XKillWin

XKillWin の概要や使い方を紹介しています。

XKillWin を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

フリーズしたプロセスを、即座に強制終了!「XKillWin」。

XKillWin
制作者 吉本英之
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista

Download

● XKillWin

ハングアップ(フリーズ)したアプリケーションを、マウス操作で強制終了できるようにするソフト。
応答がなくなり、全く操作できなくなってしまったアプリケーションを、マウスクリックで即座に強制終了できるようにします。

「XKillWin」は、ハングアップしたアプリケーションを強制終了させるソフトです。
大きな負荷がかかったり、なんらかのエラーが生じたりして動かなくなってしまったアプリケーションを、ワンクリックで強制的に終了させることができます。
操作は、終了させたいアプリケーションをクリックするだけなので、タスクマネージャーを起動してフリーズしたプロセスを選択するよりもずっと楽です。
すぐに実行できるように、ランチャー に登録しておいたりショートカットを作成したりしておくと便利だと思います。

使い方は以下の通り。

  1. なんらかのアプリケーションがハングアップしたら、「xkillwin.exe」を起動します。
  2. マウスカーソルが変化し、「Kill」という文字が表示されます。
  3. そのまま、応答しなくなったアプリケーションのウインドウをクリックすればOK。
    クリックされたアプリケーションが即座に終了します。
    (「XKillWin」自体も終了する)
ちなみに、「XKillWin」の起動中に「Ctrl」キーを押しっぱなしにしていると、“ 連続Kill モード ” になります。
この状態でアプリケーションを終了させた場合、「XKillWin」自体は終了しないので、フリーズしたアプリを連続して強制終了させることができます。
(「Ctrl」キーを放すと、「XKillWin」も終了する)

また、同様に「Shift」キーを押しっぱなしにしていると、 “ 連続Close モード ” になります。
この “ 連続Close モード ” 時に任意のアプリケーションをクリックすると、該当アプリを普通に終了させることができます※1
(タイトルバー上の “ × ” ボタンを押すのが面倒な時など...)
※1 強制終了ではない。
やはり “ 連続Kill モード ” の時と同様、「Shift」キーを放すまではアプリケーションを連続して閉じることができます。

尚、アプリケーションを強制終了すると、未保存のデータなどが削除される場合があるので注意。
(もちろん、この点はタスクマネージャーで強制終了した場合も同じ)

トップユーティリティ総合タスク 管理 このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

 簡単デジカメ写真整理

デジカメで撮った写真や動画を、撮影日時名のフォルダに振り分けてくれるソフト

 7z NSE

7Z / RAR / ISO 等々のファイルを、エクスプローラ上で普通に開けるようにする

 Add Desktop Background to Desktop context menu

デスクトップの右クリックメニューから、ダイレクトに壁紙変更を行えるようにする

 Super Sleep

指定したホットキーが押されるまで、ディスプレイを強制的にスリープさせ続ける

 Tab ListerFirefox

現在開いているすべてのタブの “ タイトル&URL ” を、特定の書式で一括コピー

XKillWin を紹介しているページです