ウィザードを閉じる」ボタンをクリック。
  3. 画面左上にある 「検索」タブ をクリックします。
  4. この画面の
    • 「検索ドライブ」欄で、削除してしまったファイルが存在していたドライブを、
    • 「ファイル名」欄で、目的とするファイルの名前 (の一部)※4
    • 「ファイルサイズ」欄で、目的とするファイルのファイルサイズを、
    • 「タイムスタンプ」欄で、目的とするファイルの作成日時 or 更新日時 (の範囲)
    それぞれ設定し、「検索」ボタンをクリック。
    (必要なオプションのみ設定すればよい)
    ※4 ワイルドカード で指定する。
    尚、ごみ箱から削除されたファイルは、特定の規則でリネームされてしまうため、通常は
    ファイルの拡張子のみを指定する。
  5. ファイルの検索が始まります。
  6. 条件に一致するファイルが見つかると、該当のファイルが画面下部にリスト表示されていきます。
    ファイルの内容をプレビューしたい時は、ファイルを右クリック →「クイック表示」を選択します。
  7. 目的のファイル、あるいは “ それっぽいファイル ” が見つかったら、それらを選択状態にし、
    右クリック →「ここに復元」を選択します。
  8. 「復元」というウインドウ が表示されます。
    ここの「出力先」欄で、ファイルの復元先フォルダを選択し※3、「復元開始」ボタンをクリック。
  9. これで復元完了です。
    実際に使う - スキャン
    この方法で検出されたファイルは、作成日時 / 更新日時 / 上書きされている確率 を確認できない。
    さらに、復元の際に “ 属性 ” “ ADS ” までは復元することができない。
  1. 「PandoraRecovery.exe」を実行します。
  2. 「Pandora Recovery Wizard」が表示されるので、右下の「ウィザードを閉じる」ボタンをクリック。
  3. 画面左上にある「スキャン」タブをクリック。
  4. 「何を検索しますか?」欄で、検索対象とするファイルを選択します。
    ここでは、
    • イメージ & Photo
      JPG / PNG / GIF / BMP / PSD
    • 圧縮されたファイル
      ZIP
    • Microsoft Office Documents
      DOC / XLS / PPT / DOCX / XLSX / PPTX / PST / OST
    • Music & Sounds
      MP3
    • その他
      PDF
    といったファイルを、検索対象として指定できるようになっています。
  5. 続いて、すぐ下にある「このディスクをスキャン」欄で、検索対象とするドライブを選択します。
  6. 準備が整ったら、「ディスクスキャンを開始」ボタンをクリック。
  7. ファイルの検索が始まります。
    スキャンは結構時間がかかるので、焦らずにじっくりと待ちます。
    (スキャンを中断させ、復元処理に移ることもできる)
  8. スキャンが終了すると、見つかったファイルが右側のウインドウにリスト表示されます。
    ここでは、ファイルの更新日時や上書き率 等を確認することはできませんが、ファイルを
    クリックすることにより、該当ファイルの内容をプレビューパネルで確認できるようになっています。
    (右クリック →「クイック表示」でもOK)
    これを利用して、目的のファイルを探します。
  9. 目的のファイル、あるいは “ それっぽいファイル ” が見つかったら、それらを選択状態にし、
    右クリック →「復元」を選択します。
  10. 「復元」というウインドウ が表示されます。
    ここの「出力先」欄で、ファイルの復元先フォルダを選択し※3、「復元開始」ボタンをクリック。
  11. これで復元完了です。

トップユーティリティ総合データ 復元 Pandora Recovery TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 ffdshow
各種動画ファイルを再生できるようにするソフト

 Media Player Classic Homecinema
高機能なマルメディアプレイヤー

 Mouse without Borders
マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有

 Rainmeter
カスタマイズ性の高いリソースメーター

 LinuxLive USB Creator
Linux 系OS のライブUSB を作成

 MasterSeeker
インデックス不要の超高速ファイル検索ソフト

 新着フリーソフト
 Batch Audio Silence Remover
音声ファイルの先頭 or 末尾 にある無音区間を、自動で検出して削除
 MEGAsync
パソコン内の特定フォルダと、「MEGA」の内容を自動で同期してくれる
 MEGA
無料で 50GB まで使える大容量クラウドストレージ
 UndoName
OneDrive からダウンロードしたファイルの名前を、正しく修正してくれる
 dhIMG Instagram
特定のInstagram ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード
 dhIMG Twitter
特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード
スポンサード リンク

Pandora Recovery を紹介しているページです