Dot3D

Dot3D の概要や使い方を紹介しています

Dot3D を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

立体的な画像を作成できるドット絵エディタ!「Dot3D」。

Dot3D

● Dot3D

立体的に見えるドット絵を作成することができるソフト。
出来上がった画像を、立体パネルのように3D 回転させることができるドット絵エディタです。
キャンバスのサイズは16 ×16 ピクセルで、完成した画像はPNG 形式で保存することができます。
キャンバスに、JPG / PNG / GIF / BMP / ICO ファイルをインポートする機能もあり。

「Dot3D」は、3D 回転機能付きのドット絵エディタです。
16 × 16 のキャンバス上に、ピクセル単位で細かく絵を描いていける " ドット絵 " タイプのソフトで、作成した画像をグリグリと3D 回転させられるところが最大の特徴。
基本的には超シンプルなソフトなので、パッと見で直感的に使うことができると思います。
作成した画像は、PNG 形式の画像ファイルとして保存することができます。

使い方は以下の通り。
このソフトを利用するには、Adobe AIR ランタイム をインストールしている必要があります。
(ランタイムをインストールしてから、「INSTALL NOW」をクリックする)

  1. 「Dot3D.exe」を実行します。
  2. 左上にある をクリックし、ペンの色を設定します。
  3. マス目をクリックしたりドラッグしたりし、絵を描いていきます。
    ウインドウにJPG / PNG / GIF / BMP / ICO ファイルをドラッグ&ドロップすることで、既存の画像を読み込ませることもできたりします。
    描いた内容をゼロに戻したい時は、「Clear」ボタンをクリック。
  4. 絵が完成したら、画面上部にある「Rotate」ボタンをクリック。
  5. 絵をクリックしたりドラッグしたりし、好きなように回転させます。
    元の位置に戻したい時は、「Reset」ボタンをクリック。
  6. 再度描画モードに戻りたくなったら、「Draw」ボタンを押します。
  7. 納得いく仕上がりになったら、「Save」ボタンを押せばOK。
    作成した絵が、デスクトップに出力されます※1
    ※1 「com.borealkiss.Dot3D」というフォルダ内に作成される。

そのほか、画像の背景色を変更する機能もあります※2
※2 デフォルトでは、透明(Transparent)になっている。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Dot3D TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 VirtualMIDISynth

MIDI ツール上で、サウンドフォントを音源として使えるようにする

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

Dot3D を紹介しているページです