Painterly Rendering

Painterly Rendering の概要や使い方を紹介しています

Painterly Rendering を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

画像を芸術画風にレタッチ!「Painterly Rendering」。

Painterly Rendering
制作者 Sahab Yazdani
対応 XP/Vista/7

Download (Java Web Start )

● Painterly Rendering

画像を、芸術画風にレタッチしてくれるソフト。
読み込んだ画像を、 “ 絵筆で描かれたかのように見えるアナログ的な絵画 ” に一発変換してくれます。
処理は、あらかじめ用意されたプリセットを選択するだけで簡単に行うことができます。

「Painterly Rendering」は、画像を芸術画風にレタッチしてくれるソフトです。
あらかじめ用意されたプリセットを選択するだけで、画像をアーティスティックな芸術画に変換してくれる... というフォトレタッチソフトで、簡単に使える割にクオリティの高い画像を作成できるところが大きな特徴。
操作は、あらかじめ用意されたプリセット※1 を選択するだけで簡単に行うことができ、また必要であれば各種パラメータを手動で調整することも可能となっています。
( “ 画像がどのように変わるのか ” ということは、保存前にプレビュー表示することができる)
※1 プリセットは 4 種類用意されている。
対応フォーマットは不明ですが、JPEG / PNG / GIF / BMP あたりには対応しているようです。
(処理された画像は、PNG で保存される)

使い方は以下のとおり。
ダウンロード先のサイトでは、ページ最下部にある「Java Web Start」というリンクを右クリック → 保存処理を行って下さい。
尚、このソフトを使用するには、「Java Runtime Environment」 をインストールしている必要があります。

    起動
  1. 「painterly.jnlp」を実行します。
    もし「スプラッシュ: recvに失敗しました」というダイアログが表示された場合は、下記のようにして実行してみて下さい。
    1. “「Win」+「R」” を押し、「ファイル名を指定して実行」を呼び出します。
    2. javaws -Xnosplash と入力します。
    3. javaws -Xnosplash の後に半角スペースを入力し、「painterly.jnlp」を「ファイル名を指定して実行」の「参照」欄にドラッグ&ドロップします※2
      ※2 例)↓ のような感じになる。
      javaws -Xnosplash D:¥download¥tools¥painterly.jnlp
    4. 「Enter」キーを押すか、「OK」ボタンをクリックします。
    あるいは、このショートカット(Java 7 用) を任意のフォルダ内に保存 → 保存したショートカットに、「painterly.jnlp」をドラッグ&ドロップしても同じです。
  2. 「このアプリケーションを実行しますか。」というダイアログ が表示されます。
    左下の「リスクを受け入れて、このアプリケーションを実行します」にチェック →「実行」ボタンを押します。

  3. 実際に使う
    高解像度な画像(2000px ~)は、読み込みに物凄く時間がかかることがあるので注意。
    (パソコンのスペックにもよりますが)
    ある程度リサイズしてから読み込ませるのがいいかも?
  4. メイン画面が表示されます。
    メニューバー上の「Image」から「Select Source」を選択し、編集したい画像ファイルを読み込みます。
  5. 画像が読み込まれると、画像に対して「Impressionist」というプリセットが自動で適用されます。
    このまま保存してもOK ですが、他のプリセットを試してみたり、各種パラメータを手動で調整してみたりしてもよいでしょう。
    プリセットを利用する時は、左上の「Predefined Styles」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、適当なプリセットを選択 → 画面左下の「Apply Parameters」ボタンをクリックするだけです。
    (すると、プレビュー画像にプリセットの内容が適用される)
    その他、下のようなパラメータを手動で調整することもできます。
      Brush Properties タブ
    • Max Brush Size - ブラシの最大サイズ
    • Min Stroke Length - ストロークの長さ(最小)
    • Max Stroke Length - ストロークの長さ(最大)
    • Stroke Curvature - ストロークの曲がり具合
      Painting Style Properties タブ
    • Blur Factor - ぼかしエフェクトの強度
    • Grid Size - グリッドサイズ (下げ過ぎると、フリーズする可能性大です)
    • Painting Accuracy - 塗りの正確さ
    • Trace Edges - エッジ(輪郭)を強調する
    • Edges Threshold - エッジ検出のしきい値 (小さいほど、輪郭が強調される)
      Color Properties タブ
    • Color Opacity - 不透明度
    • Hue Jittering - 色相のぶれ
    • Saturation Jittering - 彩度のぶれ
    • Value Jittering - 色価のぶれ
    • Red Jittering - 「赤」のぶれ
    • Green Jittering - 「緑」のぶれ
    • Blue Jittering - 「青」のぶれ
    パラメータを調整したら、やはり左下の「Apply Parameters」ボタンをクリックします。
  6. 納得いく仕上がりになったら、メニューバー上の「Image」から「Save」を選択し、ファイルの保存を行います。
    画像はPNG で保存されるので、拡張子は「.png」を付けておくとよいでしょう。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の画像編集・加工ソフト
 JTrim

高機能でありながらも使いやすいレタッチソフト

 PhotoFiltre

MDI 型の高機能レタッチソフト

 BeFunky

超多機能な画像編集サービス

Painterly Rendering TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 Run with priority context menu

アプリケーションを、特定の優先度で起動できるようにする右クリックメニュー拡張ツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

スポンサードリンク

Painterly Rendering を紹介しているページです