Universal Extractor

Universal Extractor の概要や使い方を紹介しています

Universal Extractor を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

イメージファイルやインストーラーも展開できる解凍ソフト!「Universal Extractor」。

Universal Extractor
制作者 Jared Breland
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download (Installer / Archive )

● Universal Extractor

非常に多くのフォーマットに対応したファイル解凍ソフト。
一般的な圧縮ファイルのほか、イメージファイル、 ヘルプファイル、インストーラー... なども、普通に
展開することができます。
各種アーカイブを、右クリックメニューから解凍できるようにする機能 も付いています。

「Universal Extractor」は、多くのフォーマットに対応したファイル解凍ソフトです。
各種ファイルの展開に必要なコンポーネントを、標準で内蔵しているという解凍専門のフリーソフトで、
一般的な圧縮ファイルだけではなく

  • bin / img / iso 等のイメージファイル
  • chm / hlp 等のヘルプファイル
  • msi / exe などのインストーラー
... 等々、特殊なアーカイブまでをも展開できるところが最大の特徴。
(ただし、ファイルによっては解凍できないものもあるようです)
実際に対応しているフォーマットには次のようなものがあり、メジャーなものからマイナーなものまで幅広く
カバーできるようになっています。
??_ / 1 / 001 / 7z / ace / arc / arj / bin / bz2 / b64 / cab / cdi / chm / cpio / cue / dbx / deb / lib /
dll / exe / gz / hlp / jar / imf / img / iso / kgb / kge / lha / lit / lzh / lzma / lzo / lzx / mht / msi / msp / msu / nrz / ntx / pea / rar / rpm / sis / sit / tar / tar.bz2 / tar.gz / tar.Z / tbz2 / tgz / tz / uha / uu / uue / wz / wim / wz / xpi / xx / xxe / yenc / Z / zip / zoo。
実際の対応形式リスト
機能は解凍のみなので、操作はとても簡単です。

使い方は以下のとおり。
ファイル解凍機能を右クリックメニュー内に登録したい場合は、「UniExtract Installer」をダウンロードして下さい。
システムにインストールしたくない場合は、「UniExtract Binary Archive」をダウンロードします。

    インストール時の注意
  1. 「追加タスクの選択」という画面 で、ファイルの右クリックメニューに登録する機能を選択することが
    できます。
    追加できるのは、下の 3 つ。
    • 解凍
      選択中のファイルを登録した状態で、「Universal Extractor」を立ち上げる。
      (解凍先のフォルダを選べる)
    • ここに解凍
      選択したアーカイブ内にあるファイルを、現在のフォルダ内に解凍する
    • フォルダに解凍
      現在のフォルダ内に(選択しているアーカイブの名前と同じ名前の)フォルダを自動生成し、
      その中にファイルを解凍する
    準備
    インターフェースが既に日本語の場合、この作業は不要
  1. 「UniExtract.exe」を実行します。
  2. ツールバー上の「Edit」から「Preference」を選択。
  3. 設定画面 が開きます。
    上部の「Language」欄で「Japanese」を選択し、下の「OK」ボタンをクリック。
  4. インターフェースが日本語になります。

  5. 実際に使う
  6. 対象書庫またはインストーラ」欄で、解凍したいファイルを選択します。
    (右端にある ... をクリックし、ファイルの選択を行う)
    ここの欄に、解凍したいファイルを直接ドラッグ&ドロップしてもOK です。
  7. 解凍先ディレクトリ」欄で、解凍したファイルの出力先フォルダを指定します※1
    ※1 実際には存在しないフォルダ名を入力すると、そのフォルダが処理時に生成される。
  8. 「OK」ボタンをクリック。
  9. すると、各フォーマットに対応した解凍プログラムが自動で起動し、解凍処理が行われます。
    右クリックメニューからファイルを解凍する
  1. 解凍・展開 したいファイルを右クリックします。
  2. 展開先のフォルダを指定したい場合は、「解凍」を選択します。
    ファイルを現在のフォルダ内に解凍したい場合は、「ここに解凍」を選択。
    選択中のファイルと同名のフォルダを自動生成し、ファイルをその中に解凍したい場合は
    「フォルダに解凍」を選択します。
  3. 「解凍」を選択した場合は、「Universal Extractor」のメインウインドウが開くので、展開先の
    フォルダを指定 →「OK」ボタンをクリックすれば処理完了です。
    「ここに解凍」「フォルダに解凍」を選択した場合は、そのまま解凍のためのプログラムが起動し、
    展開処理が行われます。

トップユーティリティ総合圧縮・解凍ソフト Universal Extractor TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Explzh
高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Audacity
高機能なオーディオエディタ

 Media Player Classic Homecinema
高機能なマルメディアプレイヤー

 Rainmeter
カスタマイズ性の高いリソースメーター

 MDIE
スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Domino
高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 新着フリーソフト
 SimpleSoundPlayer 2014
事前に登録しておいた効果音等を、マウス操作 or ホットキー で素早く鳴らす
 firefox-power-closeFirefox
URL 内に特定の文字列を含むタブを、一括して閉じれるようにする
 SearchBar
任意の検索エンジンを、複数登録しておくことができる Chrome 用検索バー
 Pop-ups in New Tab(Firefox)
ポップアップウインドウが、“ 新規タブ ” 内に表示されるようにする
 GPU Accelerated Flash Player(Firefox)
Flash 動画再生時に、GPU が使われるようにする
 AVG Anti-Virus 2015
常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト
スポンサード リンク

Universal Extractor を紹介しているページです