Universal Extractor

Universal Extractor の概要や使い方を紹介しています

Universal Extractor を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

イメージファイルやインストーラーも展開できる解凍ソフト!「Universal Extractor」。

Universal Extractor
制作者 Jared Breland
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download (Installer / Archive )

● Universal Extractor

非常に多くのフォーマットに対応したファイル解凍ソフト。
一般的な圧縮ファイルのほか、イメージファイル、 ヘルプファイル、インストーラー... なども、普通に展開することができます。
各種アーカイブを、右クリックメニューから解凍できるようにする機能 も付いています。

「Universal Extractor」は、多くのフォーマットに対応したファイル解凍ソフトです。
各種ファイルの展開に必要なコンポーネントを、標準で内蔵しているという解凍専門のフリーソフトで、一般的な圧縮ファイルだけではなく

  • bin / img / iso 等のイメージファイル
  • chm / hlp 等のヘルプファイル
  • msi / exe などのインストーラー
... 等々、特殊なアーカイブまでをも展開できるところが最大の特徴。
(ただし、ファイルによっては解凍できないものもあるようです)
実際に対応しているフォーマットには次のようなものがあり、メジャーなものからマイナーなものまで幅広くカバーできるようになっています。
??_ / 1 / 001 / 7z / ace / arc / arj / bin / bz2 / b64 / cab / cdi / chm / cpio / cue / dbx / deb / lib / dll / exe / gz / hlp / jar / imf / img / iso / kgb / kge / lha / lit / lzh / lzma / lzo / lzx / mht / msi / msp / msu / nrz / ntx / pea / rar / rpm / sis / sit / tar / tar.bz2 / tar.gz / tar.Z / tbz2 / tgz / tz / uha / uu / uue / wz / wim / wz / xpi / xx / xxe / yenc / Z / zip / zoo。
実際の対応形式リスト
機能は解凍のみなので、操作はとても簡単です。

使い方は以下のとおり。
ファイル解凍機能を右クリックメニュー内に登録したい場合は、「UniExtract Installer」をダウンロードして下さい。
システムにインストールしたくない場合は、「UniExtract Binary Archive」をダウンロードします。

    インストール時の注意
  1. 「追加タスクの選択」という画面 で、ファイルの右クリックメニューに登録する機能を選択することができます。
    追加できるのは、下の 3 つ。
    • 解凍
      選択中のファイルを登録した状態で、「Universal Extractor」を立ち上げる。
      (解凍先のフォルダを選べる)
    • ここに解凍
      選択したアーカイブ内にあるファイルを、現在のフォルダ内に解凍する
    • フォルダに解凍
      現在のフォルダ内に(選択しているアーカイブの名前と同じ名前の)フォルダを自動生成し、その中にファイルを解凍する
    準備
    インターフェースが既に日本語の場合、この作業は不要
  1. 「UniExtract.exe」を実行します。
  2. ツールバー上の「Edit」から「Preference」を選択。
  3. 設定画面 が開きます。
    上部の「Language」欄で「Japanese」を選択し、下の「OK」ボタンをクリック。
  4. インターフェースが日本語になります。

  5. 実際に使う
  6. 対象書庫またはインストーラ」欄で、解凍したいファイルを選択します。
    (右端にある ... をクリックし、ファイルの選択を行う)
    ここの欄に、解凍したいファイルを直接ドラッグ&ドロップしてもOK です。
  7. 解凍先ディレクトリ」欄で、解凍したファイルの出力先フォルダを指定します※1
    ※1 実際には存在しないフォルダ名を入力すると、そのフォルダが処理時に生成される。
  8. 「OK」ボタンをクリック。
  9. すると、各フォーマットに対応した解凍プログラムが自動で起動し、解凍処理が行われます。
    右クリックメニューからファイルを解凍する
  1. 解凍・展開 したいファイルを右クリックします。
  2. 展開先のフォルダを指定したい場合は、「解凍」を選択します。
    ファイルを現在のフォルダ内に解凍したい場合は、「ここに解凍」を選択。
    選択中のファイルと同名のフォルダを自動生成し、ファイルをその中に解凍したい場合は「フォルダに解凍」を選択します。
  3. 「解凍」を選択した場合は、「Universal Extractor」のメインウインドウが開くので、展開先のフォルダを指定 →「OK」ボタンをクリックすれば処理完了です。
    「ここに解凍」「フォルダに解凍」を選択した場合は、そのまま解凍のためのプログラムが起動し、展開処理が行われます。

トップユーティリティ総合圧縮・解凍ソフト Universal Extractor TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 Mouse without Borders

マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有

 りかなー

IME OFF時に入力された文字列を、キー連打で日本語に

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

 MasterSeeker

インデックス不要の超高速ファイル検索ソフト

 Windows 10 App Remover

“ Windows 10 にプリインストールされているストアアプリ ” 専用のアンインストール支援ソフト

 Favorite Link Checker

IE / Google Chrome のブックマークに対応したリンク切れチェックツール

 Anything

Firefox の右クリックメニュー内に、好きな検索エンジンを登録できるようにする

 ポップアップブロッカー(Chrome 拡張機能)

“ なぜかブロックできないポップアップウインドウ ” をブロックできるようにする

 SafeCopy Free!

タイムスタンプや属性を維持したまま、ファイルのコピーを行ってくれるソフト

 Jarfix

なぜか実行できなくなってしまった “ .jar ” ファイルを、正しく実行できるように修復

スポンサード リンク

Universal Extractor を紹介しているページです