PerfmonBar

PerfmonBar の概要や使い方を紹介しています。

PerfmonBar を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

タスクバー上に、システムのパフォーマンス情報を直接表示!「PerfmonBar」。

PerfmonBar

● PerfmonBar

タスクバー上で動作するパフォーマンスモニタ。
CPU 使用率 / メモリ使用量(コミットサイズ) / ハードディスクの空き容量 / TCP 接続数 / データの送受信量... 等の情報を、タスクバー上で直接確認できるようにします。
表示させる情報や、表示されるテキストの色 / サイズ 等は、自由に変更することもできます。

「PerfmonBar」は、タスクバー上で動作するパフォーマンスモニタ(ツールバー)です。
CPU 使用率 / メモリ使用量 / ハードディスクの空き容量 / ディスクの読み取り・書き込み速度 / TCP 接続数 / ネットワークの受信・送信速度 等の情報を、タスクバー上で直接確認できるようにします。
(これらパフォーマンス情報の表示は、リアルタイムに変更される)
中々カスタマイズ性の高いソフトで、表示させる項目、テキストのフォントや色、スタイル は自由に変更することができたりします。
また、ツールバーを “ ページ切り替え ” できるところも大きな特徴で※1、狭い空間の中でも多くの情報を表示させることができます。
※1 タスクバー上の「PerfmonBar」を左クリックすると、ページ切り替えを行うことができる。
たとえば、1 ページ目にはCPU / メモリ情報 を表示させ、2 ページ目にはハードディスクに関する情報を表示させる... といったことが可能。

使い方は以下の通り。

    表示 / 非表示
  1. タスクバーを固定するように設定している場合、一旦解除しておきます※2
    ※2 タスクトレイ上の何もないところで右クリック →「タスク バーを固定する」のチェックを外す。
  2. タスクバーやタスクトレイ上の何もないところで右クリック → 「ツールバー」から「Performance Monitor Toolbar」にチェックを入れます。
  3. タスクバー上に、「PerfmonBar」の一部が表示されます。
    このバーのつまみをドラッグし、好きな位置に表示させておきます。
  4. バーを再び非表示にする時は、「PerfmonBar」上で右クリック →「ツールバーを閉じる」を選択します。
    表示のカスタマイズ(簡単編)
  1. 「PerfmonBar」上で右クリックし、「Performance Monitor(Edit Configuration)」を選択。
  2. メモ帳が開き、設定ファイル(XML)が表示されます。
    各種設定は、このファイルを編集することで行います。
  3. 基本的には、
      <display ~
    で始まる行を、削除したり移動させたりするだけでOK です。
    たとえば、CPU 情報を表示させたくない場合は、
      <display prefix="CPU: " suffix="% " counter="cpu" />
      <!––<display prefix="@" suffix=" " counter="cpufreq" />-->
    の2 行を削除し、メモリ情報を表示させたくない場合は、
      <display prefix="MEM: " suffix=" " counter="mem" decimals="2" divide="1048576" />
    の行を削除すればよい... という具合です。
    ある行が何の情報を参照しているかは、「counter=」の部分で判断します※3
    ※3 「counter=」の部分が何を意味しているのかは、ヘッダの <counter name ~ という部分で確認することができる。
    (パフォーマンスカウンタの書式になっている。 こちらここここ が参考になります)
  4. また、
      <line ~> ~ </line>
    は、 “ 一つの行 ” を表しています。
    最初の <line ~ </line> 間にある任意の <display ~ をカットし、それを次の <line ~ </line> 内に貼り付けると、該当データが2 行目に表示されるようになります。
    (逆も然り)
  5. さらに、
      <page ~> ~ </page>
    が、 “ 一つのページ ” を表しています。
    最初の <page ~ </page> 間にある任意の <display ~ をカットし、それを次の <page ~ </page> 内に貼り付けると、該当データが2 ページ目に表示されるようになります(逆も然り)。
  6. 最後に、<line ~ の行中にある各要素を編集し、テキストの見た目をカスタマイズします。
    ここでは、
    • fontFamily - フォント
    • fontSize - フォントサイズ
    • fontItalic - 斜体のON / OFF※4
    • fontBold - 太字のON / OFF※4
    • fontColor - フォントカラー※5
    を設定することができます。
    ※4 ON / OFF は、true / false で入力する。
    ON なら true、OFF なら false。

    ※5 6 ケタの カラーコード で指定する(# は不要)。

    設定は、いずれもダブルクオーテーションマークの中に文字列や数値を入力するだけ※6
    ※6 文字列や数値は、半角英数文字で入力する。
    (フォント名も)
  7. 設定が済んだら、「PerfmonBar」上で右クリック →「Performance Monitor(Reload Configuration)」を選択します。
    表示のカスタマイズ(詳細編)
  1. <display prefix ~ で始まる行を編集することで、各データの表示形式を変更することができます。
    (そのままでも問題なしです)
    ここでは、
    • prefix - 表示するデータの前に付け足すテキスト
    • suffix - 表示するデータの後に付け足すテキスト
    • counter - 表示させるデータ
    • decimals - データを、小数点何ケタまで表示させるか
    • divide - 数値の表示方法
    を設定することができます。
  2. その他、ヘッダ部分に任意の
      <counter name= ~
    付け加えると、その情報を表示できるようにもなります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 設定例
config.xml / config2.xml / config3.xml / config4.xml
もしこれらを使用する場合は、元の設定ファイルをバックアップしておいて下さい。
また、ネットワークアダプタ名は、オリジナルのものに書き換えて下さい。
PerfmonBar TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 GIMP

超高機能なペイントソフト

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 Yet another flagsChrome

現在開いているサイトのサーバーが、どこの国に存在するのか一目で確認できるようにする

 Gmail - Add Row Highlights

Gmail 上で、マウスカーソルの下にある行が、ハイライトして表示されるようにする Firefox アドオン

 AnimaPaper

各種動画ファイルを、“ 動く壁紙 ” としてデスクトップの背景に設定できるようにする

 VidCutter

各種動画ファイル内の特定場面を、無劣化で高速に切り出すことができるソフト

 gBurner Virtual Drive

多形式に対応した仮想ドライブ作成ソフト

 Containers

同一のウェブサービスに、複数のアカウントでログインできるようにする Firefox テスト機能

 おすすめフリーソフト
 Textify

選択&コピーできない場所のテキストを、選択&コピー可能な状態にしてくれる

 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

スポンサードリンク

PerfmonBar を紹介しているページです