VistaSwitcher

VistaSwitcher の概要や使い方を紹介しています

VistaSwitcher を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ビジュアル的なタスク切り替えソフト!「VistaSwitcher」。

VistaSwitcher

● VistaSwitcher

サムネイルプレビュー付きのタスク切り替えソフト。
“「Alt」+「Tab」” を押した時に、アプリケーションのサムネイル画像を見ながらタスク切り替えを行えるようにしてくれます。
タスクリストに載せたくないアプリケーションを指定する機能や、サムネイルプレビューをOFF にする機能、グループ化されたウインドウ内のみでタスク切り替えを行う機能 なども付いています。

「VistaSwitcher」は、ビジュアル的なタスクスイッチャーです。
ホットキー “「Alt」+「Tab」” を押した時に※1、Windows 標準のタスク切り替え画面よりも美しくビジュアル的な画面を呼び出し、これを使ってタスク切り替えを行えるようにします。
※1 標準の “「Alt」+「Tab」” と置き換えないように設定することもできる。
このタスク切り替え画面上には、現在デスクトップ上に開かれているウインドウの

  • アイコン
  • 名前(タイトルバー上の文字列)
がリスト表示されているほか、現在選択状態にあるウインドウ※2 のサムネイル画像までもが表示されるようになっているため、より視認性の高い操作を行うことができると思います。
(サムネイルプレビューは、必要なければOFF にすることもできる)
※2 " タスク切り替え画面上で " 選択状態にあるウインドウのこと。
また、グループ化されたウインドウ間のみでタスク切り替えを行うこともできたりします。

使い方は以下の通り。

  1. 「vswitch.exe」を実行します。
  2. 「Alt」キーを押しっぱなしにしたまま、「Tab」キーを押します。
  3. 「VistaSwitcher」のタスク切り替え画面が表示されます。
    「Alt」キーを押しっぱなしにしたまま、目的のウインドウが選択状態になるまで「Tab」キーをポンポンと押します。
    (もしくは、目的のアプリケーションにマウスカーソルを合わせる)
  4. 最後に、「Alt」キーを放せばOK。
    切り替え画面上で選択状態にあったウインドウが、アクティブになります。
  5. もし、標準の “「Alt」+「Tab」” と置き換えたくないという場合は、以下のような設定を行います。
    1. タスクトレイ上の「VistaSwitcher」を右クリック →「Preference」を選択。
    2. 「General」タブを開く。
    3. 中段にある「Replace standard Alt-Tab key combinations」のチェックを外す。
    4. 下部の「Main VistaSwitcher hotkey」欄で、新たなホットキーを設定する。
      (デフォルトは “「Win」+「F12」” )

ちなみに、グループ化されているウインドウ内でタスクスイッチを行う機能も付いています。
この機能の操作手順は、次のようになっています。

  1. まず、グループ化されているウインドウのうち、いずれか一つをアクティブ状態にします。
  2. 「Win」キーを押しっぱなしにしたまま、「F11」キーを押します。
  3. 「VistaSwitcher」のタスク選択画面が表示されます。
    (この画面には、選択されていたグループ内のウインドウしか表示されていない)
    「Win」キーを押しっぱなしにしたまま、目的のウインドウが選択状態になるまで「F11」キーをポンポンと押します。
    (もしくは、目的のウインドウタイトルにマウスカーソルを合わせる)
  4. 最後に、「Enter」キーを押せばOK。
    (「Win」キーと「F11」キーは、事前に放しておいてもよい)
    切り替え画面上で選択状態にあったウインドウが、アクティブになります。
  5. 尚、設定画面「General」タブの下段にある「Application windows hotkey」欄で、この機能のホットキーを変更することもできます。

そのほか、各ウインドウに番号を割り振る機能や※3、タスクのサムネイルプレビューをOFF にする機能※4、タスクリストに表示させないアプリケーションを指定する機能※5 などもあります。
※3 タスクトレイ上の「VistaSwitcher」を右クリック →「Preference」を選択 →「Appearance」タブを開き、「Show Task Number」にチェックを入れておく。
こうすると、タスク選択画面上で、数字キーの入力でウインドウ選択を行えるようになる。

※4 タスクトレイ上の「VistaSwitcher」を右クリック →「Preference」を選択 →「Appearance」タブを開き、画面左下の「No Preview」にチェックを入れておく。
※5 タスクトレイ上の「VistaSwitcher」を右クリック →「Preference」を選択 →「Exclusion」タブを開き、画面左下の「New」ボタンをクリック → 現在実行中のウインドウがリスト表示されるので、この中からタスクリストに表示させたくないものを選択 → 画面下部の「OK」ボタンを押す。
設定を解除する際は、「Exclusion」タブで目的のアイテムを選択 → 右下の「Remove」ボタンを押せばOK。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 実際の様子
YouTube
VistaSwitcher TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 Desktop Movie

デスクトップの背景で、動画の再生を行えるようにするソフト

 Run with priority context menu

アプリケーションを、特定の優先度で起動できるようにする右クリックメニュー拡張ツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 VirtualMIDISynth

MIDI ツール上で、サウンドフォントを音源として使えるようにする

 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

スポンサードリンク

VistaSwitcher を紹介しているページです