Advanced System Font Changer

Advanced System Font Changer の概要や使い方を紹介しています

Advanced System Font Changer を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更する!「Advanced System Font Changer」。

Advanced System Font Changer

● Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト。
タイトルバー / メニュー / メッセージボックス / パレットタイトル / アイコン / ツールチップ のフォントを、好きなものに変更できるようにしてくれます。
デスクトップアイコン間のスペースを変更する機能や、メニューバーやタイトルバーの高さ(余白)、スクロールバーの高さ&横幅 をカスタマイズする機能も付いています。

「Advanced System Font Changer」は、Windows のフォントを変更できるようにするソフトです。

  • タイトルバー
  • メニュー
  • メッセージボックス
  • パレットタイトル
  • アイコン
  • ツールチップ
のフォントを、任意のものに変更できるようにするシステムフォントチェンジャーで、ちょっと見づらかったり小さすぎたりするフォントを、自分が見やすいと思うものに変更できるようにしてくれます。
Windows 10 標準のフォント(Yu Gothic UI)
Windows 10 標準のフォント(Yu Gothic UI)
メイリオに変えた
メイリオに変えた
処理の際には、変更先のフォント / フォントスタイル / サイズ を各パーツごとに指定することができ、またいつでも元通りの内容に復元することが可能となっています※1
※1 ただし、初回にバックアップファイルを作成しておかないと、一つ一つ手動で設定し直す必要がある。
普段、Windows(特に、Windows 10)のフォントが、何だか見づらいと感じていたりする人におすすめです。
その他、
  • デスクトップアイコン間のスペース(横方向&縦方向)
    デスクトップアイコン間のスペース(横方向&縦方向)
  • タイトルバーの高さ(余白)
  • メニューバーの高さ(余白)
  • スクロールバーの高さ&横幅
    名前を付けて保存
をカスタマイズする機能も付いていたりします。

使い方は以下の通り。

  1. 「advchange.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    Advanced System Font Changer

  3. 現在の設定内容を、バックアップする
  4. まず、画面右側にある「Export」ボタンをクリックします。
  5. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、任意のフォルダ内に REG ファイルを保存しておきます。
    名前を付けて保存
    この REG ファイルは、設定内容を元に戻す際に必要となるので、大事に取っておいてください※2
    ※2 メイン画面右上に「Default」というボタンがあるが、これは英語版 Windows のデフォルト内容に戻すボタンなので、基本的に使わない。
    (「Default」ボタンを押すと、フォントが「Segoe UI」になる)

  6. 実際に使う
  7. メイン画面上に表示された
    • Title bar - タイトルバー
    • Menu - メニュー
    • Message box - メッセージボックス
    • Palette title - パレットタイトル
    • Icon - アイコン
    • Tooltip - ツールチップ
    といった各メニューをクリックし、変更先のフォントやフォントスタイル、サイズ を設定します。
    Advanced System Font Changer
    変更先のフォントやフォントスタイル、サイズ を設定
    尚、すべての項目を変更する必要はなく、自分が変えたいと思う部分のみを変更すれば OK です。
  8. 基本的にはこれで設定完了ですが、必要であれば「Advanced」タブを開き、
    • Icon Horizontal Spacing - デスクトップアイコン間のスペース(横方向)
    • Icon Vertical Spacing - デスクトップアイコン間のスペース(縦方向)
    • Menu Height - メニューバーの高さ
    • Caption Height - キャプション(タイトルバー)の高さ
    • Scroll Height - スクロールバーの高さ
    • Scroll Width - スクロールバーの横幅
    といったオプションも変更しておきます※3
    「Advanced」タブ
    ※3 変更する項目にチェックを入れ、下部のスライダーをドラッグする。
    各項目の右側に表示されている数値が現在のサイズで、スライダー中央の「Default」欄に表示されている数値が、デフォルトのサイズとなる。
  9. 設定が完了したら、画面右側にある「Apply」ボタンをクリックします。
    ちなみに、ここまでの設定内容は、「Change」タブで確認することも可能となっています。
    「Change」タブ
  10. 「Log Off for Changes」というダイアログが表示されます。
    Log Off for Changes
    設定内容の反映には一旦サインアウトが必要となるので、ここで「OK」ボタンを押してサインアウトを行っておきます。
    (あとで手動でサインアウトを行う場合は、「キャンセル」ボタンを押す)
  11. 次に Windows にサインインすると、設定した内容が反映されています。
    設定内容を元に戻す時は、最初にバックアップしておいた REG ファイルを実行 → レジストリへの追加を行い、サインアウトを行えば OK です。
    (次にサインインすると、設定内容が元に戻っている)
    レジストリへの追加を行う


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Advanced System Font Changer TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動

 Waterfox

古い Firefox アドオン(レガシーアドオン)の使用も可能な Firefox 派生ブラウザ

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 おすすめフリーソフト
 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 Textify

選択&コピーできない場所のテキストを、選択&コピー可能な状態にしてくれる

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

スポンサードリンク

Advanced System Font Changer を紹介しているページです